今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「アイネクライネナハトムジーク」

投稿日:

 伊坂幸太郎原作の短編集の映画化とのこと。原作は読んでいないが、そう知って納得。

 前半に幾つかの家族の話がそれぞれ進められて、その人脈が微妙に繋がっている。後半はその10年後ということだが、「あ〜、この子があの時の子供か」という照合作業で頭がやや混乱するが、それでもよく出来た映画だと思った。

 日常の何気ない部分を三浦春馬が本当に上手に演じている。それに尽きる映画だなとしみじみ感じた。

 激しく泣いたり、笑ったり、叫んだりという演技はわかりやすくていいが、そうでな微妙な感情を表現する演技というのは難しいと思う。それをちょっとした表情、指先の動きなどでうまく表現しているところがすごい。

 亡くなってしまってからは敢えて選んで三浦春馬君の映画を見せてもらっているが、どの作品でもその演技力に魅せられる。本当に惜しい人を失ってしまったものだ。

 サブタイトルの「あの時、あの場所で出会ったのが君で本当によかった」。

 人生はそんな偶然でガラリと変わってくる。「たまたま」なのか「必然」なのか分からないが、「たまたま」が2回続けば「これは運命か?」と感じたりもする。そんな「錯覚」や「思い込み」で運命は変わってしまうもの。

 人のそういう感情は不思議なものだなってつくづく感じる。人と人の出会いもそんな感じ。そんな出会いで結ばれて、その出会いと結果を「あれでよかった」と自分で認めていく。「それでいいのだ」と肯定する。

 多分、それでいいのだ。

 そう思わせてくれる素敵な映画だった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「スタートアップ・ガールズ」

「ちはやふる」「君の名は。」の上白石萌音と「神さまの言うとおり」の山崎紘菜という東宝シンデレラオーディション出身の2人がダブル主演を務め、新規事業の立ち上げや企業を意味する「スタートアップ」をテーマに …

映画「九月の恋と出会うまで」

 高橋一生くんと川口春奈ちゃんのちょっと切ないラブストーリー。  あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする …

映画「フューリー」

ブラッド・ピットの主演・製作総指揮で、第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍部隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマ。「エンド・オブ・ウォッチ」のデビッド・エアー …

映画「ホテル・ムンバイ」

2008年のインド・ムンバイ同時多発テロでテロリストに占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの人質脱出劇を、「LION ライオン 25年目のただいま」「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル主演で …

「株価暴落」「7つの会議」「ノーサイド・ゲーム」

どれも池井戸潤氏の原作。 ドラマ「株価暴落」  久しぶりの織田裕二さん。そして、石黒賢さんとのコンビ。織田さんのへの字の口と強い目力はなかなか他にはない。そして、近頃悪役が板についてきた高嶋政伸さんの …