今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

明日も自分でいられますように

投稿日:

 長いこと日記を書いていると、


 「あの頃の自分はこんなことを考えていたのか」と思うことが多い。

 「いいこと言うじゃん」と思ったり、


 「バカだなこいつ」と思ったり、


 「そんなことで悩んでいたんだ」と思ったり。

 そして、「この頃から全然進歩していないや」と思うことが多い。

 これは本当に自分の文章なのか?と思うこともある。


 ひとりで高揚して「素晴らしいものを見つけた!」と言うような浮かれた文章になっている。


 きっと恋している時もそんな感じだったのだろうと想像できる。

 心が高揚している時と言うのは要注意の時なのだな。


 「これは大発見だ! もうこれ最高!」


 こんな時は相当危ないのだろう。


 騙されているとか、大きな勘違いしているとか。

 人は歴史から学ぶ。


 日記には自分の歴史の断片がいっぱい。


 だけど、人には見せられたもんじゃない。

 絶対に人に見せない日記と、見られてもいい日記と、


 このブログと、


 食べたもん記録するブログと、


 万年筆で書いたり描いたりする日記。

 それでも何も学習できていない。


 と言う、気がする。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

目が欲しがる

 「目が欲しがるんだよね。」  大木こだま師匠だったら、  「目は欲しがらへんやろう〜」と、ぼやくところだろうが、  「目は欲しがるんだけど、ついつい食べてしまうといつも胸焼けしちゃうのよねぇ」  「 …

人の歩いた道を辿ってみる

 過去に同じ道を歩いた人がいて、  その人がその道の情報を色々と残してくれたとする。  その情報をもとに同じ道を歩いたら、  あとから歩いた人の方が、さらに多くの情報を得られるのだろうか?  そんなこ …

結局のところ

 「結局のところ、人生ってさぁ・・・」とか、  「簡単にいうと、仕事ってものは・・・」と、あるところでまとめようとしちゃうところがある。  自分もそんなところがあった。ある時点でひとつの心配事が解決し …

「鈴木敏夫とジブリ展」@京都文化博物館

 京都の地下鉄「烏丸御池駅」から地上に出ると、いつも東西南北が分からなくなる。東山連峰が見えればすぐわかるのだけど、ここはビルばかりで山が見えない場所だし、曇り空でお日様も見えない。また今日も迷いそう …

今どきは

 私がまだ若い頃には、小説の中や歌の歌詞でも「明治、大正、昭和と生きてきて」という言い回しがあった。  今日聴いた上沼恵美子さんの歌の中では、「昭和 平成 令和へと 三つの時代を生き抜いて・・」という …