今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

思えば遠くへ来たもんだな

投稿日:

 こうやって毎日ブログを書いていて、

 つくづく「世の中知らないことだらけだ」と思わされる。

 忘れないようにと覚書のようにブログに書いていても、

 以前の自分の文章を読み返して「ほおほお、そうなのか!」と、

 まったく身についていない。

 忘れてしまうようなことは、きっと覚えていなくても良いようなことであって、

 知った時に「ヘェ〜」ってちょっとだけいい気分になる程度のことなんだろう。

 少し知識が増えたような気がするのは、

 ダイエットしてちょっと体重が減ったとか、

 胴回りが減ったとか、  そういうちょっとした幸せくらいのものなんだと思ったりする。

 でも、そういうちょっとした小さな幸せの積み重ねが人生なのかなって思うようになったのは、

 自分の人生を振り返ることが多くなったからなのかもしれない。

 振り返ることが多くなったのは、

 子供たちが大きくなり社会に出て、自分が歩いて来た道とは違う道を歩き始めて、

 その道と自分が歩いてきた道と少なからず比較しているのだろう。

 時代背景が違うし、置かれた環境も違うから簡単に比較はできない。

 どちらが良い悪いとかでなくて、  「変わったもんだなぁ」と思ってばかりいる。

 自分の今までの処世術も大して役に立たず、

 却って邪魔になることも多い。

 自分の「当たり前」もまったく古めかしいものになり、

 「普通は」なんていう言葉を発した途端に「言っちゃった!」って焦ったりする。

 自分の親たちも私たち夫婦を見て、どこまで口を挟めばいいのかと戸惑っていただろう。

 そんなことを考えるたびに、親の行動や言動が腑に落ちていく。

 きっとみんなこんなことを次の世代も繰り返していくのだろう。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

特別警報

 「特別警報」という警報が初めて発令されたのが2013年の9月。  ちょうど私の住んでいる地域に出たので写真まで撮影していた。  その時は「紫色」だった。  今回(2021年夏)の特別警報では、  「 …

ドラマ「ちょこっと京都に住んでみた。」

東京から出たことのない主人公の江東佳奈(27)は、人間関係のストレスから会社を辞めた。そんな佳奈が京都の町家に住む母方の大伯父、大賀(70)が怪我をしたことで 数日間、面倒を見に行くことに。京都に長く …

字引き

 向こうのブログでも書いたが、先日「方丈記」を読んだ。  古語辞典やら漢和辞典やらを引っ張り出して、ネットのGoogle マップとか合わせながら読み進めていくのが、やたら楽しくて夢中になった。  漢和 …

イライラしていたのは

  都合の良い台本を書いては、その通りにいかないとイラつく脚本家みたいなもんなのかな?  なんとなく現在わかる諸条件で行けば、きっとこんな感じになるかもね。  でも、結果はいつも違う形になる。  それ …

映画「7月4日に生まれて」

アメリカ独立記念日に生まれたれヴェトナム帰還兵の青年が、さまざまな心の葛藤を経て反戦運動に身を投じてゆく姿を実話を基に描くドラマ。ロン・コーヴィックの同名小説を基に製作・監督・脚色は「トーク・レディオ …