今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

心に爪楊枝

投稿日:

歯の隙間にものが挟まると気になって仕方がない、

そこを避けようとして食べると

食べ方まで変わって口の中あちこちに支障を来たすようになってしまう。

歳と共に、そんな隙間が多くなってきたように思う。

心も同じで、

自分では気がつかないうちにあちこち隙間ができてほころびもあるようだ。

心も長年のかさぶたとほころびで

心はいつしか自分の思っているのとは違うものになっている気がする。

気持ちの上ではいつまでも少年なのだが。

五十代後半のおじさんになればもっとドシっと落ち着いた存在になれると思っていた。

第三者から見ればそう見えているのかもしれないが、

自分の中ではまだまだ崩れやすくホロホロの焼き菓子みたいなものだ。

口溶けはよく甘いかもしれないが、

ちょっと強く掴まれただけでボロボロっと崩れてしまう。

それが隙間に挟まるとこれまた取りづらい。

心の隙間に挟まるものは、

放っておいて勝手に取れてしまうものも多いが、

こまめに取らないと面倒なものもあったり、

それを放置しておくと後々面倒になることもあって、

「あぁ、あの時にやっておけばよかった」

なんてことばかりの日々でもある。

そんなことばかりが続いても、

日々と時間は刻々と移り変わっていって、

後悔は絶えず付きまとうものの、

それでもちゃんと今こうやって元気に生きているのだ。

心の隙間にはいつも何か引っ掛かっては外れていく。

ちょっとの間そこに停滞っていても、

気がつけばまた無くなっている。

いつもそれの繰り返し。

心の隙間に入り込んだものを

簡単にちょいと取れるならいいのにって思う。

そんな心の爪楊枝が欲しいぞ。



-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「閉鎖病棟 それぞれの朝」

 山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生のベストセラー小説「閉鎖病棟」を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督・脚本で映画化。長野県のとある精神科病院にいる、それぞれの過去を背負った患者たち。母親や妻を殺害した罪で …

怒ってもよかったのか

 信号のない横断歩道を軽く手を上げて渡る。  そこへクラクションを鳴らしながら、車が目の前を走り抜ける。  「わぁ、びっくりしたぁ〜。クラクション鳴らすことないのにぃ。」  ということがあったと家族に …

焚火がしたい

 子供の頃は毎週のように「火燃し(ひもし)」をしていた。  毎週当たり前にやっていたことで、  日曜日の午前中にラジオを聴きながら楽しんでいた。  西田敏行さんと松崎しげるさんの名コンビの番組が楽しみ …

安心・安全

 死後の世界を見てきたと言う人はいるが、今現在死後の世界にいると言う人と会った事はない。  死後の世界を見てきたと言う人は、本当にそう信じているのか、嘘をついているのかわからないが、もっともらしく話し …

そういうことなのよ

 子供の頃、親や祖父母によく言われた。 「そんな格好で寒くないの?もう一枚履いた方がいいんじゃない?」 「寒くないよ」って答えても、 「冷やしちゃだめ」と、無理やりに「股引(ズボン下)」や長袖下着を着 …