今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「おっぱいバレー」

投稿日:

 高校に新任の若い女教師(美香子先生)が来た。

 部活も担当することになったが、この学校では有名な馬鹿部と呼ばれている男子バレー部。まったくやる気はないは、バレーボールさえやったことない。そんな部員5人をやる気にさせようとするが、口車にのせられて「試合で勝ったら先生のおっぱいを見せてくれるのなら頑張る」ということに同意してしまう。

 美香子先生は、以前勤めていた学校で、「今度一緒にロックのライブに行こう!」と女子生徒と約束しまったがために校長にそれを追求され「そんな約束はしていない」と裏切り、生徒から総スカンを食らってしまったという過去があった。

 「先生のおっぱいが見たい!」という気持ちひとつで頑張ってきたが、大きな試合の前にそのことが学校側にバレてしまうが、、、、、。

 「おっぱいが見たい」という欲求は、男をここまで燃え上がらせるのか!?と思うほどの熱量だった。気持ちはわからなくない。それが不純で、お金のためなら純粋というのは考えてみたらおかしい。

 一途に「おっぱいが見たい」から頑張る。これほどピュアなことはないのではないかと思う。見るだけでいいのだから。見せる本人も同意している。それが先生という立場だからいけないのか?交換条件だからだめなのか? 「おへそ」だったらよかったのか?

 こんな題材でよく1本の映画を作ったもんだと感心するが、とても楽しい映画であった。そして、自分が中学高校の頃にそんな性的なことに悶々としていたことを思い出してとても懐かしく感じた。

 若いっていいもんだ。

 



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ドロステのはてで僕ら」

「サマータイムマシン・ブルース」などで知られる人気劇団「ヨーロッパ企画」の短編映画「ハウリング」をリブートした劇団初となるオリジナル長編映画。とある雑居ビルの2階。カトウがテレビの中から声がするので画 …

映画「東京公園」

青山真治監督の「サッド ヴァケイション」以来4年ぶりとなる新作。「東京バンドワゴン」でブレイクした小路幸也の小説が原作で、主演の三浦春馬はカメラマン志望の大学生・光司を演じる。公園で家族写真を撮り続け …

映画「竜とそばかすの姫」DVD

「サマーウォーズ」「未来のミライ」の細田守監督が、超巨大インターネット空間の仮想世界を舞台に少女の成長を描いたオリジナル長編アニメーション。高知県の自然豊かな田舎町。17歳の女子高生すずは幼い頃に母を …

映画「マスター・オブ・ユニバース」

 今はガランとした巨大ビルの大きなフロアにて、かつてドイツの投資銀行の第一線で活躍していた銀行マンへのインタビュー形式の映画。大変高評価であったので鑑はじめたものの、最初の30分が過ぎ、40分が過ぎ、 …

映画「博士と彼女のセオリー」

ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えながらも最先端の研究に励み、現代の宇宙論に多大な影響を与える車椅子の天才科学者スティーブン・ホーキング博士の半生と、博士を支え続ける妻ジェーンとの愛情を描き …