今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「あなたへ」

投稿日:

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。

 脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。

 やはり健さんの人徳なのか。

人生は長いようで短く、短いようで長い。

 自分はこの人生で何をやってきたのだろう?と考えた時に、それほどいくつも指を折れる出来事もない。

 過ぎ去ってしまったことは、すでに夢のようでもあるし、5人の子を育てたことも、「あぁ、そんなこともあったなぁ」と思ってしまうこともある。

 あの時はどうしてあんなことにこだわってしまったのだろう?ということもあるし、どうしてもっと追求しなかったのだろう?と思うこともある。

映画の中の高倉健さんの目に、田中裕子さんの目に、そして、大滝秀治さんの目に、その人の人生の深さが感じられる作品。

 なんてことないありふれたセリフでも、大滝秀治さんが口にすると涙が出てくる。

 「久しぶりに、きれいな海ば見た」

 たったこれだけのセリフなのに、人を感動させてしまう。

 大滝秀治さんは、映画公開されたその年に亡くなり、健さんはその2年後に亡くなる。

 この作品を作った降旗康男監督。健さんと一緒に「鉄道員」も撮っているが、その降旗康男監督も昨年2019年に鬼籍に入っている。

 昭和の良いところを凝縮した映画にも感じた。



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」

三浦貴大と夏帆が、それぞれ隔週交代で単独キャンプをする。  三浦貴大は、主に缶詰料理で孤独を味わう系。  夏帆は貪欲に食材を現地調達して、その場で調理して食べる。  二人の演技はなかなか良くて観ていて …

映画「ミックス」

以前から観たいみたいと思ってなかなか観られず、やっと観られた映画。  卓球の映画は窪塚洋介氏の「ピンポン」が大好きで何回もリピートして観た。これはなかなか傑作だった。  この「ミックス」は、なんと言っ …

映画「ヨコハマ物語」

 サッカー競技場の芝を長年管理してきた主人公(奥田瑛二)。  定年退職の日、同僚、後輩たちから労いの言葉と花束をもらって帰宅すると、長年連れ添った妻が急死していた。  四十九日が終わって墓参りに行くと …

映画「今日も嫌がらせ弁当」

上の画像がすべての内容なのだが、 それなのに最後の30分は泣きっぱなしだった。  この映画は何と言っても「芳根京子」。この女優さんを最初に見たのは朝ドラの「べっぴんさん」。その前にも「花子とアン」で出 …

映画「モリのいる場所」

山崎努と樹木希林という、ともに日本映画界を代表するベテランが初共演を果たし、伝説の画家・熊谷守一夫妻を演じた人間ドラマ。30年間もの間、ほとんど家の外へ出ることなく庭の生命を見つめ描き続けたという熊谷 …