今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「アイネクライネナハトムジーク」

投稿日:

 伊坂幸太郎原作の短編集の映画化とのこと。原作は読んでいないが、そう知って納得。

 前半に幾つかの家族の話がそれぞれ進められて、その人脈が微妙に繋がっている。後半はその10年後ということだが、「あ〜、この子があの時の子供か」という照合作業で頭がやや混乱するが、それでもよく出来た映画だと思った。

 日常の何気ない部分を三浦春馬が本当に上手に演じている。それに尽きる映画だなとしみじみ感じた。

 激しく泣いたり、笑ったり、叫んだりという演技はわかりやすくていいが、そうでな微妙な感情を表現する演技というのは難しいと思う。それをちょっとした表情、指先の動きなどでうまく表現しているところがすごい。

 亡くなってしまってからは敢えて選んで三浦春馬君の映画を見せてもらっているが、どの作品でもその演技力に魅せられる。本当に惜しい人を失ってしまったものだ。

 サブタイトルの「あの時、あの場所で出会ったのが君で本当によかった」。

 人生はそんな偶然でガラリと変わってくる。「たまたま」なのか「必然」なのか分からないが、「たまたま」が2回続けば「これは運命か?」と感じたりもする。そんな「錯覚」や「思い込み」で運命は変わってしまうもの。

 人のそういう感情は不思議なものだなってつくづく感じる。人と人の出会いもそんな感じ。そんな出会いで結ばれて、その出会いと結果を「あれでよかった」と自分で認めていく。「それでいいのだ」と肯定する。

 多分、それでいいのだ。

 そう思わせてくれる素敵な映画だった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「糸」2回目

 昨年の8月の観たばかりだが、もうAmazonプライムビデオに登場。  このお二人のご結婚ということもあり、もう一度鑑賞。  「溺れるナイフ」も良かったけど、これもやっぱりラブコメの王道だ。 人と人は …

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。  潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の …

映画「運び屋」

巨匠クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた …

映画「太平洋ひとりぼっち」

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。  その …

映画「10万分の1」

「GENERATIONS from EXILE TRIBE」「EXILE」の白濱亜嵐と「ReLIFE リライフ」の平祐奈がダブル主演を務め、宮坂香帆の人気少女漫画を実写映画化。10万分の1の確率でしか …