今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ご飯もの 料理 炒め物

挽肉ライス

投稿日:

挽肉ライスというか、ハンバーグとライスをまとめて炒めちゃった感じ。

挽肉の下味は、(二人分)

  • 合挽き肉200g
  • 塩 小さじ1/2
  • 黒コショウ 適量
  • 醤油 大さじ1
  • 刻みニンニク 1欠片
  • すり下ろし生姜 小さじ1
  • 日本酒 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • ナツメグ(あれば)
  • タイム(あれば)

 まぁいろいろ書いたが、何もなければせめて塩コショウと醤油と砂糖で。

 先にひき肉を炒めて、ある程度火が通ったら微塵切りの玉ねぎを半個分。

 玉ねぎが透明になってきたらご飯を二人分入れてさらに炒める。

 最後に味見をして、物足りなければ塩とコショウで整える。

 目玉焼きをのせて、ケチャップをかけて、目玉焼きにはソースをかけて。

 口に入ってしまえばハンバーグ定食と一緒って感じか?

 食べてみると、まぁそんな感じで妻の評価も上々。

「これなら食べるのも楽々」って。

 子供にもウケるかもしれないが、噛まなくなるのが心配だからあまりお勧めしない。もっとしっかり噛めるメニューを食べさせたいところ。



-ご飯もの, 料理, 炒め物

執筆者:


  1. Aki より:

    目玉焼きを乗せるより、オムレツにしたいな^^

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お酢入り塩焼きそば

 いつも食べているマルちゃんのソース焼きそばだが、  粉末ソースは使わずに麺だけ使った。  フライパンで麺を空炒りして焦げ目をつけて、  少しパリッとさせたら、  ごま油で、白ネギ、ウインナー、エリン …

娘に教える弁当のおかず

 就職した娘が弁当を持っていくことになった。  今さら早起きして作ってあげるのも面倒なので、  「自分で詰めていってね」と突き放す。  「でも、冷蔵庫にはいつものように常備菜が色々入っているから、それ …

こごみ

 娘が職場でいただいてきた。  「何これ?」と聞くと、  「え〜っと、なんとかって言ってた」  「なんとかって、ゼンマイ?」  「違う、そんな名前じゃなくて、つぐみとかクルミとか平仮名3文字だった」 …

いわゆる親子丼

 鶏肉が少しだけ残っていて、  玉子があって、  「今夜は簡単でいいや」って時に思いつくメニュー。  フライパンに、麺つゆと水と砂糖で、思ったよりもやや薄めにツユを作る。  一口サイズの鶏肉とくし切り …

軒しのぶをおしたじで

 「京ことば」  平安京の時代から1000余年、京都の街は日本の首都であった。  よって、江戸中期までは「京ことば」が日本の標準語であり公用語であった。  でも、「どす」とか「はる」、「やす」は幕末以 …