今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事

探し物はいつもそばにある

投稿日:

 妻 「あ、職場にスマホを忘れてきちゃったかも!

 私 「最後に見たのはどこ? 家のどこかにあるんじゃない? 電話かけて鳴らしてみようか

 妻 「絶対にそれはない!! 間違いなく職場に忘れてきた!」

 私 「試しに鳴らしてみるよ」

 妻 「絶対に職場だから鳴るわけないってば!」

   「ブーン ブーン ブーン」

 私 「鳴ってるね」

 妻 「キャハハハ! お尻が震えてる! お尻のポケットに入ってた!」

 よくあることと言えばよくあること。

 どこを探してもなかった老眼鏡は頭の上にのっており、

 さっきまで使っていたイヤホンは、やっぱり耳に挿さっている。

 マスクを探せば、顎の下に貼り付いていて、

 冷蔵庫の奥に大切に隠しておいたスイーツは、

 忘れないうちにとすでに自分の腹に入れ、

 そしてその事さえ忘れてしまって、また冷蔵庫の奥を探す。

 きっと「自分探し」もそんな感じなのかもしれないなぁって、今になってそう思ったりする。

 それじゃ探していた時間は無駄だったかというと、今ではそう思っていない。

今まで遠くまで何かを探しに行って、

 大切なものやお宝を探し当てて帰ってきたことはあっただろうか?

 というより、遠くまで何かを探しに行った記憶がない。

 それは絶対に探しに行かなくてはならないものですか?

 代用できるものはありませんか?

 いつまで探すのですか?

 そんなに大切なものってなんですか?

 いつもこう書いていると、

 最後は、

 「それより僕と踊りませんか?」になってしまう。

 やっぱりあの曲は名曲だなぁという結論になってしまう。

 いろいろなところに忘れてきたもの、

 忘れてきたことさえ忘れているものも、

 たくさんあるだろうけど、

 それをまた探しに行くのはやめておこう。

きっとそれは無くてもどうにかなるものだろうし、

 すでに頭の上にのっていたり、

 顎の下に張り付いているかもしれない。

 そして、必要な時には、

 お尻が震えてくれて、

 腰を上げることだろう。

-ひとりごと, 出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

殻付きカキをフライに

 殻付きの大粒なカキをいただいた。    どうしてもカキフライが食べたかったので、他は考えずに一択。      殻からはずして、塩水でよく洗って。    やっぱり想像通り、ムッチャ大粒。      妻 …

一年おきのシンビジウム

 昨年は花を咲かせなかったシンビジュームだが、今年は咲いてくれた。  葉が隙間からチラッと顔を出している。  一昨年は見事に花茎が2〜3本あったが、今年は1本だけ。  アマリリスも蕾が膨らんできた。ご …

本音ってなんだ?

 ギターで言う「元の音」と言うのも難しい。  アコスティックギターの弦を張り替えたばかりで、チューニング合わせて「ジャーン」と鳴らした音がそのギター本来の音なのか? ギターの弦だっていろいろ種類があっ …

そのうち時間なんていっぱい出来るよ

 自分が厄年の頃だったろうか。  子供たちが幼稚園から小学生、中学生と揃っていた頃。それぞれの学校行事が重なり、毎日がてんやわんやで時間がいくらあっても足りない日々だった。  そんな時に近所のおばちゃ …

グラデーション

 グラデーションの中の、今の自分の立ち位置はどこなんだろう?  その位置をあえて決めなくても良いのだが、  人と会話していると、相手に比べて自分はもう少し右とか前とか思ったりする。  3人集まれば、他 …