今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「たそがれ清兵衛」

投稿日:

 自分の別のブログを見たら、2009年に2回目の鑑賞をしていた。おそらく3回目の鑑賞。

 観るごとに違った味わいがある。自分もいろいろなことを経験した蓄積を背負っての鑑賞だから違っても当然かもしれない。

 もう一度観てみたいと思ったのは、岡田准一の「燃えよ剣」の立ち回りの所作を見て真田広之を思い出した。岡田くんの殺陣が美しくて感動したが、真田広之はどうだったかもう一度確認してみたくなったのだ。

 この映画で清兵衛が果し合いをすることになり、その前に棒切れを持ち、それで素振りをするだけでその美しさに惚れた。

 「燃えよ剣」での土方歳三が、長い棒で槍の如く自由自在に振り回すのを観て、美しいと思ったのと同じ感動をした。

 最後の田中泯との殺陣も、とてもリアルでゾッとした。少し触れただけでも鋭く切れる真剣が宙を舞い、お互いに命がけで戦う姿が美しいとは思えない。素振りや基本の所作は美しいが、いざ真剣での戦いとなるとドロドロとして穢れたモノ同士のぶつかり合いという感じ。その対比がうまく描かれているような気がする。

 やはり何度見ても感動できる映画だ。

 また今回3度目を見て、宮沢りえの魅力に取り憑かれた。

 いいなぁ、宮沢りえさん。

 今もYouTubeで「ヨルタモリ」でのバーのママ役の宮沢りえを見ながら酒を飲むのが、幸せ過ぎる。

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「青の炎」

家族の平和を守るために犯罪に走った少年の心理を描く青春サスペンス。監督は「魔性の夏 四谷怪談より」の蜷川幸雄。貴志祐介の同名小説を基に、蜷川監督と宮脇卓也が共同で脚色。撮影を「サトラレ」の藤石修が担当 …

映画「キャラクター」@ユナイテッド・シネマ

菅田将暉と本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演によるダークエンタテインメント。「20世紀少年」など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わっ …

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …

映画「めぐり逢えたら」

1993年公開。 トムハンクスとメグライアンの恋愛映画。  2年前に愛する妻を亡くし次への一歩が踏み出せないままのサム(トムハンクス)は、まだ小さい息子ジョナと暮らしていた。再婚願望はあるがなかなかう …

映画「夏への扉」

ロバート・A・ハインラインの名作SF小説「夏への扉」を、「キングダム」の山崎賢人主演により日本で映画化。舞台を日本に移して再構築し、人生のすべてを奪われた科学者が時を超えて未来を取り戻す姿を描く。19 …