今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「おいしい給食 Final Battle」

投稿日:

市原隼人演じる給食マニアの中学教師が主人公のコメディドラマ「おいしい給食」の劇場版。1984年のとある中学校。給食を愛しすぎるゆえに、給食を愛せないヤツを許せない「給食絶対主義者」である給食マニアの教師・甘利田幸男は、学校から給食がなくなるという信じがたい報せに衝撃を受ける。一方、甘利田最大のライバルで「どちらがよりおいしく給食を食べるか」という超絶給食バトルを繰り広げている生徒の神野ゴウは、「給食革命」を目指して生徒会選挙への出馬を宣言。愛する給食を守るため、甘利田は奮闘するが……。甘利田役を市原が演じるほか、ヒロインの女性教師・御園ひとみ役を武田玲奈、神野ゴウ役を佐藤大志がそれぞれ演じる。

映画.com

 

 給食が大好きで、給食のために学校に来ていると思われる生徒とその担任の先生。

 真面目で基本に忠実な食べ方をする先生と、様々なアイデアで食べ方を工夫する生徒。

 その真っ直ぐすぎる先生を演じる市原隼人がコミカルで面白い。その隣でそれを見守る新任の国語教師を演じる武田玲奈が可愛い。

 給食を愛するが故に、自ら給食改革をしようと1年生でありながら生徒会長に立候補する生徒。どんなおかずであっても「牛乳とパン」という取り合わせはおかしいと訴える。生徒の考えたメニューも考慮してくれという持論。

 そんな生徒会長選挙の最中に、経営上の都合で給食を廃止するという決定事項を知らされた市原隼人先生。共に教育委員会側と戦うことになる。

 なんと言っても、市原隼人のコミカルな演技が見もの。「ファブル」の岡田准一のような面白さ。それと武田玲奈の可愛らしさだけでこの映画は十分。1時間40分ほどの映画だったが、もっと長い時間見ていたかった感じ。続編とかあればまた見てみたい。

 生徒の給食の食べ方のアレンジも面白くて、色々と参考になる。

 食べ物系の映画はやっぱり好きだな。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」

作家のヒキタクニオが自身の体験をもとにつづった同名エッセイを映画化。本作が映画初主演となる名バイプレイヤーの松重豊が主人公となるヒキタクニオに扮し、妻サチ役の北川景子と年の差夫婦を演じた。「ぱいかじ南 …

映画「13デイズ」

 1962年10月16日、米軍の偵察機がキューバに建設中のミサイル基地を発見した。しかも、この基地には核弾頭が持ち込まれているという。もしそれが事実であれば、アメリカ本土が核の危機にさらされることにな …

ドラマ「地の塩」

神村賢作(大泉洋)は、歴史を覆す大発見をした勤勉な考古学者。彼が発見した塩名遺跡は、定説では日本に人類が存在しないとされる時代のものだった。遺跡が発掘された塩名町は、過疎化が進んでいたものの、一気に観 …

映画「東京公園」

青山真治監督の「サッド ヴァケイション」以来4年ぶりとなる新作。「東京バンドワゴン」でブレイクした小路幸也の小説が原作で、主演の三浦春馬はカメラマン志望の大学生・光司を演じる。公園で家族写真を撮り続け …

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

2011年に製作され、日本でもヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を篠原涼子、広瀬すずの主演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督でリメイクした青春音楽映画。90年代、青春の真っ只中にあった女 …