今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事

探し物はいつもそばにある

投稿日:

 妻 「あ、職場にスマホを忘れてきちゃったかも!

 私 「最後に見たのはどこ? 家のどこかにあるんじゃない? 電話かけて鳴らしてみようか

 妻 「絶対にそれはない!! 間違いなく職場に忘れてきた!」

 私 「試しに鳴らしてみるよ」

 妻 「絶対に職場だから鳴るわけないってば!」

   「ブーン ブーン ブーン」

 私 「鳴ってるね」

 妻 「キャハハハ! お尻が震えてる! お尻のポケットに入ってた!」

 よくあることと言えばよくあること。

 どこを探してもなかった老眼鏡は頭の上にのっており、

 さっきまで使っていたイヤホンは、やっぱり耳に挿さっている。

 マスクを探せば、顎の下に貼り付いていて、

 冷蔵庫の奥に大切に隠しておいたスイーツは、

 忘れないうちにとすでに自分の腹に入れ、

 そしてその事さえ忘れてしまって、また冷蔵庫の奥を探す。

 きっと「自分探し」もそんな感じなのかもしれないなぁって、今になってそう思ったりする。

 それじゃ探していた時間は無駄だったかというと、今ではそう思っていない。

今まで遠くまで何かを探しに行って、

 大切なものやお宝を探し当てて帰ってきたことはあっただろうか?

 というより、遠くまで何かを探しに行った記憶がない。

 それは絶対に探しに行かなくてはならないものですか?

 代用できるものはありませんか?

 いつまで探すのですか?

 そんなに大切なものってなんですか?

 いつもこう書いていると、

 最後は、

 「それより僕と踊りませんか?」になってしまう。

 やっぱりあの曲は名曲だなぁという結論になってしまう。

 いろいろなところに忘れてきたもの、

 忘れてきたことさえ忘れているものも、

 たくさんあるだろうけど、

 それをまた探しに行くのはやめておこう。

きっとそれは無くてもどうにかなるものだろうし、

 すでに頭の上にのっていたり、

 顎の下に張り付いているかもしれない。

 そして、必要な時には、

 お尻が震えてくれて、

 腰を上げることだろう。

-ひとりごと, 出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「京ばあむ」と素朴な柿

 集まるときには集まるもので、またまたバームクーヘンをいただいた。  今回のは宇治の抹茶バームクーヘンで「京ばあむ」と言うお名前。 京都の地下水でつくった京都産の豆乳と、口溶けの良い国産100%の小麦 …

人間が生きられる場所って

 宇宙飛行士の野口聡一さんの言葉。 「宇宙は基本的には死の世界。生きていることは奇跡だと感じた」  よくよく考えてみたらその通り。  この広い宇宙の中で極々僅かな空間でしか生きられない稀少生物。  こ …

週末の楽しみ

 半日だけの仕事を終えて、  昼ごはんはどうにもこうにも天ぷらうどんが食べたくなって、外は33度の猛暑にもかかわらずエプロンをつけてキッチンで天ぷらを揚げた。  小さいかき揚げを6個。ひとりで全部食べ …

比叡山(西教寺・三石岳・横川・八瀬)の動画

 先日の比叡山横川の動画をアップしました。  動画を扱いだすと、すごい勢いでスマートフォン、パソコン、クラウドのストレージの容量が食いつぶされていって、あっという間に容量不足になってしまう。  動画の …

スマホ前と後

 山を歩く時の持ち物。  紙の地図とかコンパス、ヘッドライトや懐中電灯、携帯ラジオ、軍手、タオル、鈴、笛、エマージェンシーシートなどをひとまとめにして必ず持ち歩いている。お散歩気分のいつもの大文字山で …