今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「おっぱいバレー」

投稿日:

 高校に新任の若い女教師(美香子先生)が来た。

 部活も担当することになったが、この学校では有名な馬鹿部と呼ばれている男子バレー部。まったくやる気はないは、バレーボールさえやったことない。そんな部員5人をやる気にさせようとするが、口車にのせられて「試合で勝ったら先生のおっぱいを見せてくれるのなら頑張る」ということに同意してしまう。

 美香子先生は、以前勤めていた学校で、「今度一緒にロックのライブに行こう!」と女子生徒と約束しまったがために校長にそれを追求され「そんな約束はしていない」と裏切り、生徒から総スカンを食らってしまったという過去があった。

 「先生のおっぱいが見たい!」という気持ちひとつで頑張ってきたが、大きな試合の前にそのことが学校側にバレてしまうが、、、、、。

 「おっぱいが見たい」という欲求は、男をここまで燃え上がらせるのか!?と思うほどの熱量だった。気持ちはわからなくない。それが不純で、お金のためなら純粋というのは考えてみたらおかしい。

 一途に「おっぱいが見たい」から頑張る。これほどピュアなことはないのではないかと思う。見るだけでいいのだから。見せる本人も同意している。それが先生という立場だからいけないのか?交換条件だからだめなのか? 「おへそ」だったらよかったのか?

 こんな題材でよく1本の映画を作ったもんだと感心するが、とても楽しい映画であった。そして、自分が中学高校の頃にそんな性的なことに悶々としていたことを思い出してとても懐かしく感じた。

 若いっていいもんだ。

 



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「アイネクライネナハトムジーク」

 伊坂幸太郎原作の短編集の映画化とのこと。原作は読んでいないが、そう知って納得。  前半に幾つかの家族の話がそれぞれ進められて、その人脈が微妙に繋がっている。後半はその10年後ということだが、「あ〜、 …

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家 …

映画「弥生、三月 君を愛した30年」 レンタルDVD

 「いい映画だったよ、観る?」  と妻が借りたDVDを手渡され、ジャンルもあらすじも何も知らないまま鑑賞。  それだけに油断していた。  2020年3月20日公開という最悪のタイミングで、こんなにいい …

映画「カメラを止めるな!」

これも今更ですが、「まだ観ていなかったの?」って言われそう。  2018年に一世風靡した作品です。  正直、とっても面白かったです。もっと早く観ればよかった。  観終わった感想は、「三谷幸喜さんの作品 …

映画「Fukushima50」

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46 …