今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

心に爪楊枝

投稿日:

歯の隙間にものが挟まると気になって仕方がない、

そこを避けようとして食べると

食べ方まで変わって口の中あちこちに支障を来たすようになってしまう。

歳と共に、そんな隙間が多くなってきたように思う。

心も同じで、

自分では気がつかないうちにあちこち隙間ができてほころびもあるようだ。

心も長年のかさぶたとほころびで

心はいつしか自分の思っているのとは違うものになっている気がする。

気持ちの上ではいつまでも少年なのだが。

五十代後半のおじさんになればもっとドシっと落ち着いた存在になれると思っていた。

第三者から見ればそう見えているのかもしれないが、

自分の中ではまだまだ崩れやすくホロホロの焼き菓子みたいなものだ。

口溶けはよく甘いかもしれないが、

ちょっと強く掴まれただけでボロボロっと崩れてしまう。

それが隙間に挟まるとこれまた取りづらい。

心の隙間に挟まるものは、

放っておいて勝手に取れてしまうものも多いが、

こまめに取らないと面倒なものもあったり、

それを放置しておくと後々面倒になることもあって、

「あぁ、あの時にやっておけばよかった」

なんてことばかりの日々でもある。

そんなことばかりが続いても、

日々と時間は刻々と移り変わっていって、

後悔は絶えず付きまとうものの、

それでもちゃんと今こうやって元気に生きているのだ。

心の隙間にはいつも何か引っ掛かっては外れていく。

ちょっとの間そこに停滞っていても、

気がつけばまた無くなっている。

いつもそれの繰り返し。

心の隙間に入り込んだものを

簡単にちょいと取れるならいいのにって思う。

そんな心の爪楊枝が欲しいぞ。



-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

外はいい天気なのに

 窓から見上げる空は今日も快晴  南の空には白い下弦の月  空も自分も、何も変わっていないはずなのに  どうしてこんなに息詰まるのだろうね  春になれば少しはマシになるのかな?  夏になればみんなが集 …

1+1=2

 これを証明することってかなり難しいらしい。「ペアノの公理」を使うらしいが、その解説を読んでもまったく理解できない。  まずは「1とは何か?」「足すとか何か?」「イコールとは何か?」「2とは何か?」か …

お盆の不思議な出来事

 散歩中、  遊歩道に桜の木の枝が垂れ下がっていた。  その太い枝の根元を見ると、  こんな場所で折れていた。  この大雨で根元から折れてしまったのだろうか?  元々腐っていたのだと思うが、それにして …

ビールは最初の一杯がうまい

 この寒い時期は飲む機会も少ないが、  晩ご飯に寿司を食べて、  熱い風呂に入った後のビールは格別にうまい。  それも「最初の一杯」は別格にうまい。  ゴクゴクと、香りも確認せずに一気に飲み干して「カ …

人間が生きられる場所って

 宇宙飛行士の野口聡一さんの言葉。 「宇宙は基本的には死の世界。生きていることは奇跡だと感じた」  よくよく考えてみたらその通り。  この広い宇宙の中で極々僅かな空間でしか生きられない稀少生物。  こ …