今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「アデライン、100年目の恋」

投稿日:

 アデラインと言う主役の女性(ブレイク・ライヴリー)は、ある時に事故に遭い死亡するが、その直後に雷に打たれて高電圧を受けることで、心臓が再び動き出し、また遺伝子に変異が起こり「老化しない」身体になり、29歳の肉体で生き続けることになった。

 老化しないことで周囲から不審に思われ、その地域で暮らしていけなくなるので、引越しをしたり、名前を変え生き続ける。

 恋をしても相手と共に年老いていくことができないために、二人での将来がないと思ってしまう。

 しかし、目の前に現れた魅力的な男性。徐々にその男性に惹かれるが、その男性は以前若い頃に付き合ったことのある男性の息子だった。すでに老いている男性の父親(ハリソン・フォード)に出会うと、昔の若い姿のままのアデラインに驚くが、とっさにアデラインは、「アデラインの娘です」と嘘をついてその場を取り繕うが、疑念は増すばかりになる。

 

 全体的な脚本はやや退屈気味ではあるが、ブレイク・ライヴリーの美しさに見惚れてしまって目が離せない。そして後半から出てくる彼の父親役のハリソン・フォードの演技に目が釘付けとなる。

 特にブレイク・ライヴリーの表情、仕草、話し方、スタイルの良さは、男性ではもう虜になりそうなくらい。それだけに、その彼女が好きになってしまう男性の魅力が今ひとつ感じられないのが残念。

 この男性のどこがいいのだろう?と思いつつ見ていると、その男性の実家に行って両親に彼女を紹介する。そこで出てくる父親役のハリソン・フォード。この人が出てくると、その物足りなさが一変する。

 映画全体がどっしりとした落ち着きが出てきて、話に集中できるようになる。ブレイク・ライヴリーよりもハリソン・フォードの方ばかり見るようになってしまうくらいだから不思議だ。

 この二人の俳優さんの魅力が詰まっているが、ストーリーや演出にはもうひと工夫欲しかった感じ。

 



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「今日も嫌がらせ弁当」

上の画像がすべての内容なのだが、 それなのに最後の30分は泣きっぱなしだった。  この映画は何と言っても「芳根京子」。この女優さんを最初に見たのは朝ドラの「べっぴんさん」。その前にも「花子とアン」で出 …

映画「これが私の人生設計」

あらすじ  「天才建築家として国外で成功をおさめた女性セレーナは、故郷が恋しくなりイタリアに帰国する。しかし、イタリアにおける女性の就労状況は厳しく、仕方なくカフェでアルバイトして生計を立てることに。 …

映画「はなちゃんのみそ汁」

乳がんを患う千恵(2008年に33歳で死亡)の闘病とその最中に出産した娘のはな、夫の信吾の生活を綴ったブログ『早寝早起き玄米生活(ハンドルネーム:六本松さくら)』の書籍化作品。千恵の死後、西日本新聞社 …

映画「世界でいちばん長い写真」

 内気でいつも自身のない男子校生(高杉真宇)が、改造された大版パノラマ写真機を手に入れたことから少しずつ前向きに積極的になっていく気持ちの良い青春ドラマ。  最初の数分間、結婚式の新婦控室で、新婦と主 …

映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

 カナダの女性画家「モード・ルイス」の半生を描いた映画。  モードは、生まれながらの若年性リウマチを患っており、手足が思うように動かない。背も小さく、歩き方も不自然。そんな見た目のために、小さい頃から …