今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

投稿日:

 カナダの女性画家「モード・ルイス」の半生を描いた映画。

 モードは、生まれながらの若年性リウマチを患っており、手足が思うように動かない。背も小さく、歩き方も不自然。そんな見た目のために、小さい頃から奇異な目で見られていた。

 両親を亡くしてからは、叔母の家に預けられていたがよく思ってもらえず、耐えかねてその家を出て、漁師で一人暮らしをする男・エベレットの家に家政婦として住み込みで入る。しかし、その家はポツンとたつ一軒家。4m四方しかない小さな家。1階はワンルームでキッチンとソファと椅子。ロフトが寝室でベッドが一つ。

 エベレットはきつい言葉でモードにあたる。「この家での順番は、俺、犬、鶏、そしてお前だ」。部屋の掃除や食事の支度をやるが、体が思うように動かずなかなかお気に召してもらえない。それでも、エベレットはどこか優しいところもあった。

 少しずつ空いた時間に好きでずっと描いていた絵をはじめてみた。メモ用紙に描いてみたり、壁に描いたり、少しずつ。ある時、魚を売りに行く客宛に渡すメモに絵を描いてみたら、それが少しずつ評判になり、それを売ることができるようになる。

 新聞やテレビにも取り上げられるようになって、絵を買いたいという人も訪れるようになっていく。

 そんな彼女を応援するような、鬱陶しく思うようなエベレット。そんな葛藤がある中でも険しい顔をしつつも深い愛情を見せていくエベレット。

 小さい家で、二人だけで暮らしていく中で、その時はよくわからなかったが、幸せというのはこういうことだったのかと思わされる作品。自分のことと重ねながらじんわりと心温まる映画だった。

 2枚目の写真がモード・ルイスご本人。なんとも愛くるしい姿だ。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「天使がくれた時間」

 ニコラス・ケイジって名前はよく知っているし、顔もすぐに出てくるのに、作品が思い浮かばない。  何に出ていた人だっけ?って出演作品を上からずっと眺めていると、ほとんど見たことなかった。なのにどうしてこ …

映画「解夏」

視力を失う難病に冒された青年と、彼に無償の愛を捧げる恋人の姿を描いたドラマ。監督は「船を降りたら彼女の島」の磯村一路で、さだまさしによる同名小説を基に磯村監督自ら脚色。撮影を「アンテナ」の柴主高秀が担 …

映画「愛唄 ―約束のナクヒト―」

立て続けに青春ラブコメ。コメディーじゃなくて病気系。 恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルは、元バンドマンの旧友・龍也との再会や、運命を変える詩との偶然の出会いを通し、全力で恋と向き合う …

映画「あの頃、君を追いかけた。」

地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命 …

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。  潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の …