今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「いわさきちひろ〜27歳の旅立ち〜」

投稿日:

 没後38年が過ぎたいまも多くの日本人に親しまれている絵本作家・いわさきちひろ(1918~74)の知られざる人生に迫ったドキュメンタリー。夢をあきらめて親が望む結婚をしたちひろだったが、不幸なかたちで夫と死別し、戦争で家も失ってしまう。その時27歳だったちひろは、絵で生きていく決意を固め、単身上京。家出同然の再出発から、運命の人・松本善明との出会いや再婚、失業中の夫を支えた日々や仕事での孤立、病気との戦いなど、その波乱の人生をたどっていく。

映画.com

 インタビューなどを交えながら、生まれてから亡くなるまでのいわさきちひろの人生を追うドキュメンタリー映画。

 いつ知ったのかわからないが、気がついたらちひろさんの絵はいつもそばにあった気がする。妻も好きで、カレンダーも購入していた。そのカレンダーの絵を切り取って飾れるように額も購入して部屋に飾ってある。

 水彩の滲みによって描く子どもたちの絵は、いつまでも見ていられる。線で描かず滲みで描き出すその表情が、見ているこちらの心を揺さぶる。

 どうしてあんなにやさしい子どもの絵が描けるのだろう?ホワホワっとした柔らかい子どもたち。まだかたちづくられていないヒトを上手に表現していると思う。

 ルノワールの描く女性が当初酷評されたように、ちひろさんの絵も「こんなぼやけた描き方せずにしっかり描けばいいのに」と評価されなかった。しかし、ある人は「君にはこう見えるんだろ?それならそれを押し通せばいい」とアドバイスしてくれる。

 望まない結婚と悲しい別れ。大空襲で炎の中を逃げ惑い、家も焼かれ全てを失う。そんな絶望の中から生み出される子どものやさしい表情が、見る人を惹きつけるのだろう。

 信州安曇野のちひろ美術館に家屋で訪れたのはもう何年前だろう? ちひろさんが体験された辛い出来事を思い起こすのがむずかしいくらい、明るく清々しい美術館だった。広々とした草原を歩いて行った先にあるその美術館は、子どもがお父さんやお母さんと朗らかに笑っている場所だった。

 その子どもたちの笑顔のずっと向こうには、ちひろさんの辛い出来事があってのことなんだなって思わされる。たくさんの悲しみから滲み出るその笑顔は、人の心を揺すぶるひとつの雫になるのだろう。

-映画

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    いわさきちひろさんの絵、大好き。
    タッチも彩色も・・・。

    >松本善明
     ⇒議員さんでしたよね。名前は知っています。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       >松本善明⇒議員さんでしたよね。
       ご存知でしたか。私は調べてみて初めて知りました。共産党の議員さんだったみたいですね。

  2. アプリ より:

    しっかりと描いていないぼやっとした感じが優しくてほんわかとして好きですね。

    27歳で何もかも失って上京とは、それが絵に情熱を傾ける引き金になったのですね。
    あの絵の裏には、つらい絶望が、だからこそあの優しい子供の姿なのかしら。

    • KURI より:

      アプリさん
       私もちひろ美術館に行って彼女の人生を知ってびっくりでした。それでまた絵を見る目が変わりました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ロッキー5」

ソ連のリングで強敵ドラゴを倒したロッキー。しかし帰国後に脳障害が発覚し、彼はボクサー引退を決意。さらにその後、破産へと追い込まれ、トレーナーとして働くことになる。やがてロッキーは若手ボクサー、トミーの …

映画「ルームロンダリング」

池田エライザが訳あり物件を浄化するオカルト女子を演じたファンタジー。新たな映像クリエイターの発掘を目的としたコンペティション「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015」で準グ …

映画「めぐり逢えたら」

1993年公開。 トムハンクスとメグライアンの恋愛映画。  2年前に愛する妻を亡くし次への一歩が踏み出せないままのサム(トムハンクス)は、まだ小さい息子ジョナと暮らしていた。再婚願望はあるがなかなかう …

映画「ジェネラルルージュの凱旋」

「チーム・バチスタの栄光」に続く海堂尊原作の同名小説を映画化。東城大学医学部付属病院に勤務する田口は、救命救急センター部長で“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を取る速水に収賄の疑惑ありとの …

映画「点」

俳優の山田孝之が、2017年9月メジャーデビューの新人ガールズバンド「yonige」とタッグを組んだショートフィルム。「愚行録」で長編映画デビューを果たした石川慶監督が、「yonige」のデビューアル …