今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」

投稿日:

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、ずっと恋人ができずにいた。21歳の誕生日に、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父親から知らされたティムは、恋人を得るためタイムトラベルを繰り返すようになり、やがて魅力的な女性メアリーと出会う。しかし、タイムトラベルが引き起こした不運によって、その出会いがなかったことになってしまい、再び時間をやり直したティムはなんとか彼女の愛を勝ち取るが……。主人公ティム役は「ハリー・ポッターと死の秘宝」「アンナ・カレーニナ」のドーナル・グリーソン、ヒロインのメアリー役にレイチェル・マクアダムス、ティムの父親役にビル・ナイ。

映画.com

 タイムトラベルが出来る自分に自信のないコミュ障の青年ティム。

 小さな失敗をしても、すぐに失敗する前に戻ってやり直しをする。そして、上手くいくというのを繰り返す。もっと完璧に上手くいくようにと何度も繰り返す。

 そうやって恋人も手に入れて、子供もできて幸せな暮らしを手に入れた。しかし、過去に戻ったことで変化してしまうものもある。

 自分の子供が生まれる前にまで戻ってしまうと、元の時代に戻った時に違う子供になっていたりしまう。今まで可愛く育てた子が違う子になっていたりする。だからもう戻れないという時代が出来てしまう。

 愛する父親が死ぬことになっても、いつでも元気に生きている父に会いに行けたが、自分の子供が生まれる前には戻れなくなったらもう生きている父には会えなくなる。

 少しずつティムはタイムトラベルをしないようになり、現実を素直に受け入れるようになり、それが幸せだと感じるようになっていく。

 元々タイムトラベルが出来なくて当たり前の人が、時間をかけ色々体験して受け入れていくことを、タイムトラベルを通してわかりやすくそのことを理解させようとしていく映画ではあるが、この映画の主役の男性とその恋人役の女性がとてもキュートで愛すべき存在。映画の内容というより、恋人役の笑顔を見ているだけで幸せになる映画。

 途中少し中弛みというか退屈になりそうな時もあるが、それでも最後までしっかり2時間楽しめた。

 先日鑑賞した映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の中で、映画ファンの男の子が好きな女の子に勧める映画だったので観てみた。その通り、素敵な映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …

映画「太平洋ひとりぼっち」

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。  その …

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされない。そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く …

映画「あの頃、君を追いかけた。」

地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命 …

映画「しゃぼん玉」

乃南アサの同名小説の映画化。林遣都と市原悦子。  犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通 …