今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと ライフシフト

日記

投稿日:

パソコンに日記を書き始めてもう6年になる。

 最初はスマホの1日3行ほどの日記だったが、そこからEvernoteに書くようになり、そして現在のApple純正アプリの「メモ」に移行した。

 途中半年くらい万年筆での絵日記をせっせと描いていた時もあった。

自宅の2台のパソコン、スマホ、職場のパソコン、いつでもどこでも日記を追記出来る。

 その日の気分はもちろん、出来事、どう思ったか、その日に目立ったニュースも書き込んでいる。

 特に役立つのがその日の気分。

 仕事のある日は、朝から憂鬱な気分になっていることがほとんどだが、それの周期が読み取れる。

 「あ〜、やっぱりこの時期はダメなんだな」って、ことが多い。

 そんな時に自分はどうしたのか、どう対策をとったのか、それによってどういう結果になったのか。とても参考になる。

 ではそれによって以前よりも改善しているかというとそういうわけではない。向こうも手を変え品を変え攻め込んでくる。

 まるでエヴァンゲリヲンの使徒との戦いのようなのだ。以前の戦い方が通用しない。また新たな対策を取らないといけない。自分ではそう感じる。でも実際は何も変わっていなくて、ただ自分が自分と戦っているだけなんだと思う。

 自分一人でのシミュレーションゲーム。自分一人でやる将棋やオセロ。

 自分で打った手に対して

 「そうきたかぁ〜!」とやっている。

 とても滑稽なことをやっているのだと思う。

 でも自分は必死なのだ。

 特に布団の中や、パソコンの前に座って考え事をしている時に起こりやすい。

 だから、そんな時は歩きに出る。

 歩いている時にはそんなことはまず起こらない。

 歩いている時が、自分の安全地帯なのだ。

 それがわかっただけでも日記を書いていて良かったと思う。好きなことをやっている時もそう、絵を書いたり、ゲームをやったりと手を動かしている時も安全地帯。

 ずっと安全地帯に居座りたいけど、なかなかそういうわけにもいかず、嫌だ嫌だと思いながらまた今日も生きている。そんなことをもう何年続けてきただろう。心も体も騙し騙しやってきた。

 そう言いながらも振り返ってみれば、それほど悪い人生じゃない。端からみれば何を言っているんだ、いい人生じゃないか!と叱られるだろう。

 これも自分次第ってことなんだろうなと思う。

 ある時、自分って最高と思ったらそこから大どんでん返しが起こるみたいな。そんな心の移ろいを日記に書いていると、後から読んでいて面白い。

 心はうつろうもの。過去なんて自分の中ですんなり書き換えられてしまったりもするのだ。



-ひとりごと, ライフシフト
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ビワコムシ(琵琶湖虫)

 数日前から見かけるようになった。  ご近所の家の壁一面に、  車にも、  マンションの外壁や窓、  湖岸の公園には、蚊柱のように集まって飛んでいる。  そこに突っ込んでいくとなかなか大変。  「ユス …

絵画

 絵は好きでよく展覧会などに観に行く。  著名な画家さんの作品はもちろんのこと、子供の絵も素晴らしいのでよく観させてもらう。  娘が芸大に通っていたこともあり、学生さんの絵も大好きだ。  上手い下手と …

話上手はテクニック・聞き上手は人徳

 人前で何かを喋ることというのは、緊張するものだ。  30代半ばまでは、もうホントに大嫌いで逃げ回っていた。  学生時代、授業中に先生に指されることが怖くて身を低くしていたし、授業参観の時などは消えて …

おうちでお手軽お抹茶

 お抹茶は「茶道」というちょっと敷居の高いイメージがありますが、  甘い和菓子と甘くてちょっと苦味のある深い味わいのお抹茶をお手軽に味わいたいという気持ちもありました。  茶道についてまったく知識のな …

路側帯

 写真の白線は、路側帯(ろそくたい)の線で、歩行者はそこを歩く。  自転車は基本的に車道を走る。  歩道や路側帯は歩行者優先であり、自転車が何かしらの理由があってそこを走る場合は、歩行者の通行を妨げて …