今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「あやしい彼女」

投稿日:

 多部未華子ちゃんの魅力が満載の映画。

 それと共に、倍賞美津子さんの凄さを感じた映画でもあった。

 元の作品は韓国なんですね。それのリメイク版。まったく下調べなしで観ました。

 女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固でおせっかいな性格のため、周りからは敬遠されがち。ある日、ふと入った写真館で写真を撮り店を出ると、20歳のときの若々しい姿のカツ(多部未華子)になっていた。カツはヘアスタイルやファッションを一新、名前も節子にし、人生を取り戻そうと決意。その後、のど自慢大会で昭和歌謡を歌ったことから……。 

Yahoo!映画

 序盤の倍賞美津子さんの渋い演技も素晴らしいが、多部未華子ちゃんが出てきてからの華々しさは本当にパワーを感じる。

 歌を歌うシーンが多いが、その歌唱力は置いておいて、歌っている時の表情や動きだけで元気がもらえる。

 「若いって素晴らしい!」というセリフがあったような気がするが、そのセリフ通りの印象を与えてくれる演技力だった。

 今年4月に惜しくも亡くなられた志賀廣太郎さんも、少年のようなおじいちゃんを演じている。うまいなぁって観ていられる。

 そして、先日観た「君は月夜に光り輝く」に出演して、難病の彼女相手の北村匠海君は、今度は倍賞美津子の孫で出演。今度はバンドでギターを弾いている。パンクだかデスボイスっぽい曲で、おばあちゃんには騒音でしかない。そこで若返った多部未華子ちゃんが懐メロを歌うとこれがまた心に響く。

 特に「悲しくてやりきれない」が今更ながら心にしみた。

ザ・フォーク・クルセダーズ。サトウハチロー作詞、加藤和彦作曲。

 劇中歌の編曲がまた良かった。誰だろう?って思ったら、小林武史さん。

流石でした。

 明るいコメディー映画が観たいなって気軽に観始めたけど、最後はしっかりと泣かされて、そして勇気づけてもらった。

 とてもいい映画でした。



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …

映画「戦場のピアニスト」

  かなり衝撃的だった。  タイトルは知っていたが、あらすじはまったく知らずに鑑賞開始。  2時間半という長い映画であったが、あっという間だった。  第二次世界大戦、ドイツが隣国ポーランドに侵攻しユダ …

映画「ミックス」

以前から観たいみたいと思ってなかなか観られず、やっと観られた映画。  卓球の映画は窪塚洋介氏の「ピンポン」が大好きで何回もリピートして観た。これはなかなか傑作だった。  この「ミックス」は、なんと言っ …

映画「世界でいちばん長い写真」

 内気でいつも自身のない男子校生(高杉真宇)が、改造された大版パノラマ写真機を手に入れたことから少しずつ前向きに積極的になっていく気持ちの良い青春ドラマ。  最初の数分間、結婚式の新婦控室で、新婦と主 …