今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事 日本語

摂氏

投稿日:

 つい最近知って驚いたこと。

  温度を表記する「摂氏」と「華氏」。

 「摂氏」は、「°C」と表記され「度シー」と読む。「摂氏〇〇度」とも読む。

 この「摂氏」ってなんだ?って思っていた。同じく「華氏(°F)」もそう。

 「C」は、水の氷点と沸点の間は100分割した目盛りをつけた「アンデルス・セルシウス」という人の名前が由来となっている。セルシウス(Celsius)の「C」。

 今日の最高気温は36℃だと、これは「36セルシウス度」。

 華氏はちょっとややこしい。

 水の凝固点を32度、沸点を212度として、その間を180分割している。それを決めたのが「ガブリエル・ファーレンハイト」さん。°Fの「F」は、「ファーレンハイト(Fahrenheit)」の「F」。

 それでは「摂氏」と「華氏」は何かというと。

 セルシウスとファーレンハイトの中国表記によるものだった。

 セルシウスを中国音訳にすると「摂爾修斯」となり、その頭文字の「摂」に、人名に付ける接尾辞の「氏」をつけると「摂氏」になる。

 同様に、ファーレンハイトは「華倫海特」となり、その頭文字「華」に、人名につける接尾辞をつけると「華氏」となる。

 「華」は、HUAWEI(ファーウエイ・華為技術)のように「ファー」と読む。

 今までそんなことをまったく考えないで「摂氏」という言葉を使っていたが、「セルちゃん36度」って感じの言葉だったんだなぁって考えるとププッって笑ってしまう。

-ひとりごと, 出来事, 日本語

執筆者:


  1. Aki より:

    メートル法とヤード・ポンド法もそうだけど、ぢっちかにして欲しいよね~

    • KURI より:

      Akiさん
       スポーツにおいてもヤードやらポンドやらフィートやらいろいろ出てきてよく分からないので、日本で放送する分だけでもメートルやグラムで言ってくれるとイメージしやすいです。
      お役所の書類で、元号と西暦と混在しているのもややこしいです。特に元号が変わった年が、月によって元号が違うとわけわからなくなります。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

水やりうっかり

 昨年のクリスマスから水耕栽培を始めたアボカドのタネ。無事に根が出て、発芽して葉も広がってきたので、これで大丈夫かな?って思っていた矢先。  室温が38度にもなってしまった酷暑の数日間、あまりの暑さに …

五月雨と梅雨と五月晴れ

 五月雨(さみだれ)で言う「五月」は、旧暦なので6月の雨ということで「梅雨」と同義。  五月(皐月”さつき”)の水垂れ(みずだれ)で「さみだれ」。  「五月雨=梅雨」でほぼ良いらしい。  それじゃ「五 …

安心・安全

 死後の世界を見てきたと言う人はいるが、今現在死後の世界にいると言う人と会った事はない。  死後の世界を見てきたと言う人は、本当にそう信じているのか、嘘をついているのかわからないが、もっともらしく話し …

てづバとガラスペン

 娘たち4人は、大阪南港で開催された「OSAKA ART&HANDMADE BAZAAR アートてづくりバザール」に集結して丸1日そのイベントに参加してきた。通称「てづバ」だ。アクセントは「づ …

ケーニヒスクローネの焼マロンタルト

 「ケーニヒスクローネの焼マロンタルト」と言われても、スッと頭に入ってこなかった。  「ケーニヒスクローネ」は、ドイツ語で「Königskrone」、英語だと「King’s Crown」だ …