今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

心に爪楊枝

投稿日:

歯の隙間にものが挟まると気になって仕方がない、

そこを避けようとして食べると

食べ方まで変わって口の中あちこちに支障を来たすようになってしまう。

歳と共に、そんな隙間が多くなってきたように思う。

心も同じで、

自分では気がつかないうちにあちこち隙間ができてほころびもあるようだ。

心も長年のかさぶたとほころびで

心はいつしか自分の思っているのとは違うものになっている気がする。

気持ちの上ではいつまでも少年なのだが。

五十代後半のおじさんになればもっとドシっと落ち着いた存在になれると思っていた。

第三者から見ればそう見えているのかもしれないが、

自分の中ではまだまだ崩れやすくホロホロの焼き菓子みたいなものだ。

口溶けはよく甘いかもしれないが、

ちょっと強く掴まれただけでボロボロっと崩れてしまう。

それが隙間に挟まるとこれまた取りづらい。

心の隙間に挟まるものは、

放っておいて勝手に取れてしまうものも多いが、

こまめに取らないと面倒なものもあったり、

それを放置しておくと後々面倒になることもあって、

「あぁ、あの時にやっておけばよかった」

なんてことばかりの日々でもある。

そんなことばかりが続いても、

日々と時間は刻々と移り変わっていって、

後悔は絶えず付きまとうものの、

それでもちゃんと今こうやって元気に生きているのだ。

心の隙間にはいつも何か引っ掛かっては外れていく。

ちょっとの間そこに停滞っていても、

気がつけばまた無くなっている。

いつもそれの繰り返し。

心の隙間に入り込んだものを

簡単にちょいと取れるならいいのにって思う。

そんな心の爪楊枝が欲しいぞ。



-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お墓

 まだ夫婦で結論が出ない。  自分たちのお墓をどうするかだ。夫婦ともに「お墓は要らない」って思っている。死んで骨になったらそれをどうするか。自分としては「どこでも処分してくれたらいい」と思っているが、 …

外はいい天気なのに

 窓から見上げる空は今日も快晴  南の空には白い下弦の月  空も自分も、何も変わっていないはずなのに  どうしてこんなに息詰まるのだろうね  春になれば少しはマシになるのかな?  夏になればみんなが集 …

いざ無くなってみると思い出せない

 久しぶりの比叡山の山頂付近。大比叡の手前に広い空き地があった。  「あれ?ここは以前なにがあったっけ?」  こんなに広いのに、思い出せない。  確か、テレビ中継塔があったな。それが無くなったのかな? …

「寝れば治る」

 妻の口癖。  子供たちも、「お母さんは、いつもそればっかり!」とあきれている。  しかし、私もその「寝れば治る」には大方賛成だ。  ほぼほぼの体調不良は、  睡眠不良と食べ過ぎからくることが多い。 …

レコード大賞

 キッチンに立って料理を作るときは必ず、お気に入りの曲をかける。  アップテンポでノリノリの曲がいい。  最近知った若手アーティストのヒットナンバーもいいけど、少し前に流行ったベストヒット集もいい。 …