今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ゲーム ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 生活

昔よくやったゲームで

投稿日:

 学生時代にやり込んだゲームのひとつに「ドンキーコングJr.」がある

 もう全ステージを目をつぶってもできるのではないか?というほどやり込んだ。

 今から38年?ほど前のゲームだ。

 38年と書いて、クラっと眩暈がきた。そんな前になるのか。

 今はすでに本体も持っていないが、任天堂オンラインに加入しているので

 任天堂Switchでプレイすることが出来る。

 いわゆる昔とった杵柄。

 華麗なるプレイを再現して見せようと頑張るが

 動くドンキーコングは、悲しいかな予想通りの加齢なるプレイ

 落下、落下、また落下

 どうしたんだ!?ヘイヘイベイベー!

 気持ちはあの時のままなのに、

 指先と発射神経がついていかない

 こういうところで現実を突きつけられる

 反射神経は鈍くなったが、予測は以前よりも出来るようになったはずだ

 そう思って落ちないようにぶつからないように

 慎重にやればやるほど

 また落ちる

 こんな状態にまでなっていたのだなぁと

 あらためて自分のポンコツさにため息が出る

 仕事をやっている上でも、これと同じようなことが多々ある

 たかがゲームであっても、これだけの差が出るのだから当たり前だ

 自分の実力にあった仕事にシフトしないといけないなと感じる

 自分は今どんなゲームが得意で、どんなゲームを楽しいと思えるのか

 

 もうマリオブラザーズのようなアクション系やシューティング系は無理だ

 かといって信長の野望や大戦略、シムシティーのように地味にコツコツやるタイプも根気が続かない。

 今、娘とやっている「あつまれ どうぶつの森」も、以前ほど楽しいと思わないのもそのため。

 なんだか働かされている感があるのだ。毎日「お使い」をさせられているような。

 やはり、短時間で決着がついて、やめたい時にすぐにやめられて、始めたい時にすぐ始められて、それでいてワクワクして、コントローラーを5分ほど放置してトイレに行ってもさして問題にならないようなゲーム。

 今、やっているのが正にそんなゲーム。

 「ルフランの地下迷宮と魔女の旅団」だ。

 やっと半分くらいまできたかなぁ?まだかなぁ?というあたりまできた。

 速い人は70時間くらいで終わらせてしまうらしいが、おそらくその倍の時間かけても終わりにできないだろう。

 それだけ長い時間楽しめると思えばなんともない。

 このゲームをどうにか終わらせたら、そのあとはまたゼルダの伝説をやればいい。もしかしたらその頃にはその続編も出ているかもしれない。

 かなり安上がりになったもんだと思う。

 



-ゲーム, ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団, 生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

シニアの「メトロイド ドレッド」33日目

 あとは、エリート鳥人兵士とラスボスを倒すのみというところまで来た。  まさかここまで来れるとは思っていなかった。  あらゆるアイテムを集めて、武器やスーツも最高のレベルまで出来たので、  マップ上で …

面白すぎ!「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」

 昨日はブログを書き忘れるほど、このゲームにのめり込んでいる。  「ゼルダの伝説 ブレワイ」とはまったく違う系統のゲームだが、これは病みつき。  何より中毒性がある。  大昔にパチスロにハマったことが …

今朝の巻積雲

  毎日のように見上げる雲。   連休最後の朝、物干し台から見上げた雲は   細かい「巻積雲」。  ここから30分後になると次のような雲に 刻々と変化していく雲に 見惚れてしまうが、 いつもいつもこう …

神はいるのか?

 いつも行く低山の谷を下っていた  左側には10mの渓谷  道幅1.5mほど  左手に持つストックがなぜか空振りして 「あっ!」と思った瞬間に体が左に斜め前方に受け身を取るような格好で1回転して  気 …

栓抜き

 もうすっかり栓抜きを使わなくなった。最後に使ったのはいつだろうと思うほどだ。  子供たちに言うと驚かれるが、  「昔は電車の各座席ごとに”栓抜き”と”灰皿”がついていたんだよね」  「えー〜ー!マジ …