今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ゲーム 生活

新しいMacBook Airの端子

投稿日:

 上の写真はちょっと昔のMacBook Proの入力端子。
 今まで娘が使っていたものだ。

 左から電源、Ethernet、FireWire 800、Mini DisplayPort、USB2つ、SDカード、そしてイヤホンジャックだ。

 今度娘が購入するMacBook Airの端子と言うか「ポート」と言うんだね、それは、

これだけ。USB-Cが2つ。電源もUSBー2で賄う。

 反対側は、イヤホンジャックだけ。

 シンプルでいいけど、今までのUSBのオプションは全てアダプターかまさないといけない。

 便利になったんだか不便になったんだかよくわからないが、そのうち慣れるのかな?

 「お父さん、コンパクトカメラのSDカードのデータはどうやって入れたらいいの?」

 「DVD観るときはどうすればいいの?」

 「外部モニタに映すときは?」

 「あ〜、それ全てアダプターが必要になるなぁ。」

「いくらくらいするの?」

「4000円から7000円くらいかな?」

「高っ!」

 まぁそうだよなぁ。

 これから映画とかはDVDじゃなくてネット配信で観るだろうし、EthernetもすべてWi-Fiで済ませられる。

 昔はノート型パソコンじゃなくてラップトップって言ってたな。膝の上に乗せて使うってこと。デスクトップが机の上だから、膝の上でもOKと。

 アポロ11号で人間を月まで誘導したコンピュータは、初代ファミリーコンピュータ並みの性能だったと聞く。

 そのファミコンのゲームソフトのプログラム容量なんて64KB以内。

 上の新しいMacBook Airの写真が29KBほど。

 昔、ターミネーター2の映像が美しくて、当時あの映像の1枚の画像の容量が50MBと聞いた。(本当かどうかはわからないが)

 私が30年ほど前に初めて購入した外付けHDDの容量が50MBだったからたまたま覚えていた。

 時代と共に使用する容量はすごい勢いで増えていき、送信するデータ量も増えている。でも、コンピューターはどんどん小さくなっていく。

 ずっとその変化に驚きながらも頑張って必死にしがみついてきた。

 ゲーム機も初代ファミコンから現在のSwitchまで。

 パソコンもPCー8801のbasicから始まってPC9801のMS-DOS、そしてWin3.1でWindowsからMac移って、それ以来ずっとMac。

 ずっとその進化にリアルで体験できたのは、本当に楽しかった。

 学生時代、数学が楽しかったけど、それも数Ⅱbくらいまでで、数Ⅲになったらよくわからなくなっちゃった。

 それと同様に、車もガソリンエンジンは楽しかったけど、ハイブリッドになったらエンジンルーム開けてもよくわからなくなちゃったと言うように、

 ファミコンの時はまだ本体を開けてみたけど、今はゲーム機本体を分解しようと思わない。

 昨日は任天堂スイッチのJoy-Conを修理してとても難儀した。

 もうやたら分解しない方がいいなと思った。

 そろそろバトンタッチの時期に来たようだ。



-ゲーム, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゼルダの伝説スカイウォードソード(2)

 封印の地(2回目)まで進んだ。  ラネール鉱山ではかなり難儀した。  行き詰まることも多かったが、攻略サイトを見ながらやると楽しく出来る。  当初はそれに頼ることなく頑張ろうと思ったが、若い頃と違っ …

 帰省した時に母が出してくれた料理は・・・

 30代  結婚して、子供ができて、その子供たちも小中学生になり、大勢で実家へ押しかけ帰省した  楽しみに待っていてくれた両親。 満面の笑みで迎えてくれた。前日から人数分の布団を干したり、食器も出して …

昨日の自分と今日の自分

 昨日の自分と今日の自分で、同じところがあるだろうか?  見た目は似ている。鏡の中の自分は、自分の記憶にある自分の顔のように見える。  心はどうだろう?  昨日より元気がないかもしれないな。  乾癬で …

もしもこの宇宙が一つの滴だったら

そんなこと考えたことないだろうか?  この広い大宇宙が、実はある世界の一雫の中であったなら。  自分がこの体の中に住む一つの常在菌だとしたら、この体は一つの膜らしきものに被われた大宇宙であり、それこそ …

神はいるのか?

 いつも行く低山の谷を下っていた  左側には10mの渓谷  道幅1.5mほど  左手に持つストックがなぜか空振りして 「あっ!」と思った瞬間に体が左に斜め前方に受け身を取るような格好で1回転して  気 …