今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「さよなら くちびる」

投稿日:

「黄泉がえり」「どろろ」の塩田明彦監督が、小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、居場所を求める若者たちの恋と青春をオリジナル脚本で描いた音楽ロードムービー。インディーズ音楽シーンでにわかに話題を集めただけの2人組女性ユニット「ハルレオ」のハルとレオは、それぞれの道へ進むため解散を決める。2人はサポート役であるローディの青年シマとともに日本縦断の解散ツアーに出るが、レオはシマに、シマはハルに思いを寄せており、ハルもまたレオに友情を越えた感情を抱いていた。複雑な思いを胸に秘めながら、各地でステージを重ねていくハルレオだったが……。レオを小松、ハルを門脇、シマを「愛がなんだ」「ビブリア古書堂の事件手帖」の成田凌が演じる。「ハルレオ」が歌う主題歌プロデュースを秦基博、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんと、それぞれ人気ミュージシャンが楽曲を手がけた。

映画.com

 正直、門脇麦ちゃんと小松菜奈ちゃんの歌はそれほど上手いもんじゃないのだが、なんとも味のあるユニットになっている。いつも側で世話を焼いている成田凌の演技が秀逸で魅せてくれる。

 小松菜奈ちゃんは演技がどんどん上手くなっていく。門脇麦ちゃんは最初から上手いという印象。成田凌くんはどのドラマや映画でもそれぞれの役をうまく演じていてすごいなと感心するばかり。

 この曲は誰が作ったのだろう?と思いながら観ていたが、なるほど「さよなら くちびる」が秦基博で、一番劇中で歌われていた「誰にだって訳がある」があいみょんだったか。どちらもシンプルでいい曲。

 ギターが全く弾けない状態から、「G」と「C」と「Em」を覚えて、そこからメロディーを口ずさんでいくシーンがなかなか好感を持てる。

 「歌わずにいられない」という気持ち。こんな時に「歌わないではいられない」「踊らずにいられる人が信じられない」という人もいる。みんなそれぞれそういう衝動というのがあるのだと思う。

 私は歌は上手に歌えないけど、そんな気持ちの時にはピアノやギターを弾く。そして、歩きに行く。

 何かそうやって吐き出す。「吐き出す」という表現が正しいのかどうか分からないが、どうにもならない心の中のモヤモヤを上手くどうにかして、スッキリしたいという欲求があるのだろうな。その術がある人はその都度それができる。それを仕事にしたらそれはそれで大変だろうけど。

 ある時に、ある感情が爆発して素晴らしいものが出来上がってしまっても、それを仕事として継続して出せるとは限らない。となると、芸術家って落ち着いた日常を過ごしていては何も出てこないんじゃないかと心配してしまう。

 敢えて自分を追い詰めることが人生なんて苦しすぎる。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「熟れた本能」

主演は「フォー・ウェディング」「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、監督は「彼女たちの時間」のカトリーヌ・コルシニ。スザンヌは医者の夫と2人の子供と南仏に暮らす専業主婦。 …

映画「ファーザー」@アレックスシネマ

名優アンソニー・ホプキンスが認知症の父親役を演じ、「羊たちの沈黙」以来、2度目のアカデミー主演男優賞を受賞した人間ドラマ。日本を含め世界30カ国以上で上演された舞台「Le Pere 父」を基に、老いに …

読み返し本と映画「雨月物語」

 新しい出会いを期待して新刊本を探して読むのも楽しいが、昔、夢中になって読んだ本を読み返すのも良いだろうと、断捨離して精鋭だけ残した本棚から数冊取り出してきて久しぶりに開いてみた。  右端の会田雄次著 …

映画「トップガン」

 トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた大ヒットスカイアクション。アメリカ海軍が設立したエリートパイロット養成所「トップガン」にやってきたマーベリックやグースをはじめとするトップクラスの男たちは、 …

映画「のんちゃんのり弁」

子持ちシングルマザーの奮闘を描いた入江喜和のコミックを、「いつか読書する日」の緒形明が映画化。主演は小西真奈美。31歳専業主婦の小巻はだらしない亭主に愛想をつかし、娘ののんちゃんを連れて母親の暮らす京 …