今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」

投稿日:

最初が映画館で。DVDを借りて2回観て、そして今回Amazonプライムで4回目。

どうしてそんなに観たくなるのか、自分でもよくわからない。

なんとも言えないラストのもの哀しさが、切なさがいいのかなぁ。うまく言えないけどまた観たくなる。

知らない場所で生活を始めた時の不安さ、

最初に話しかけてくれた人の温かさ、

生まれて初めて目に入ったものを親だと思う生き物のように、

みんな心細さと不安を抱えている。

おそらくそんなところに共感しているのかもしれない。

自分の言葉が通じないと言う不安、

よそ者であると言う感覚、

そう言う目で見られること。

あの独特の視線というのは恐怖でさえある。

「外国人」ということであればさぞ不安なことだろう。

こうやって文章を書きながら、

そうか自分と重ねているのかと思い始めていた。

きっとまた観てしまうのだろうな。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「メランコリック」

深夜に殺人が行われる銭湯を舞台に、ひょんなことから人生が大きく動き出してしまう人々の人間模様を、サプライズ満載の変幻自在なストーリー展開で描いたサスペンスコメディ。名門大学を卒業後、アルバイトを転々と …

アニメ「イヴの時間」

「未来、たぶん日本。”ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」  冒頭に上記の文章が出る。  人間と見かけ状区別がつかない人間型ロボットが家庭に …

映画「人生の特等席」

2008年の監督・主演作「グラン・トリノ」で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに銀幕復帰を果たしたドラマ。大リーグの伝説的なスカウトマンとして知られるガスは、年齢による …

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家 …

映画「世界でいちばん長い写真」

 内気でいつも自身のない男子校生(高杉真宇)が、改造された大版パノラマ写真機を手に入れたことから少しずつ前向きに積極的になっていく気持ちの良い青春ドラマ。  最初の数分間、結婚式の新婦控室で、新婦と主 …