今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「あやしい彼女」

投稿日:

 多部未華子ちゃんの魅力が満載の映画。

 それと共に、倍賞美津子さんの凄さを感じた映画でもあった。

 元の作品は韓国なんですね。それのリメイク版。まったく下調べなしで観ました。

 女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固でおせっかいな性格のため、周りからは敬遠されがち。ある日、ふと入った写真館で写真を撮り店を出ると、20歳のときの若々しい姿のカツ(多部未華子)になっていた。カツはヘアスタイルやファッションを一新、名前も節子にし、人生を取り戻そうと決意。その後、のど自慢大会で昭和歌謡を歌ったことから……。 

Yahoo!映画

 序盤の倍賞美津子さんの渋い演技も素晴らしいが、多部未華子ちゃんが出てきてからの華々しさは本当にパワーを感じる。

 歌を歌うシーンが多いが、その歌唱力は置いておいて、歌っている時の表情や動きだけで元気がもらえる。

 「若いって素晴らしい!」というセリフがあったような気がするが、そのセリフ通りの印象を与えてくれる演技力だった。

 今年4月に惜しくも亡くなられた志賀廣太郎さんも、少年のようなおじいちゃんを演じている。うまいなぁって観ていられる。

 そして、先日観た「君は月夜に光り輝く」に出演して、難病の彼女相手の北村匠海君は、今度は倍賞美津子の孫で出演。今度はバンドでギターを弾いている。パンクだかデスボイスっぽい曲で、おばあちゃんには騒音でしかない。そこで若返った多部未華子ちゃんが懐メロを歌うとこれがまた心に響く。

 特に「悲しくてやりきれない」が今更ながら心にしみた。

ザ・フォーク・クルセダーズ。サトウハチロー作詞、加藤和彦作曲。

 劇中歌の編曲がまた良かった。誰だろう?って思ったら、小林武史さん。

流石でした。

 明るいコメディー映画が観たいなって気軽に観始めたけど、最後はしっかりと泣かされて、そして勇気づけてもらった。

 とてもいい映画でした。



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「空母いぶき」

 先に13巻の原作漫画を読んでから、期待して映画を観た。  映画館で1回目の鑑賞。Amazonプライムで2回目の鑑賞。  正直、原作はかなり面白くてのめり込んで読んでしまった。珍しく全13巻購入して数 …

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

 見始めて戸惑いばかりだった。  え?何がどうなっているの?  前作「破」から14年後の世界。シンジが上司の制止に従わず綾波レイを助けたことで、大変なことになってしまった。  自分は自分の良心に従って …

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」で人気の漫画家・咲坂伊緒による人気青春恋愛コミックを浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二のキャストで実写映画化。恋愛には積極的で社交的だが不器用な性格の朱里。夢見 …

映画「ういらぶ。」

累計発行部数180万部を突破した星森ゆきもの人気コミック「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」を実写映画化した青春ラブストーリー。同じマンションで一緒に育った高校生の凛、優羽、暦、蛍太の美男美女4人組。 …

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家 …