今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

料理 豚肉

手作り餃子

投稿日:

 手作りの餃子は1〜2ヶ月に1度は作る。

 特に子供たちが集まった時や、

 ビールと一緒に食事がしたい時。

 それと、無性に食べたくなった時。

 具材は、豚挽肉、にら、ネギ、塩もみキャベツ、キノコ類。

 つなぎは、片栗粉と玉子。

 味付けは、塩、コショウ、醤油、日本酒、おろし生姜、おろしニンニク、ごま油、砂糖。

 野菜を切るのが面倒なので、フードプロセッサーでやった時もあった。

 でも、食感が冷凍食品のものみたいになってしまったので、面倒でも包丁で切るようにしている。

 包み方は色々あるだろうが、子供の頃からこんな適当な包み方。

 皮も自分で作ったことがあったが、面倒なので市販のものを使ってしまっている。

 フライパンにサラダ油。

 餃子を並べて、コップ1杯の水を入れて蓋をして蒸し焼き。

 水分がなくなってきたら、水溶き片栗粉を全体に流し入れて、

 蓋をせずに片栗粉がパリパリになるまで焼き続ける。

 音がしなくなったらごま油をひと回し入れてて、

 香ばしい香りがしてきたら出来上がり。

 羽根つき餃子。

  舞茸とぶなしめじと玉子のスープを添えて。

 舞茸をスープに入れると、スープがグレーになって

 玉子もグレーっぽくなるのが難点。

 味と香りは美味しいのだけど。

 羽根つきにすると、皮のパリパリ感が増して、

 ちょっとのことで美味しさアップ。

 タレは、酢をメインに、少しの醤油とたっぷりのラー油で。



-料理, 豚肉
-, ,

執筆者:


  1. Aki より:

    焼きあがり最高です、フライパンは厚手のを使っているとか?

    • KURI より:

      Akiさん
      今回は、買ったばかりの安いフッ素加工の軽いフライパンなんです。1000円もしないフライパンだけど、軽くて使い勝手がいいです。徐々に重い鉄のフライパンの出番が少なくなります。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

法事のあとの晩ご飯

 法事の昼ごはんはみんなで料理屋さんのお弁当  もうお腹いっぱいで、  「晩ご飯はどうする?」「まだそんなにお腹空いてないなぁ」って感じ。  それでも何も食べないのもなんなので、適当に作ることにした。 …

なんちゃってカルボナーラ

 娘が大好きなメニューなので色々と試作を  材料 3人分 スパゲティ 300g厚切りベーコン 100gニンニク 1欠片温玉 3つオリーブオイル 大さじ1バター 1cm牛乳 300ml粉チーズ塩粗挽き黒 …

ほうれん草のお浸し

 「ほうれん草のお浸し」なんて、  ほうれん草を茹でて、お醤油かけて削り節をのせて出来上がりと言う簡単なものかと思っていた。ずっとずっとそんな食べ方をして来た。  それが変わったのがつい最近のこと。京 …

豚バラとキャベツの蒸し焼き

春キャベツが出てきた。 柔らかくて甘い葉が美味しい。 ざく切りにしてフライパンに敷いて、その上に豚バラの薄切りを置いて、 もう一度その上に春キャベツを敷いて、その上に豚バラ薄切りをのせる。 粗挽き黒コ …

肉の旨味のメンチカツ

 肉の旨味が味わえるメンチカツ。キャベツと玉ねぎが入ってヘルシー!  いつも失敗していたメンチカツですが、やっと美味しく出来ました。 材料 牛豚合挽きひき肉 250g塩 小さじ1砂糖 大さじ1牛乳 大 …