今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「アデライン、100年目の恋」

投稿日:

 アデラインと言う主役の女性(ブレイク・ライヴリー)は、ある時に事故に遭い死亡するが、その直後に雷に打たれて高電圧を受けることで、心臓が再び動き出し、また遺伝子に変異が起こり「老化しない」身体になり、29歳の肉体で生き続けることになった。

 老化しないことで周囲から不審に思われ、その地域で暮らしていけなくなるので、引越しをしたり、名前を変え生き続ける。

 恋をしても相手と共に年老いていくことができないために、二人での将来がないと思ってしまう。

 しかし、目の前に現れた魅力的な男性。徐々にその男性に惹かれるが、その男性は以前若い頃に付き合ったことのある男性の息子だった。すでに老いている男性の父親(ハリソン・フォード)に出会うと、昔の若い姿のままのアデラインに驚くが、とっさにアデラインは、「アデラインの娘です」と嘘をついてその場を取り繕うが、疑念は増すばかりになる。

 

 全体的な脚本はやや退屈気味ではあるが、ブレイク・ライヴリーの美しさに見惚れてしまって目が離せない。そして後半から出てくる彼の父親役のハリソン・フォードの演技に目が釘付けとなる。

 特にブレイク・ライヴリーの表情、仕草、話し方、スタイルの良さは、男性ではもう虜になりそうなくらい。それだけに、その彼女が好きになってしまう男性の魅力が今ひとつ感じられないのが残念。

 この男性のどこがいいのだろう?と思いつつ見ていると、その男性の実家に行って両親に彼女を紹介する。そこで出てくる父親役のハリソン・フォード。この人が出てくると、その物足りなさが一変する。

 映画全体がどっしりとした落ち着きが出てきて、話に集中できるようになる。ブレイク・ライヴリーよりもハリソン・フォードの方ばかり見るようになってしまうくらいだから不思議だ。

 この二人の俳優さんの魅力が詰まっているが、ストーリーや演出にはもうひと工夫欲しかった感じ。

 



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「感染列島」@Amazonプライム

 一応観ておこうかなという気持ちで鑑賞。  ちゃんとエンターテインメントになっているし、パンデミックとはこういう感じになるという目安にはなっているような気がする。  「ちょっと大袈裟じゃない?」という …

映画「アイネクライネナハトムジーク」

 伊坂幸太郎原作の短編集の映画化とのこと。原作は読んでいないが、そう知って納得。  前半に幾つかの家族の話がそれぞれ進められて、その人脈が微妙に繋がっている。後半はその10年後ということだが、「あ〜、 …

映画「ショーシャンクの空に(字幕版)」

スティーブン・キングの中編「刑務所のリタ・ヘイワース」をティム・ロビンス&モーガン・フリーマン主演で映画化した人間ドラマ。長年ショーシャンク刑務所に入っている囚人レッド(フリーマン)と無実の罪で収監さ …

映画「mellow(メロウ)」

「パンとバスと2度目のハツコイ」「愛がなんだ」などで恋愛映画の旗手として注目される今泉力哉監督が、ドラマ「おっさんずラブ」「あなたの番です」などで勢いに乗る田中圭を主演に迎えた恋愛群像劇。独身・彼女な …

映画「好きっていいなよ。」

友人も恋人も作らずに生きてきた16歳の女子高生・橘めいは、ある日、学校一のイケメン・黒沢大和に過ってケガをさせてしまう。しかし、大和はめいを気に入り一方的に友だち宣言した上、ピンチから救うためにキスを …