今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「アイネクライネナハトムジーク」

投稿日:

 伊坂幸太郎原作の短編集の映画化とのこと。原作は読んでいないが、そう知って納得。

 前半に幾つかの家族の話がそれぞれ進められて、その人脈が微妙に繋がっている。後半はその10年後ということだが、「あ〜、この子があの時の子供か」という照合作業で頭がやや混乱するが、それでもよく出来た映画だと思った。

 日常の何気ない部分を三浦春馬が本当に上手に演じている。それに尽きる映画だなとしみじみ感じた。

 激しく泣いたり、笑ったり、叫んだりという演技はわかりやすくていいが、そうでな微妙な感情を表現する演技というのは難しいと思う。それをちょっとした表情、指先の動きなどでうまく表現しているところがすごい。

 亡くなってしまってからは敢えて選んで三浦春馬君の映画を見せてもらっているが、どの作品でもその演技力に魅せられる。本当に惜しい人を失ってしまったものだ。

 サブタイトルの「あの時、あの場所で出会ったのが君で本当によかった」。

 人生はそんな偶然でガラリと変わってくる。「たまたま」なのか「必然」なのか分からないが、「たまたま」が2回続けば「これは運命か?」と感じたりもする。そんな「錯覚」や「思い込み」で運命は変わってしまうもの。

 人のそういう感情は不思議なものだなってつくづく感じる。人と人の出会いもそんな感じ。そんな出会いで結ばれて、その出会いと結果を「あれでよかった」と自分で認めていく。「それでいいのだ」と肯定する。

 多分、それでいいのだ。

 そう思わせてくれる素敵な映画だった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「あの頃、君を追いかけた。」

地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命 …

映画「空飛ぶタイヤ」

テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名ベストセラー小説を、長瀬智也主演で新たに映画化。ある日トラックの事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社社長、赤松徳郎が警察から聞かされたのは、走 …

映画「ムーンライトシャドウ」

吉本ばなな初期の名作「ムーンライト・シャドウ」を、小松菜奈主演で映画化したラブストーリー。さつきと等は導かれるように出会い、恋に落ちる。等の3歳年下の柊と、柊の恋人ゆみこをあわせた4人は意気投合し、多 …

映画「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」

山下智久と新垣結衣らの共演で、リアルな医療・災害・事故現場の描写や主人公たちの成長と絆の人間模様を描き、2008年7月の放送以来、連続ドラマ3シリーズ、スペシャル版1作品が放送された人気テレビドラマを …

映画「フライト・クルー」

大噴火が起こった火山島から飛行機で脱出を図るパイロットの奮闘を描き、ロシアで大ヒットを記録したディザスターパニック大作。とある島で火山の大噴火が発生し、ベテラン機長ジェチェンコと訓練生アレクセイが操縦 …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲