今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「しゃぼん玉」

投稿日:

乃南アサの同名小説の映画化。林遣都と市原悦子。

 犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返すようになった青年・伊豆見。逃亡の末に宮崎県の山深い村にたどり着いた彼は、怪我をした老婆スマを助け、彼女の家に世話になることに。当初は金を盗んで逃げるつもりだったが、スマや村人たちの温かさに触れるうちに、伊豆見は失いかけていた人間性を取り戻していく。そんな中、ある事件をきっかけに10年ぶりに村に帰ってきた美知と知り合った伊豆見は、自分が犯してきた罪の重さを自覚するようになり、人生をやり直すことを決意する。

映画.com

 もう何百年も何も変化なく暮らして来たんじゃなかろうかと思うほどの田舎の山村に、若い犯罪者が迷い込んだ。そこで暮らす老人たちと接するうちに、少しずつささくれた心が癒されていく。

 田舎の村は最初から最後までずっと変わらない。それに比べて迷い込んだ若者はすごい勢いで変化していく。閉鎖的で保守的であるという印象の田舎の小さな村だが、そこには砂漠のような街で荒んだ心になってしまった若者をどのように変化させるのか、それを林遣都が上手に演じている。

 こんなにも人間は変われるものだろうか?小さい頃から染み込んだものは抜き切ることがでいるのだろうか?いささか疑問ではあるが、こうであって欲しいと願う気持ちは強い。

 生まれ育った環境の中で、当たり前に生きてきただけなのに、それが悪人となってしまう不幸。時代が時代なら強く生きられたかもしれないのに、平和な世では犯罪者になってしまう不幸。野生ならすぐに食い殺されてしまっただろうが、今の世なら強くいける。たまたまその環境で生きて、それなりに生きてこれた。これだけでありがたいことだと感じる。

 すべては、たまたま上手くいっているように見えるだけかもしれない。立派な人生なんてない。たまたまそうなっただけ、なのかもしれない。

 頑張って頑張って今の生活を手に入れたと言える人なんてどれだけいるのだろう?



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「いつまた、君と~何日君再来~」

 向井理さんのお祖母さんが書かれた手記を元に、向井理さんが企画して作られた映画。そして、向井理さんが自分の祖父を演じている。 81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・ …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …

映画「ソラニン」

 宮崎あおいが好きで、次々と検索して観ている。  監督は三木孝浩氏で、私の過去に観た好きな作品ばかり。  本田翼の「アオハライド」、  上野樹里の「陽だまり彼女」、  新垣結衣の「唇に歌を」、  土屋 …

映画「3D彼女 リアルガール」

リア充美少女と恋愛経験ゼロのオタク男子の純愛を描いた那波マオ原作の同名人気コミックを、中条あやみ&佐野勇斗主演で実写映画化。ある日、リア充女・五十嵐色葉からなぜか猛烈なアプローチをされたオタク高校生・ …