今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと イラスト プラ板 出来事

方眼ノート遊び

投稿日:

 百均で5mmの方眼ノートを買ってきた。

 正三角形を描こうとして、ここまで描いて違うことに気づいた。

 コンパスを使うんだった。これじゃ二等辺三角形だ。

 そんなことも忘れてる。

 コンパスがなかったので、こんな感じでどうにか正三角形が描けた。

 内側にもう一つの正三角形を描く。

 そして、さらにもう一つ内側に。

 ちょっと最初の三角形が小さ過ぎた!

 なんだか変だ。

 もう一回り大きいのを描いてみる。

 今度は大丈夫かな?

 そうそうこんな感じ。

 ちょっと影をつけると、

 騙し絵の完成!

 簡単そうだけど、いざ描いてみると、描いたり消したり間違ったりでそこそこ時間がかかる。

 けど、なんだか夢中になっちゃう。

 ついつい色々書きたくなってくる。

 塗り絵もそうだけど、こう言うのっていわゆる「作業療法」って言うのかもしれないな。

 方眼紙に、迷宮の地図を書くとか、天気図書いたり、曼荼羅描いたり、

 写経したりするのって心が落ち着く。

 ビール飲みながら、プラ板作ったりするのもそう。

 生ジョッキ缶、初めて飲んでみた。

 一気に飲めちゃってとても美味しかった。つまみを食べている暇もなく飲み切っちゃった。

-ひとりごと, イラスト, プラ板, 出来事

執筆者:


  1. Aki より:

    ラジコンのスタント機作ってた頃、マスキング用にテープで型を作ってたの思い出しました、いつの間にか20年くらい経ってるのかな、老眼も進み今では大変だろうなww

    • KURI より:

      Akiさん
       マスキングテープも今はおしゃれになっちゃって、装飾のためのテープになってますからねぇ。
      老眼で方眼がよく見えず一目盛りずつ数え、数え間違えてまた数えなおしてって繰り返しながら、鉛筆と定規を使って楽しんでいます。(^_^)

  2. カラス より:

    奥行がある。
    奥行をもたせる。
    いいですねぇ。
    奥深い。
    むずかしいです。

    • KURI より:

      カラスさん
      やり始めるとついつい肩凝らせて、目が疲れるまでやっちゃうのですが、不思議と心はスッキリ。
      「そんなことやっている時間ないわ!」と言う時ほど、やってみると効果抜群かもしれません。(^_^)

  3. アプリ より:

    これを見て、輪っかではないけど、メビウスの輪を思い出しました。

    だいたい、鉛筆はなくて、色鉛筆はあるけど、使ったことがほぼないです。
    せめて漢字を忘れないように、気がついたことをメモにしてノートに残したいと思ってもなかなか書き残せないです。

    • KURI より:

      アプリさん
       私も似た様なもんで、ある時思いついてデッサン用の鉛筆と色鉛筆を衝動買いして、ちょっとだけ使ってその後飽きたらそのまま放置していました。
      漢字もそうですし、計算も、図形も、出来るつもりだったのが、いざやってみると「あれ?」ってことが多くて、また小学生(中学や高校じゃなくて)の問題をやってみたりします。
      こういうのボケ防止っていうのでしょうね。(^_^)

  4. しんちゃんママ より:

    方眼紙、なつかしい。

  5. 一般人 より:

    生ジョッキ缶は、すぐに飲み干しちゃいます。
    飲み過ぎにご注意を。
    あとから酔いがまわるので。

    • KURI より:

      一般人さん
       一撃でしたねー。ほんとあっという間。とっても美味しかったけど、勿体無いから次は普通のにします。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

体に食べさせる

 写真にちょこんと写っている「納豆」。  主食がご飯の時は、必ずというほど食べている。「大好き」とはちょっと違う。自分の体に食べさせられている感じがする食べ物。食後に服用する薬みたいな感覚。  2年ほ …

メダカとかアボカドとか

 無事に冬を越すことができたメダカ。  水面に浮いているポツポツは「エサ」。  水面より上の水草は一度枯れてしまったが、春になって再び伸びてきた。メダカも1匹も星にならずに春を迎えた。  タニシも冬の …

今の自分を10代の自分に見せたら

「50年後、自分がどうなっているか知りたいか?」  もしも、そう聞かれたら迷うだろうな。知りたいような、知りたくないような。  知りたいけど、やっぱり聞かないでおこうって答えるかな?  その時に、「教 …

ある母と子と、私

  たまたま向かい合って座った、  3歳くらいの小さな男の子とそのお母さん。  車窓の流れる景色にお母さんがせっせと幼子に語る。  母「今見えたあのお寺はな、ずっと昔からあるお寺で偉いお坊さんが建てた …

つまみおにぎり

 子供が小さい頃に、面倒な離乳食も適当に切り上げて、  ご飯を食べさせようとしたときに作ったのがコレ。  小さい長方形に切った焼きのりで摘んだ白いごはん。  ただそれだけ。  つまんではテーブルに置い …