今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「はなちゃんのみそ汁」

投稿日:

乳がんを患う千恵(2008年に33歳で死亡)の闘病とその最中に出産した娘のはな、夫の信吾の生活を綴ったブログ『早寝早起き玄米生活(ハンドルネーム:六本松さくら)』の書籍化作品。千恵の死後、西日本新聞社の記者であった夫・安武信吾への取材に基づき、2009年に朝日新聞に紹介記事が掲載され[1]、その反響を受け文藝春秋より2012年に出版された[2]。千恵の死後も母に教わったみそ汁を作り続ける娘・はなのエピソードを含む。

Wikipedia

  滝藤さんと広末涼子さんの演技力でグイグイ引き込まれる。

  ややストーリーがトントンと早く進みすぎる感じがあるが、そこは二人の演技に集中しているせいかそれほど気にならない。

 実話ということもあって、かなり感情移入してしまう。最後はやっぱり涙。

 33歳という若さで娘と別れる辛さは想像しただけで心が引きちぎられるほどだ。

 その娘のために何を伝えるか。それが毎日の味噌汁作りというところが私も同感。

 しっかりと食べること。何事もそこが基本というのもわかる。

 野菜とたくさん入った味噌汁だけ飲んでいれば、とりあえず大丈夫。

 私もそう思う。

 短い人生の中で、たくさんのことが凝縮している。人生は長ければいいというものでもない。

 昨日は、女優さんの自死のニュース。今年の初めに出産されたばかりという。人それぞれ色々な事情があり、まだ生きたいと思う人、もう生きたくないと思う人。その時その場所に立ってみないとわからないことばかりなので何がいいのか悪いのかもわからない。

 ただみんなみんな精一杯頑張っているのだ。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「オケ老人!」

 連日の映画評。  今回は「オケ老人!』  梅ヶ岡高校に赴任した若い数学教師の千鶴(杏)は、地元のアマチュアオーケストラの演奏を聴きにいき、その演奏にとても感動する。自身もバイオリンをやっているのでぜ …

映画「九月の恋と出会うまで」

 高橋一生くんと川口春奈ちゃんのちょっと切ないラブストーリー。  あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする …

映画「ミックス」

以前から観たいみたいと思ってなかなか観られず、やっと観られた映画。  卓球の映画は窪塚洋介氏の「ピンポン」が大好きで何回もリピートして観た。これはなかなか傑作だった。  この「ミックス」は、なんと言っ …

映画「天使がくれた時間」

 ニコラス・ケイジって名前はよく知っているし、顔もすぐに出てくるのに、作品が思い浮かばない。  何に出ていた人だっけ?って出演作品を上からずっと眺めていると、ほとんど見たことなかった。なのにどうしてこ …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …