今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

思えば遠くへ来たもんだな

投稿日:

 こうやって毎日ブログを書いていて、

 つくづく「世の中知らないことだらけだ」と思わされる。

 忘れないようにと覚書のようにブログに書いていても、

 以前の自分の文章を読み返して「ほおほお、そうなのか!」と、

 まったく身についていない。

 忘れてしまうようなことは、きっと覚えていなくても良いようなことであって、

 知った時に「ヘェ〜」ってちょっとだけいい気分になる程度のことなんだろう。

 少し知識が増えたような気がするのは、

 ダイエットしてちょっと体重が減ったとか、

 胴回りが減ったとか、  そういうちょっとした幸せくらいのものなんだと思ったりする。

 でも、そういうちょっとした小さな幸せの積み重ねが人生なのかなって思うようになったのは、

 自分の人生を振り返ることが多くなったからなのかもしれない。

 振り返ることが多くなったのは、

 子供たちが大きくなり社会に出て、自分が歩いて来た道とは違う道を歩き始めて、

 その道と自分が歩いてきた道と少なからず比較しているのだろう。

 時代背景が違うし、置かれた環境も違うから簡単に比較はできない。

 どちらが良い悪いとかでなくて、  「変わったもんだなぁ」と思ってばかりいる。

 自分の今までの処世術も大して役に立たず、

 却って邪魔になることも多い。

 自分の「当たり前」もまったく古めかしいものになり、

 「普通は」なんていう言葉を発した途端に「言っちゃった!」って焦ったりする。

 自分の親たちも私たち夫婦を見て、どこまで口を挟めばいいのかと戸惑っていただろう。

 そんなことを考えるたびに、親の行動や言動が腑に落ちていく。

 きっとみんなこんなことを次の世代も繰り返していくのだろう。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

木曾義仲・今井兼平・巴御前

 後白河法皇の信頼を失い、宇治川の戦いにも破れ、  範頼・義経軍に追い込まれた木曾義仲は、  今井兼平、巴御前と他2騎を従えて琵琶湖畔の粟津の松原にたどり着いた。  琵琶湖に流れ込むこの細い篠津川のほ …

一人歩きと二人歩き

 ひとりで歩くことが好きだ。   一人で音楽を聴きながら歩くのが好き。  道端にある花を見つけて、立ち止まってしゃがみこんで、写真を撮ったりするのが楽しい。  景色を見下ろして、時間を気にせずのんびり …

北部山沿いと平野部

 今年の冬は、我が県の北部山沿いでは記録的な積雪となった。  関東の友人からは、「大雪らしいが大丈夫か?」と心配してもらった。  「あぁ、ありがとう。ここは南の方だからほとんど大丈夫だよ」  少しは降 …

お百度

 吸い寄せられるように立ち寄るお地蔵さん。  このお地蔵さんはとても願い事を叶えてくれると言うことが口伝てに広がり、常に誰かしらお参りしている。いつも新しいお花がお供えしてあり、誰かしらが掃除をしてい …

グラデーション

 グラデーションの中の、今の自分の立ち位置はどこなんだろう?  その位置をあえて決めなくても良いのだが、  人と会話していると、相手に比べて自分はもう少し右とか前とか思ったりする。  3人集まれば、他 …