今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「さよなら くちびる」

投稿日:

「黄泉がえり」「どろろ」の塩田明彦監督が、小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、居場所を求める若者たちの恋と青春をオリジナル脚本で描いた音楽ロードムービー。インディーズ音楽シーンでにわかに話題を集めただけの2人組女性ユニット「ハルレオ」のハルとレオは、それぞれの道へ進むため解散を決める。2人はサポート役であるローディの青年シマとともに日本縦断の解散ツアーに出るが、レオはシマに、シマはハルに思いを寄せており、ハルもまたレオに友情を越えた感情を抱いていた。複雑な思いを胸に秘めながら、各地でステージを重ねていくハルレオだったが……。レオを小松、ハルを門脇、シマを「愛がなんだ」「ビブリア古書堂の事件手帖」の成田凌が演じる。「ハルレオ」が歌う主題歌プロデュースを秦基博、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんと、それぞれ人気ミュージシャンが楽曲を手がけた。

映画.com

 正直、門脇麦ちゃんと小松菜奈ちゃんの歌はそれほど上手いもんじゃないのだが、なんとも味のあるユニットになっている。いつも側で世話を焼いている成田凌の演技が秀逸で魅せてくれる。

 小松菜奈ちゃんは演技がどんどん上手くなっていく。門脇麦ちゃんは最初から上手いという印象。成田凌くんはどのドラマや映画でもそれぞれの役をうまく演じていてすごいなと感心するばかり。

 この曲は誰が作ったのだろう?と思いながら観ていたが、なるほど「さよなら くちびる」が秦基博で、一番劇中で歌われていた「誰にだって訳がある」があいみょんだったか。どちらもシンプルでいい曲。

 ギターが全く弾けない状態から、「G」と「C」と「Em」を覚えて、そこからメロディーを口ずさんでいくシーンがなかなか好感を持てる。

 「歌わずにいられない」という気持ち。こんな時に「歌わないではいられない」「踊らずにいられる人が信じられない」という人もいる。みんなそれぞれそういう衝動というのがあるのだと思う。

 私は歌は上手に歌えないけど、そんな気持ちの時にはピアノやギターを弾く。そして、歩きに行く。

 何かそうやって吐き出す。「吐き出す」という表現が正しいのかどうか分からないが、どうにもならない心の中のモヤモヤを上手くどうにかして、スッキリしたいという欲求があるのだろうな。その術がある人はその都度それができる。それを仕事にしたらそれはそれで大変だろうけど。

 ある時に、ある感情が爆発して素晴らしいものが出来上がってしまっても、それを仕事として継続して出せるとは限らない。となると、芸術家って落ち着いた日常を過ごしていては何も出てこないんじゃないかと心配してしまう。

 敢えて自分を追い詰めることが人生なんて苦しすぎる。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「バケモノの子」

「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が同作以来3年ぶりに送り出すオリジナル長編アニメーション。渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、バケモノと少 …

映画「マスター・オブ・ユニバース」

 今はガランとした巨大ビルの大きなフロアにて、かつてドイツの投資銀行の第一線で活躍していた銀行マンへのインタビュー形式の映画。大変高評価であったので鑑はじめたものの、最初の30分が過ぎ、40分が過ぎ、 …

映画「mellow(メロウ)」

「パンとバスと2度目のハツコイ」「愛がなんだ」などで恋愛映画の旗手として注目される今泉力哉監督が、ドラマ「おっさんずラブ」「あなたの番です」などで勢いに乗る田中圭を主演に迎えた恋愛群像劇。独身・彼女な …

アニメ「イヴの時間」

「未来、たぶん日本。”ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」  冒頭に上記の文章が出る。  人間と見かけ状区別がつかない人間型ロボットが家庭に …

映画「大誘拐」

ある夏の日の朝、大阪刑務所に仲間の正義と平太を迎えに行った健次は、二人に誘拐の計画を話す。最初は反対する二人だったが、健次のねらいは紀州一の山林王・柳川とし子刀自。さっそく計画を実行する三人。ところが …