今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「おらおらでひとりでいぐも」

投稿日:

 第158回芥川賞と第54回文藝賞をダブル受賞した若竹千佐子のベストセラー小説を「横道世之介」「モリのいる場所」の沖田修一監督が映画化し、昭和・平成・令和を生きるひとりの女性を田中裕子と蒼井優が2人1役で演じた人間ドラマ。75歳の桃子さんは、突然夫に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに。しかし、毎日本を読みあさり46億年の歴史に関するノートを作るうちに、万事に対してその意味を探求するようになる。すると、彼女の“心の声=寂しさたち”が音楽に乗せて内から外へと沸き上がり、桃子さんの孤独な生活は賑やかな毎日へと変わっていく。75歳現在の桃子さんを田中、若き日の桃子さんを蒼井、夫の周造を東出昌大が演じるほか、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎という個性的なキャストが桃子さんの“心の声”たちに扮する。

映画.com

 75歳の桃子さんを演じる田中裕子の魅力全開の映画。蒼井優が若い頃を演じ、ナレーションもやっている演出が素晴らしい。また自分の中にいる心の声=「寂しさ」を演じる3人の男性も楽しい。

 若い頃、この映画を見たならきっとその良さがわからなかっただろうなって思う。今この年齢だからこそしみじみと見られるのだろうなって思った。

 「大抵のことは繰り返すんだな」と亡き祖母に語り、昔のことを謝る。

 それに対して祖母は

 「なんとかなるよ」

 「それなりだぁ〜」と笑う。

 そんなシーンが良かったな。

 自分に子供が出来ると親の気持ちがわかってくる。

 孫が出来ると、親のもっと深いところもわかり、祖父母の気持ちにも触れられた気がした。

 ずっと続いていくこと、繰り返すこと、変化していくこと、自分の一生と考えずに、

 綿々と続いてきたその一瞬に生かされているということ、そんな長い目で見ることが出来る映画だった。

 好きだな、この映画。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「マネーモンスター」

ジョディ・フォスターの4作目となる映画監督作で、ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが「オーシャンズ12」以来11年ぶりに共演を果たしたリアルタイムサスペンス。司会者リー・ゲイツの軽快なトークと財 …

映画「夏への扉」

ロバート・A・ハインラインの名作SF小説「夏への扉」を、「キングダム」の山崎賢人主演により日本で映画化。舞台を日本に移して再構築し、人生のすべてを奪われた科学者が時を超えて未来を取り戻す姿を描く。19 …

映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」 

 フィンランドの首都ヘルシンキで小さな美術店を営む72歳のオラヴィは、顧客リストは手書きで管理、領収書はタイプライターで発行するなど、いまだに古い商いを続けている老美術商。しかし最近はオンラインギャラ …

映画「太平洋ひとりぼっち」

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。  その …

ドラマ「珈琲いかがでしょう」

いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、素敵な移動珈琲屋さん。店主が淹れる珈琲は、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて淹れられ、なんだか気持ちがほんのりほぐれるような、そんな味。そのお店はあ …