今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

思えば遠くへ来たもんだな

投稿日:

 こうやって毎日ブログを書いていて、

 つくづく「世の中知らないことだらけだ」と思わされる。

 忘れないようにと覚書のようにブログに書いていても、

 以前の自分の文章を読み返して「ほおほお、そうなのか!」と、

 まったく身についていない。

 忘れてしまうようなことは、きっと覚えていなくても良いようなことであって、

 知った時に「ヘェ〜」ってちょっとだけいい気分になる程度のことなんだろう。

 少し知識が増えたような気がするのは、

 ダイエットしてちょっと体重が減ったとか、

 胴回りが減ったとか、  そういうちょっとした幸せくらいのものなんだと思ったりする。

 でも、そういうちょっとした小さな幸せの積み重ねが人生なのかなって思うようになったのは、

 自分の人生を振り返ることが多くなったからなのかもしれない。

 振り返ることが多くなったのは、

 子供たちが大きくなり社会に出て、自分が歩いて来た道とは違う道を歩き始めて、

 その道と自分が歩いてきた道と少なからず比較しているのだろう。

 時代背景が違うし、置かれた環境も違うから簡単に比較はできない。

 どちらが良い悪いとかでなくて、  「変わったもんだなぁ」と思ってばかりいる。

 自分の今までの処世術も大して役に立たず、

 却って邪魔になることも多い。

 自分の「当たり前」もまったく古めかしいものになり、

 「普通は」なんていう言葉を発した途端に「言っちゃった!」って焦ったりする。

 自分の親たちも私たち夫婦を見て、どこまで口を挟めばいいのかと戸惑っていただろう。

 そんなことを考えるたびに、親の行動や言動が腑に落ちていく。

 きっとみんなこんなことを次の世代も繰り返していくのだろう。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

幸せそうに見えるのも

 全身花粉まみれになって蜜を吸っている。  こう言う姿をみると、虫もいいなぁって思ったりするが、  虫の世界もなかなかワイルドライフなので、「それならいつでも代わってやるよ」って言われそうだ。  鳥に …

報道って

まず、今の報道を否定しようと思っているわけではないけど、 日々の報道って日常生活にどれだけ関係があるのだろうかと考えると、 思ったほど必要ないかもしれないって感じた。 報じ方が悪いとか言う話じゃなくて …

考えるための持久力

 若い時ほど悩めなくなった気がする。  それは良いことであって、それを嘆くことでもなく、まして悩むことでもないとも思う。  「私、むずかしいこと考えていると眠くなってくるのよねー」  そういう妻をうら …

安心・安全

 死後の世界を見てきたと言う人はいるが、今現在死後の世界にいると言う人と会った事はない。  死後の世界を見てきたと言う人は、本当にそう信じているのか、嘘をついているのかわからないが、もっともらしく話し …

黄砂と空気清浄機

 中国の西に広がる、ゴビ砂漠やタクラマカン砂漠から、  遠路遥々、偏西風に乗ってやってきた黄砂は、  令和3年3月29日の午後から西の空にやってきた。  その日の日中はさほど感じなかったが、夕方の西の …