今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事

怒ってもよかったのか

投稿日:

 信号のない横断歩道を軽く手を上げて渡る。


 そこへクラクションを鳴らしながら、車が目の前を走り抜ける。

 「わぁ、びっくりしたぁ〜。クラクション鳴らすことないのにぃ。」

 ということがあったと家族に話すと、


 「そんな車には背後から『殺す気かー!」って怒鳴りつけてやればいいんだよ」


 「そういうもんか?」


 「そうだよ!」と私よりも怒ってる。

 またある時は、


 渋滞中、路側帯を無理やり走ってきた車が私の車の前に割り込んできた。


 隣に乗っていた妻は怒り心頭で、助手席から私の握るハンドルへ手を伸ばしてクラクションを鳴らそうとする。


 「いいからいいから」とその手を押さえた。


 「ああいうヤツには一言文句言ってやんなくちゃ!」


 「そういうもんか?」


 「そうだよ!」と私よりも怒ってる。

 「言ったって反省なんかしないよ、きっと」


 「そういう問題じゃないって! 腹立たないの?」


 「立つけど、怒ったって仕方ないじゃん」

 これは、私が何事にも感情的にならずに怒りを露骨に表面に出さない人というわけではない。


 別の場面では、


 「何をそんなに怒っているの?」と言われることがある。


 「どうしてあんなことされて冷静で居られるんだ!」と怒り狂う時もある。


 そして、「そんなの怒ったって仕方ないじゃん」って言われる。

 人それぞれ怒りを誘発するポイントが違うのだな。


 多くの場合、夫婦でそのポイントは違うことが多い気がする。


 だから、どちらかがブチ切れた時にもう片方が諫めることもできる。

 「本来こうあるべき」と言う前提。


 それがそれぞれ違うから、「理不尽」、「ちょっとイラつく」、「なんとか妥当の範囲」、「許容範囲」、「普通」、とかに分かれる。

 各自の「本来こうあるべき」とか「普通こうだろ」という価値観が一緒だったら、


 怒りというものは今よりも少なくなるのだろうか?

-ひとりごと, 出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

黄砂と空気清浄機

 中国の西に広がる、ゴビ砂漠やタクラマカン砂漠から、  遠路遥々、偏西風に乗ってやってきた黄砂は、  令和3年3月29日の午後から西の空にやってきた。  その日の日中はさほど感じなかったが、夕方の西の …

いけにえ

 ネットや週刊誌、各種マスコミで、  「生贄」は、ほぼ日常的に行われているものであると認識している。  「炎上」とか「叩き」「吊し上げ」など、  焼かれ、叩かれ、吊るされる。  それが肉体じゃなくて、 …

コンセントはちゃんと差さってますか?

   パソコンでの作業中に突然画面上の矢印マークのカーソルが動かなくなった。  私の使っているのはマウスではなくて、アップル純正のMagic Trackpad(マジック トラックパッド)と言うもの。 …

ビールは最初の一杯がうまい

 この寒い時期は飲む機会も少ないが、  晩ご飯に寿司を食べて、  熱い風呂に入った後のビールは格別にうまい。  それも「最初の一杯」は別格にうまい。  ゴクゴクと、香りも確認せずに一気に飲み干して「カ …

まだ若いのに

 自分よりちょっとでも年齢が若いだけでそう思ってしまう傾向になる。  「まだまだ若いのに」  そして、自分も言われる。  「まだ若いからわからないだろうけど」 「まだ若いのにそんなこと言っててどうする …