今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「あなたを見送る7日間」

投稿日:

「ナイト ミュージアム」シリーズのショーン・レビが監督を務め、父親の死をきっかけに集まった兄弟姉妹が織り成す人間模様をつづったヒューマンコメディ。父親の訃報を受けて実家に戻ってきた4人の兄弟姉妹が、ユダヤ教のしきたりにより、ひとつ屋根の下で7日間を共に過ごすことに。それぞれ問題を抱える彼らは、時には衝突しながらも再び家族の絆を深めていく。兄弟姉妹役に「モンスター上司」のジェイソン・ベイトマン、「デート&ナイト」のティナ・フェイ、「フランシス・ハ」のアダム・ドライバー、「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のローズ・バーン。4人の開放的な母親役を「コールガール」のジェーン・フォンダが演じた。

映画.com

  洋画に疎い私が知っている俳優さんはジェーン・フォンダくらいだったのが情けない。

 登場人物が破天荒な人ばかりで、アメリカ人はこんな人ばかりなのか?と思ってしまう。

 主人公は4人兄姉弟の次男。仕事から帰ってきたら妻が上司とベッドで浮気をしていた。そこへ父の訃報が届く。実家ではユダヤ教のしきたりで7日間家族で共に過ごすとのこと。

 長男は結婚しているが夫婦の間に子供がなく妻は子供を欲しがっていて、その原因は夫にあると思っている。

 長女は、自分のことは棚に上げて言いたい放題の人。

 末っ子はこれまた手の付けられない低脳っぽさで、かなり年上の女性と付き合っている。

 母親は、小説家であるが、その小説は子供たちの日記を盗み見して、話を盛って書かれたものだった。最近豊胸手術をした。

 そんな5人が喧嘩をしつつも少しずつ家族の絆を深めていくという話なのだが、どうにも無理がある。とにかく話している内容が下品であり、性的なことにしか関心がないというのがにじみ出ている。それが最初から最後まで一貫しているところがすごい。

 それが楽しいといえばそうかもしれないが、どうも日本人としてはついていけないところが多い。

 本当にアメリカ人ってこんな人ばかりなの?

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」

最初が映画館で。DVDを借りて2回観て、そして今回Amazonプライムで4回目。 どうしてそんなに観たくなるのか、自分でもよくわからない。 なんとも言えないラストのもの哀しさが、切なさがいいのかなぁ。 …

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …

映画「ホットロード」

「別冊マーガレット」(集英社刊)で1986~87年に連載され、単行本は全4巻で累計発行部数700万部を突破した紡木たくの人気少女コミックを実写映画化。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした能 …

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の続編になる。  「序」は先日近所の映画館にて「4DX」で鑑賞した。大迫力で大興奮であった。  今回も妻と一緒だが、映画館ではなくて自宅のリビングでいつものテレビでAm …

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …