今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「おと・な・り」

投稿日:

岡田准一と麻生久美子の主演による、30歳の男女を描いた等身大のラブストーリー。監督は「ニライカナイからの手紙」の熊澤尚人。進むべき道に迷うカメラマンの聡と、フラワーデザイナーを目指しフランス留学を控える七緒は、都会の古アパートに暮らす隣人同士。お互いに顔を合わせたこともなかった2人だが、壁越しに聞こえる生活音で次第に心を通わすようになる。

映画.com

 2009年の映画なので、岡田准一も麻生久美子もお若い。

 古いアパートに隣同士で暮らしているが、生活音だけはよく響いてくるが実際に顔を合わせたことがないと言う関係。

 他人の生活音というのは、大抵の場合「雑音」として聞こえてきてどちらかというと不快な場合が多くイライラすることが多い。この二人もそうなのであるが、うるさいと感じながらもお互いを心配してあげている。

  見知らぬ人が飼っている見知らぬ犬がキャンキャン啼いているとうるさいと感じるが、恋人が可愛がっている愛犬の鳴き声はそれほどうるさいと感じなかったりする。音の出元によってその音にイラつくかそうでないかが決まるところがある。

 そう考えると、この映画の顔を見たことない相手の生活音がそれほど不快に思わないというのは、お互いに「出来るだけ静かにしなくちゃ」という気遣いが感じられるからだと思う。時には大きな音を出してしまう時もあるが、その時に申し訳ないというニュアンスが出せるかどうか。そんな細かいところで人の心は高ぶったり落ち着いたりするものだ。

 気心しれたお隣さんならちょっと一晩賑やかに騒いでも大目に見てくれるが、引っ越して来たその晩に挨拶なしでどんちゃん騒ぎされたらそりゃ文句の一つも言いたくなるところだ。

 そういう意味では、この二人はすこぶる健全でありお互いに気を遣っているのがよくわかるだけに、会ってみたいと思うのだと思う。

 最後も気持ちよくすっきりと終わる。「あ〜、良い映画だったな」って気分になれる。こういう映画を見るとやはり日本映画は良いなと思う。

-映画

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    >気心しれたお隣さんなら
      →湯沸し器交換で、よくわかりました。
       
     

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       ちょっとした音でも気を使いますよね。一軒家に住んでいてもそうですから、マンションはもっと大変でしょうね。湯沸かし器無事交換できてよかったです。(^_^)

  2. アプリ より:

    タイトルの「おと・な・り」はお隣という意味なんですね。
    音なり、も掛けているのかと・・・

    お隣の音、独身のときはマンションに住んでましたが、お隣もたぶん独り者なので、音が気になることはありませんでした。今、実家で父がテレビやラジオの音量が大きいので心配です。一軒家といっても家が接近しているので、父は高齢で耳が聞こえずだし、今さら補聴器もむずかしいかなと。

    こちらの家では、義母が同じようにテレビの音量が大きいです。まあ、家が接近していないので、問題はないのですが。

    犬、最近は家の中の飼い犬ばかりなのか、鳴き声を聞かなくなりました。

    • KURI より:

      アプリさん
      「おと・な・り」はお察しの通りだと思います。
       テレビの音量ですか。確かに音の大きいおうちありますけどあまり気になったことはないかもしれません。
      犬の鳴き声も、いつも吠えてくる犬の声はうるさく感じますが、自分に慣れてくれる犬の鳴き声は気になりません。勝手なもんです。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「人生の特等席」

2008年の監督・主演作「グラン・トリノ」で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに銀幕復帰を果たしたドラマ。大リーグの伝説的なスカウトマンとして知られるガスは、年齢による …

映画「君への誓い」

「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスと「親愛なるきみへ」のチャニング・テイタムが主演するラブストーリー。幸せな新婚生活を送っていたレオとペイジはある日、交通事故に遭い、ペイジが記憶の一部を失っ …

映画「持たざるものが全てを奪う HACKER」

 希望を胸にアメリカに移民した夫婦とまだ小さな息子。住宅ローンを抱えて立派な家を持ったが、父は定職に就けず酒浸り、母はひとりで銀行で働いてどうにか生活していた。息子は母のパソコンがおもちゃで、学生時代 …

映画「はなちゃんのみそ汁」

乳がんを患う千恵(2008年に33歳で死亡)の闘病とその最中に出産した娘のはな、夫の信吾の生活を綴ったブログ『早寝早起き玄米生活(ハンドルネーム:六本松さくら)』の書籍化作品。千恵の死後、西日本新聞社 …

映画「戦場のピアニスト」

  かなり衝撃的だった。  タイトルは知っていたが、あらすじはまったく知らずに鑑賞開始。  2時間半という長い映画であったが、あっという間だった。  第二次世界大戦、ドイツが隣国ポーランドに侵攻しユダ …