今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「たそがれ清兵衛」

投稿日:

 自分の別のブログを見たら、2009年に2回目の鑑賞をしていた。おそらく3回目の鑑賞。

 観るごとに違った味わいがある。自分もいろいろなことを経験した蓄積を背負っての鑑賞だから違っても当然かもしれない。

 もう一度観てみたいと思ったのは、岡田准一の「燃えよ剣」の立ち回りの所作を見て真田広之を思い出した。岡田くんの殺陣が美しくて感動したが、真田広之はどうだったかもう一度確認してみたくなったのだ。

 この映画で清兵衛が果し合いをすることになり、その前に棒切れを持ち、それで素振りをするだけでその美しさに惚れた。

 「燃えよ剣」での土方歳三が、長い棒で槍の如く自由自在に振り回すのを観て、美しいと思ったのと同じ感動をした。

 最後の田中泯との殺陣も、とてもリアルでゾッとした。少し触れただけでも鋭く切れる真剣が宙を舞い、お互いに命がけで戦う姿が美しいとは思えない。素振りや基本の所作は美しいが、いざ真剣での戦いとなるとドロドロとして穢れたモノ同士のぶつかり合いという感じ。その対比がうまく描かれているような気がする。

 やはり何度見ても感動できる映画だ。

 また今回3度目を見て、宮沢りえの魅力に取り憑かれた。

 いいなぁ、宮沢りえさん。

 今もYouTubeで「ヨルタモリ」でのバーのママ役の宮沢りえを見ながら酒を飲むのが、幸せ過ぎる。

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「人生の特等席」

2008年の監督・主演作「グラン・トリノ」で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに銀幕復帰を果たしたドラマ。大リーグの伝説的なスカウトマンとして知られるガスは、年齢による …

映画「大誘拐」

ある夏の日の朝、大阪刑務所に仲間の正義と平太を迎えに行った健次は、二人に誘拐の計画を話す。最初は反対する二人だったが、健次のねらいは紀州一の山林王・柳川とし子刀自。さっそく計画を実行する三人。ところが …

ドラマ「人生最高の贈りもの」

 思いかけずの号泣者のドラマを観てしまった。  1時間半ほどのドラマだし、石原さとみと寺尾聰の父娘ということで見始めた。  もうドラマ中盤から泣きっぱなし。  父と娘のドラマはいかん。どうしても現実と …

映画「ショーシャンクの空に(字幕版)」

スティーブン・キングの中編「刑務所のリタ・ヘイワース」をティム・ロビンス&モーガン・フリーマン主演で映画化した人間ドラマ。長年ショーシャンク刑務所に入っている囚人レッド(フリーマン)と無実の罪で収監さ …

映画「フライト・クルー」

大噴火が起こった火山島から飛行機で脱出を図るパイロットの奮闘を描き、ロシアで大ヒットを記録したディザスターパニック大作。とある島で火山の大噴火が発生し、ベテラン機長ジェチェンコと訓練生アレクセイが操縦 …