今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発」

投稿日:

 第1弾『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』主演中井貴一、第2弾『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』主演三浦友和に続く「RAILWAYS」シリーズ第3弾。

 第3弾の主役はおじさんではなくて、若い女性。有村架純ちゃん。その脇にはしっかり國村隼さんというおじさんも配置してある。

 この定年間近の運転手と、鉄道のことはほぼ知らない若い女性が運転士。

 有村架純は東京で小学生の男の子のいる男性と結婚した。それが鹿児島に住む國村隼の息子。その息子がくも膜下出血で急死してしまう。途方にくれた有村架純は、死んだ夫の実家を頼るために小学生の男の子を連れて鹿児島まで赴く。國村隼は、もうすぐ定年になる地方鉄道の運転士。人手不足のため、まだ働いて欲しい鉄道会社。

 一緒に住まわせて欲しいという有村架純は仕事探し。義父の会社が運転士を募集しているというので応募したら合格して、もう勉強の末にどうにかテスト生にまでなる。

 しかし、テスト運転中に架線に迷い込んだ野生の鹿をはねてしまってパニックを起こす。有村架純は過去にお腹の赤ちゃんを死なせてしまったことがあり、また、夫を突然に失ってしまったこともあったために、それがフラッシュバックしてパニックを起こしてしまう。

 自分は運転士に向いていないのではないかと考える。また夫の子供も学校でいじめられていて、父親の死もまだ受け入れられていない。その男の子に対しても血のつながっていない自分が母親でいいのだろうか?という心配もある。

 そんな葛藤を抱えながらも成長していく若い女性を描いている。

 有村架純ちゃんの清純さは、なんとも心地よく、國村隼さんの実直な運転士の仕事ぶりと共に好感が持てる。

 全体のまとまりもよく、良い映画に仕上がっていてお手頃な佳作になっている。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

映画「イエスタデイ」

2019年の作品。  売れないシンガーソングライターのジャックは、もう長いことパブなどで歌ってきたがそろそろ限界を感じていた。学生時代からの幼なじみのエリーは彼の歌の大ファンでマネージャー兼運転手を買 …

映画「白ゆき姫殺人事件」

 この映画も観たような観ていないようなって気持ちで見始めた。  観ているうちに、やっぱり「観ているわ」って思いつつも、その後の展開がまったく思い出せない。  結局、最後のオチまで観て、「あぁやっぱりこ …

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …

映画「これが私の人生設計」

あらすじ  「天才建築家として国外で成功をおさめた女性セレーナは、故郷が恋しくなりイタリアに帰国する。しかし、イタリアにおける女性の就労状況は厳しく、仕方なくカフェでアルバイトして生計を立てることに。 …