今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事 日本語

摂氏

投稿日:

 つい最近知って驚いたこと。

  温度を表記する「摂氏」と「華氏」。

 「摂氏」は、「°C」と表記され「度シー」と読む。「摂氏〇〇度」とも読む。

 この「摂氏」ってなんだ?って思っていた。同じく「華氏(°F)」もそう。

 「C」は、水の氷点と沸点の間は100分割した目盛りをつけた「アンデルス・セルシウス」という人の名前が由来となっている。セルシウス(Celsius)の「C」。

 今日の最高気温は36℃だと、これは「36セルシウス度」。

 華氏はちょっとややこしい。

 水の凝固点を32度、沸点を212度として、その間を180分割している。それを決めたのが「ガブリエル・ファーレンハイト」さん。°Fの「F」は、「ファーレンハイト(Fahrenheit)」の「F」。

 それでは「摂氏」と「華氏」は何かというと。

 セルシウスとファーレンハイトの中国表記によるものだった。

 セルシウスを中国音訳にすると「摂爾修斯」となり、その頭文字の「摂」に、人名に付ける接尾辞の「氏」をつけると「摂氏」になる。

 同様に、ファーレンハイトは「華倫海特」となり、その頭文字「華」に、人名につける接尾辞をつけると「華氏」となる。

 「華」は、HUAWEI(ファーウエイ・華為技術)のように「ファー」と読む。

 今までそんなことをまったく考えないで「摂氏」という言葉を使っていたが、「セルちゃん36度」って感じの言葉だったんだなぁって考えるとププッって笑ってしまう。

-ひとりごと, 出来事, 日本語

執筆者:


  1. Aki より:

    メートル法とヤード・ポンド法もそうだけど、ぢっちかにして欲しいよね~

    • KURI より:

      Akiさん
       スポーツにおいてもヤードやらポンドやらフィートやらいろいろ出てきてよく分からないので、日本で放送する分だけでもメートルやグラムで言ってくれるとイメージしやすいです。
      お役所の書類で、元号と西暦と混在しているのもややこしいです。特に元号が変わった年が、月によって元号が違うとわけわからなくなります。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マジ

「真面目」と書いて「まじめ」と読むが、 「真面」で「まじ」とは読まず、「まとも」と読んだりする。  近頃は、「本気」と書いて「マジ」と読ませる。  そして、まじを調べてわかったのが、  「真風」と書い …

口が回らない

 いや、呂律がまわらないというほどではないのだが、いわゆる早口言葉とかが以前よりも言いづらくなっているような気がする。  近頃よく耳にする言葉では「重症者数(じゅうしょうしゃすう)」とか「感染者数(か …

レコード大賞

 キッチンに立って料理を作るときは必ず、お気に入りの曲をかける。  アップテンポでノリノリの曲がいい。  最近知った若手アーティストのヒットナンバーもいいけど、少し前に流行ったベストヒット集もいい。 …

ゴソゴソと遊んで捨てる

 仕事で忙しいと「大変だね」とか「忙しくて何より」って言われたりするけど、  遊びで忙しくてもあまり同情してもらえない。  これもそんな遊びに分類されるような作業。  古いタンスを「大型ゴミ」で行政に …

ご飯でぼたもち

 今年もお彼岸には子供たちがみんな集まってくれた。  朝からぼたもちを作ってみた。  餅米は使わずに、いつものご飯2合に、片栗粉を大匙2ほど混ぜ合わせてレンジで5分チンしてからまた混ぜ合わせた。  食 …