今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「おっぱいバレー」

投稿日:

 高校に新任の若い女教師(美香子先生)が来た。

 部活も担当することになったが、この学校では有名な馬鹿部と呼ばれている男子バレー部。まったくやる気はないは、バレーボールさえやったことない。そんな部員5人をやる気にさせようとするが、口車にのせられて「試合で勝ったら先生のおっぱいを見せてくれるのなら頑張る」ということに同意してしまう。

 美香子先生は、以前勤めていた学校で、「今度一緒にロックのライブに行こう!」と女子生徒と約束しまったがために校長にそれを追求され「そんな約束はしていない」と裏切り、生徒から総スカンを食らってしまったという過去があった。

 「先生のおっぱいが見たい!」という気持ちひとつで頑張ってきたが、大きな試合の前にそのことが学校側にバレてしまうが、、、、、。

 「おっぱいが見たい」という欲求は、男をここまで燃え上がらせるのか!?と思うほどの熱量だった。気持ちはわからなくない。それが不純で、お金のためなら純粋というのは考えてみたらおかしい。

 一途に「おっぱいが見たい」から頑張る。これほどピュアなことはないのではないかと思う。見るだけでいいのだから。見せる本人も同意している。それが先生という立場だからいけないのか?交換条件だからだめなのか? 「おへそ」だったらよかったのか?

 こんな題材でよく1本の映画を作ったもんだと感心するが、とても楽しい映画であった。そして、自分が中学高校の頃にそんな性的なことに悶々としていたことを思い出してとても懐かしく感じた。

 若いっていいもんだ。

 



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「マスター・オブ・ユニバース」

 今はガランとした巨大ビルの大きなフロアにて、かつてドイツの投資銀行の第一線で活躍していた銀行マンへのインタビュー形式の映画。大変高評価であったので鑑はじめたものの、最初の30分が過ぎ、40分が過ぎ、 …

映画「嘘八百 京町ロワイヤル」

幻のお宝をめぐり、中井貴一と佐々木蔵之介扮する古物商と陶芸家がだまし合いの大騒動を繰り広げるコメディのシリーズ第2作。大阪・堺で幻の利休の茶器をめぐって大勝負を仕掛けた古物商の則夫と陶芸家の佐輔が、ひ …

映画「あの頃、君を追いかけた。」

地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命 …

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家 …

映画「ロボコップ」

殉職した警官が全身を機械化したロボコップとして甦り、犯罪組織と戦う姿を描いた大ヒットSFアクション。近未来のデトロイト。多発する犯罪に対処するため、警察の経営権は民間の巨大企業オムニ社にたくされ、オム …