今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ゲーム ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 生活

昔よくやったゲームで

投稿日:

 学生時代にやり込んだゲームのひとつに「ドンキーコングJr.」がある

 もう全ステージを目をつぶってもできるのではないか?というほどやり込んだ。

 今から38年?ほど前のゲームだ。

 38年と書いて、クラっと眩暈がきた。そんな前になるのか。

 今はすでに本体も持っていないが、任天堂オンラインに加入しているので

 任天堂Switchでプレイすることが出来る。

 いわゆる昔とった杵柄。

 華麗なるプレイを再現して見せようと頑張るが

 動くドンキーコングは、悲しいかな予想通りの加齢なるプレイ

 落下、落下、また落下

 どうしたんだ!?ヘイヘイベイベー!

 気持ちはあの時のままなのに、

 指先と発射神経がついていかない

 こういうところで現実を突きつけられる

 反射神経は鈍くなったが、予測は以前よりも出来るようになったはずだ

 そう思って落ちないようにぶつからないように

 慎重にやればやるほど

 また落ちる

 こんな状態にまでなっていたのだなぁと

 あらためて自分のポンコツさにため息が出る

 仕事をやっている上でも、これと同じようなことが多々ある

 たかがゲームであっても、これだけの差が出るのだから当たり前だ

 自分の実力にあった仕事にシフトしないといけないなと感じる

 自分は今どんなゲームが得意で、どんなゲームを楽しいと思えるのか

 

 もうマリオブラザーズのようなアクション系やシューティング系は無理だ

 かといって信長の野望や大戦略、シムシティーのように地味にコツコツやるタイプも根気が続かない。

 今、娘とやっている「あつまれ どうぶつの森」も、以前ほど楽しいと思わないのもそのため。

 なんだか働かされている感があるのだ。毎日「お使い」をさせられているような。

 やはり、短時間で決着がついて、やめたい時にすぐにやめられて、始めたい時にすぐ始められて、それでいてワクワクして、コントローラーを5分ほど放置してトイレに行ってもさして問題にならないようなゲーム。

 今、やっているのが正にそんなゲーム。

 「ルフランの地下迷宮と魔女の旅団」だ。

 やっと半分くらいまできたかなぁ?まだかなぁ?というあたりまできた。

 速い人は70時間くらいで終わらせてしまうらしいが、おそらくその倍の時間かけても終わりにできないだろう。

 それだけ長い時間楽しめると思えばなんともない。

 このゲームをどうにか終わらせたら、そのあとはまたゼルダの伝説をやればいい。もしかしたらその頃にはその続編も出ているかもしれない。

 かなり安上がりになったもんだと思う。

 



-ゲーム, ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団, 生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

こんな猛暑の日は

 38度を越える猛暑の日に、冷房の効いた職場で仕事をしているのはいいが、  休日であれもコレもとやるべき家事がある時は、  冷房も入れずに半裸で家中を動き回ることになり、  料理を作るのも面倒、昼寝を …

身を委ねる

 今日の朝ドラ「エール」の中のセリフが琴線に触れた。 「以前はボクも理想の音楽を追い求めていました。でも今は音楽に身を委ねています。」   細かい言い回しは不確かかもしれないが、こんな感じ。  若い頃 …

もしもこの宇宙が一つの滴だったら

そんなこと考えたことないだろうか?  この広い大宇宙が、実はある世界の一雫の中であったなら。  自分がこの体の中に住む一つの常在菌だとしたら、この体は一つの膜らしきものに被われた大宇宙であり、それこそ …

今がいちばんいい、と答えよう

 新型コロナウイルスの影響は、私個人的には収入の大幅減はあったものの、どうにか仕事は続けられそうだ。定額給付金のおかげも大きい。  子供の結婚式もギリギリ執り行うことが出来たし、孫の出産も滑り込みセー …

話上手はテクニック・聞き上手は人徳

 人前で何かを喋ることというのは、緊張するものだ。  30代半ばまでは、もうホントに大嫌いで逃げ回っていた。  学生時代、授業中に先生に指されることが怖くて身を低くしていたし、授業参観の時などは消えて …