今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

投稿日:

 また観てしまった。

 「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。

 昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかっているからだ。

 もう娘たちも知っている。「お父さんは、この『ぼく明日』と『風が強く吹いている』それと『キサラギ』は大好きだもんね」って。「確かに面白いけど、そんな何回も観るほどなの?」とも。

 何回観てもその都度いい大人が大粒の涙を流しているのだ。

 何か自分と重ねてしまうところがあるのだろうと思うけど、それがどこなのかよくわからない。きっとこの先も、何十回、何百回と観るかもしれない。それくらい好き。

 こんな内容のブログを以前にも書いた。あっちのブログだったかな?こっちのブログだったか?それとも日記だったか?観るたびにどこかに書いている。

 どうしてこんなにも涙が出るのだろう?

 よくわからない。とりあえず今回はここに書いておく。

 きっとまた観て、同じような文章を書き残すのだろう。レビューでもなんでもない文章を。それでいいんだ。

 もう何回目かもわからない。

 これを観た人が「別にそれほどでも」と思っても何も否定しない。自分にとっての1本。ただそれだけ。

 出会えてよかった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「半世界」

 これほど画面から目が離せなかった映画もなかった。  ハラハラドキドキじゃなくて、「マラソン中継を見始めたらトイレにも行けずに最後までずっと見ちゃった」に近いかもしれない。  脚本が素晴らしいのか、役 …

ドラマ・映画「深夜食堂」

 Amazonプライムで初めて観て、夢中になった作品。  こんなお店をやりたいなぁって思っていたそんなお店を描いた作品。  お店のメニューは、豚汁定食とお酒しかないけど、作れるもんなら作るよっていうス …

映画「ロッキー2」

前作で、フィラデルフィアのチンピラから、世界ヘビー級タイトル・マッチで、アメリカ中のヒーローとなったロッキーが、結婚、ジュニアの誕生などをへて、苦悩しながらも人間的に成長していく姿を描く。製作はアーウ …

映画「硫黄島からの手紙」

クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。アメリカ側から硫黄島を描いた「父親たちの星条旗」と対をなす本作は、硫黄島の戦 …

WOWOWドラマ「下町ロケット」全5話

池井戸潤原作の直木賞受賞作を三上博史主演でテレビドラマ化。町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業と大企業の熱き戦いを描いた新時代の社会派ヒューマンドラマ。佃航平は、宇宙ロケットの打ち上げ失敗の責 …