今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「あの頃、君を追いかけた。」

投稿日:

地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命したのが優等生の早瀬真愛だった。クラス一の優等生で真面目で堅い真愛を疎ましく思う浩介だったが、彼と4人の仲間たちにとって中学時代からの憧れの存在だった真愛に浩介の胸はざわつきはじめていた。

映画.com

 水島浩介役の山田裕貴は、魅力全開! 早瀬真愛役の斎藤飛鳥ちゃんはもう可愛すぎて困る。青空エールでは意地悪な役だった松本穂香ちゃんもここでは気さくな良い友達をうまく演じている。

 なんと言っても山田裕貴は凄い。最初に見たのは朝ドラ「なつぞら」だった。次は青春映画、その次の青春映画。どの役も主役の次の役でいい奴なんだけど振られ役。

 今回も上手く行きそうでなかなか。家では全裸だし、馬鹿ばっかりやっているし、昔の少年ジャンプのノリ。女子から「幼稚!」「バカ!」「男子ってほんとガキだよね」って言われるタイプを上手に演じている。

 台湾でヒットした映画の焼き直しらしいが、上手く出来たシナリオ。乃木坂46の斎藤飛鳥ちゃんがとにかくツンデレでとても魅力的。ずっと見ていたい。

 青春恋愛映画にしてはよく出来すぎていて、軽い気持ちで見ちゃったのが申し訳ないくらいだった。

 もう一度、ちゃんと観てみたい映画。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「太平洋ひとりぼっち」

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。  その …

「株価暴落」「7つの会議」「ノーサイド・ゲーム」

どれも池井戸潤氏の原作。 ドラマ「株価暴落」  久しぶりの織田裕二さん。そして、石黒賢さんとのコンビ。織田さんのへの字の口と強い目力はなかなか他にはない。そして、近頃悪役が板についてきた高嶋政伸さんの …

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …

映画「ディープ・インパクト」

 先日、大きな火球があちこちで目撃され、そして鮮明に撮影もされた。  燃え尽きるときは満月ほどの明るさになったという。  あれだけの大きな火球であっても、大気圏に突入したものの大きさはゴルフボールほど …

映画「おっぱいバレー」

 高校に新任の若い女教師(美香子先生)が来た。  部活も担当することになったが、この学校では有名な馬鹿部と呼ばれている男子バレー部。まったくやる気はないは、バレーボールさえやったことない。そんな部員5 …