今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

歴史

戦利品

投稿日:

 先日歩いた坂本地区にあった古い神社。

 「高穴穂神社」という。

 御祭神は日本の第12代天皇であり、ヤマトタケル(日本武尊)の父でもある「景行(けいこう)天皇」。

 143歳まで生きたとのこと。

 その景行天皇の御代の頃に、この地に高穴穂の宮という京があったらしい。

 その真偽はよくわからないのだが、

 その本殿の前に奉献されていたものに目がいった。

 「明治三七八年役 奉献 陸軍大臣 戦利品」と記してある。

 明治37 38年役というと「日露戦争」。

 どうしてここに奉献されているのか?

 陸軍大臣とは、日露戦争の時の陸軍大臣「寺内正毅」なのだろうか?

  すべて不明だ。

 長さ18cmくらいだろうか?

 とにかく、こんなのが飛び交う戦場は恐ろしい。

 砲弾をリアルに見るとそう思う。

-歴史

執筆者:


  1. Aki より:

    使うなら一輪挿しかな・・・

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

トキワツユクサと常盤御前

 最初は「白いツユクサがあるのか?」って思った。  白くて可憐な花。  もう少し拡大してみよう。  花弁は3枚。オシベが6本。あとは毛かな?メシベはわからない。  細い笹のような葉。  周りを見れば、 …

逢坂山から三井寺花見散歩

 新型コロナウイルスによる「往来自粛要請」が出ているので、隣町の山にはいけず、県内の山を散策することになった。  京阪京津線大谷駅からスタート。  午前9時55分に駅を降りる。車内はみんなマスク着用し …

微妙とは

「昨日紹介したあの人どうだった?」 「う〜ん、ビミョーかなぁ?なんかピンと来ないんだよねぇ。」 「微妙」と言う言葉は、マイナスイメージで使われることが多い。 昨日は三井寺を歩いた。  金堂から観音堂に …

伊勢金比羅参宮日記(前編) 栗原順庵

渋紙装丁の横型綴本:縦9cm×横20cm:和紙2つ折りを73枚綴じたもの。行書体で墨書きされている  時は江戸時代末期(1850年)、上州伊勢崎藩御典医であった栗原順庵が42歳の厄年に群馬から利根川を …

マナカナちゃん

 NHK朝ドラ「ふたりっ子」でデビューし、一躍有名になった可愛い双子ちゃん。  どっちがどっちだか区別が難しいほどそっくり。  いつも素敵な笑顔でとても癒される大好きなタレントさんだ。  どうしてこの …