今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ひるなかの流星」

投稿日:

女子中高生の「初恋のバイブル」として人気のやまもり三香による少女コミックを、永野芽郁主演で実写映画化。両親の海外転勤をきっかけに、田舎暮らしから一転し、東京で暮らすこととなった高校1年生の与謝野すずめ。すずめが生まれて初めて恋をしたのは、困った時にいつもすずめを助けてくれる担任の獅子尾だった。そんな獅子尾も、すずめの純真な姿に惹かれながらも、教師という立場から自分の気持ちに素直になれないでいた。クラスメイトの馬村は、すずめの獅子尾への思いを知りながらも、次第にすずめへ思いを募らせる。徐々にクラスになじんでいくすずめだったが、クラス一の美女・ゆゆかが馬村を慕う気持ちに気がついてしまい……。主人公すずめ役を永野が演じるほか、獅子尾役を三浦翔平、馬村役を白濱亜嵐、ゆゆか役を山本舞香がそれぞれ演じる。監督は「四月は君の嘘」の新城毅彦。

映画.com

 主役の永野芽郁ちゃんは、朝ドラファンの私としてはよく知っている女優さん。この映画でもほぼ似たキャラクターを演じている。しかも役名まで一緒の「すずめ」ちゃん。

 山の中のど田舎で生まれ育ったすずめは、父親の海外転勤によって母までも付いていくことになり、すずめは東京の叔父のところに住むことになった。

 叔父の家が分からず迷っているところに突然イケメン(三浦翔平)が登場して助けてくれて叔父の家まで運んでくれる。

 新しい高校に通い始めると、隣の席がこれまたイケメンで奥手な男の子(白濱亜嵐)。そして、担任の先生がイケメンの三浦翔太だった。

 担任の先生に恋してしまうすずめだが、隣の男の子からは恋されてしまう。そんな三角関係を描いていく。

 すずめちゃんが、朝ドラ「半分、青い」のすずめちゃんにしか見えないし、いつもの驚く顔もそのもの。それが永野芽郁ちゃんらしくてとても可愛いのだが、他の顔も見てみたいというのは贅沢か。

 時代劇のようなお決まりの役の人も出てきて、イベントもあって、ど定番の構成でハッピーエンドで終わる安定したラブコメ。

 それがありきたりでつまらないという人は見ない方がいいと思うが、好きな人にはたまらない作品。

 永野芽郁ちゃんはやっぱり可愛い。そして、三浦翔平のかっこよさよ。そうか、この人が桐谷美玲さんと結婚したのか。なるほどなるほど。

 白濱亜嵐さんは知らなかったが、EXILEの人なのですね。ダンスは披露してなかったけど、カッコ良い青年でした。

 思っていたよりも面白い映画。

 

 



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …

ドラマ「パンとスープとネコ日和」

 小林聡美主演の「かもめ食堂」と似た雰囲気の、私の大好物な食べ物に関する全4回のドラマ。今回はAmazonプライムでの鑑賞。  母と二人暮らしで、雑誌編集の会社に勤務する中年女性アキコ。職場ではベテラ …

映画「世界でいちばん長い写真」

 内気でいつも自身のない男子校生(高杉真宇)が、改造された大版パノラマ写真機を手に入れたことから少しずつ前向きに積極的になっていく気持ちの良い青春ドラマ。  最初の数分間、結婚式の新婦控室で、新婦と主 …

映画「ディープ・インパクト」

 先日、大きな火球があちこちで目撃され、そして鮮明に撮影もされた。  燃え尽きるときは満月ほどの明るさになったという。  あれだけの大きな火球であっても、大気圏に突入したものの大きさはゴルフボールほど …

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間 (字幕版)

 イギリスでの60分のテレビ映画。  先日鑑賞した映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と、この映画で、リーマンショックの仕組みがなんとなく見えてきた。  あんなに賢い人たちが、こんな杜撰なことをし …