今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

投稿日:

 カナダの女性画家「モード・ルイス」の半生を描いた映画。

 モードは、生まれながらの若年性リウマチを患っており、手足が思うように動かない。背も小さく、歩き方も不自然。そんな見た目のために、小さい頃から奇異な目で見られていた。

 両親を亡くしてからは、叔母の家に預けられていたがよく思ってもらえず、耐えかねてその家を出て、漁師で一人暮らしをする男・エベレットの家に家政婦として住み込みで入る。しかし、その家はポツンとたつ一軒家。4m四方しかない小さな家。1階はワンルームでキッチンとソファと椅子。ロフトが寝室でベッドが一つ。

 エベレットはきつい言葉でモードにあたる。「この家での順番は、俺、犬、鶏、そしてお前だ」。部屋の掃除や食事の支度をやるが、体が思うように動かずなかなかお気に召してもらえない。それでも、エベレットはどこか優しいところもあった。

 少しずつ空いた時間に好きでずっと描いていた絵をはじめてみた。メモ用紙に描いてみたり、壁に描いたり、少しずつ。ある時、魚を売りに行く客宛に渡すメモに絵を描いてみたら、それが少しずつ評判になり、それを売ることができるようになる。

 新聞やテレビにも取り上げられるようになって、絵を買いたいという人も訪れるようになっていく。

 そんな彼女を応援するような、鬱陶しく思うようなエベレット。そんな葛藤がある中でも険しい顔をしつつも深い愛情を見せていくエベレット。

 小さい家で、二人だけで暮らしていく中で、その時はよくわからなかったが、幸せというのはこういうことだったのかと思わされる作品。自分のことと重ねながらじんわりと心温まる映画だった。

 2枚目の写真がモード・ルイスご本人。なんとも愛くるしい姿だ。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「一度死んでみた」

大嫌いな父親に「死んでくれ!」と毒づく女子大生と本当に死んでしまった父親が巻き起こす騒動を、広瀬すず主演、堤真一、吉沢亮共演で描くドタバタコメディ。「犬と私の10の約束」「ジャッジ!」で知られる澤本嘉 …

ドラマ「ブラッディ・マンデイ シーズン1&2」

  天才ハッカーである高校生(三浦春馬)がハッキング能力をフルに駆使しながらサードアイという秘密治安機関と協力をして、無差別大量殺人を企てるテロ集団に立ち向かうハードボイルド作品。  もう三浦春馬の魅 …

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされない。そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く …

映画「解夏」

視力を失う難病に冒された青年と、彼に無償の愛を捧げる恋人の姿を描いたドラマ。監督は「船を降りたら彼女の島」の磯村一路で、さだまさしによる同名小説を基に磯村監督自ら脚色。撮影を「アンテナ」の柴主高秀が担 …

映画「屍人荘の殺人」

デビュー作ながら「第18回本格ミステリ大賞」など3つの国内主要ミステリーランキングで1位を獲得した今村昌弘による同名ミステリー小説を神木隆之介、浜辺美波、中村倫也の共演で映画化。ミステリー小説オタクの …