今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「くれなずめ」@ユナイテッド・シネマ

投稿日:

「アズミ・ハルコは行方不明」「君が君で君だ」の松居大悟監督が、自身の体験を基に描いたオリジナルの舞台劇を映画化。高校時代に帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、友人の結婚披露宴で余興をするため5年ぶりに集まった。恥ずかしい余興を披露した後、彼らは披露宴と二次会の間の妙に長い時間を持て余しながら、高校時代の思い出を振り返る。自分たちは今も友だちで、これからもずっとその関係は変わらないと信じる彼らだったが……。6人の仲間のうち、主人公・吉尾和希を成田凌、舞台演出家として活躍する藤田欽一を高良健吾、欽一の劇団に所属する舞台俳優・明石哲也を若葉竜也、後輩で唯一の家庭持ちであるサラリーマン・曽川拓を浜野謙太、同じく後輩で会社員の田島大成を藤原季節、地元のネジ工場で働く水島勇作を目次立樹がそれぞれ演じる。

映画.com

 男子の友情を描いた佳作。

 馬鹿なことばかりやっていた高校時代の6人の仲間たち。それぞれが「あいつはバカだから」「あいつはどうしようもなく情けない」「あいつよりは俺の方がマシ」と言うような間柄なのだが、そんなこと思いながらもその絆は自分でも驚くほど強くて、合わない時間がどれだけ長かろうがその絆は壊れることはない。

 自分にもそんな仲間がいるだけに、「もしもアイツが」と考えただけでどうにも我慢できずに涙が出てきてしまうのだ。

 久しぶりに集まっても、相変わらず馬鹿なことを言い合って、真面目に話なんかしないのに、やることなすこと馬鹿なのにそれでもそれでも掛け替えのない大切な友だちなのだ。

 妻と一緒に劇場で鑑賞して、妻が「面白かったねー」と言ったのに、私は「泣けたわぁ」と。

 妻は「え? どこに泣ける要素があった?」

 そうかぁ、男子の友情というのは女子には理解するのは難しいものなのかなと感じた瞬間だった。

 「男子ってホント馬鹿だよね〜、ハハハ!」と妻。

 確かにそうなのだ。

 これでこそ男の友情なのだと思うのだが、そこには男と女の間に大きな溝があるんだな。

 どっちがいいと言うのではなくて、理解してもらえなくてもいいけど、

 やっぱり男同士っていいなって思える作品だった。

 おすすめ。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「何者」

「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を、佐藤健、有村 …

映画「実りゆく」

 長野県のりんご農家を舞台に、夢を追う息子と父親の絆を描いた青春ドラマ。オフィスクレッシェンド主催の映像コンテスト「第3回未完成映画予告編映画大賞 MI-CAN」で堤幸彦賞とMI-CAN男優賞を受賞し …

映画「アデライン、100年目の恋」

 アデラインと言う主役の女性(ブレイク・ライヴリー)は、ある時に事故に遭い死亡するが、その直後に雷に打たれて高電圧を受けることで、心臓が再び動き出し、また遺伝子に変異が起こり「老化しない」身体になり、 …

映画「愛と情事のあいだ」

  スワッピングというか、夫婦交換の映画。エロティックなシーンを期待して観るとかなり期待外れになるから注意。  心臓外科医男性二人とその奥さんたち。写真の左端と右端が夫婦で、挟まれた二人がもう一組の夫 …

映画「7月4日に生まれて」

アメリカ独立記念日に生まれたれヴェトナム帰還兵の青年が、さまざまな心の葛藤を経て反戦運動に身を投じてゆく姿を実話を基に描くドラマ。ロン・コーヴィックの同名小説を基に製作・監督・脚色は「トーク・レディオ …