今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「あやしい彼女」

投稿日:

 多部未華子ちゃんの魅力が満載の映画。

 それと共に、倍賞美津子さんの凄さを感じた映画でもあった。

 元の作品は韓国なんですね。それのリメイク版。まったく下調べなしで観ました。

 女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固でおせっかいな性格のため、周りからは敬遠されがち。ある日、ふと入った写真館で写真を撮り店を出ると、20歳のときの若々しい姿のカツ(多部未華子)になっていた。カツはヘアスタイルやファッションを一新、名前も節子にし、人生を取り戻そうと決意。その後、のど自慢大会で昭和歌謡を歌ったことから……。 

Yahoo!映画

 序盤の倍賞美津子さんの渋い演技も素晴らしいが、多部未華子ちゃんが出てきてからの華々しさは本当にパワーを感じる。

 歌を歌うシーンが多いが、その歌唱力は置いておいて、歌っている時の表情や動きだけで元気がもらえる。

 「若いって素晴らしい!」というセリフがあったような気がするが、そのセリフ通りの印象を与えてくれる演技力だった。

 今年4月に惜しくも亡くなられた志賀廣太郎さんも、少年のようなおじいちゃんを演じている。うまいなぁって観ていられる。

 そして、先日観た「君は月夜に光り輝く」に出演して、難病の彼女相手の北村匠海君は、今度は倍賞美津子の孫で出演。今度はバンドでギターを弾いている。パンクだかデスボイスっぽい曲で、おばあちゃんには騒音でしかない。そこで若返った多部未華子ちゃんが懐メロを歌うとこれがまた心に響く。

 特に「悲しくてやりきれない」が今更ながら心にしみた。

ザ・フォーク・クルセダーズ。サトウハチロー作詞、加藤和彦作曲。

 劇中歌の編曲がまた良かった。誰だろう?って思ったら、小林武史さん。

流石でした。

 明るいコメディー映画が観たいなって気軽に観始めたけど、最後はしっかりと泣かされて、そして勇気づけてもらった。

 とてもいい映画でした。



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「白ゆき姫殺人事件」

 この映画も観たような観ていないようなって気持ちで見始めた。  観ているうちに、やっぱり「観ているわ」って思いつつも、その後の展開がまったく思い出せない。  結局、最後のオチまで観て、「あぁやっぱりこ …

映画「熟れた本能」

主演は「フォー・ウェディング」「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、監督は「彼女たちの時間」のカトリーヌ・コルシニ。スザンヌは医者の夫と2人の子供と南仏に暮らす専業主婦。 …

映画「響 -HIBIKI-」

これが映画初出演となる「欅坂46」の平手友梨奈主演で、文芸の世界を舞台に15歳の天才女子高生小説家を主人公にした柳本光晴の人気漫画「響 小説家になる方法」を映画化。出版不況が叫ばれる文芸界。文芸雑誌「 …

映画「Fukushima50」

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46 …

映画「アメリカン スナイパー」

「ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイ …