今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」

投稿日:

最初が映画館で。DVDを借りて2回観て、そして今回Amazonプライムで4回目。

どうしてそんなに観たくなるのか、自分でもよくわからない。

なんとも言えないラストのもの哀しさが、切なさがいいのかなぁ。うまく言えないけどまた観たくなる。

知らない場所で生活を始めた時の不安さ、

最初に話しかけてくれた人の温かさ、

生まれて初めて目に入ったものを親だと思う生き物のように、

みんな心細さと不安を抱えている。

おそらくそんなところに共感しているのかもしれない。

自分の言葉が通じないと言う不安、

よそ者であると言う感覚、

そう言う目で見られること。

あの独特の視線というのは恐怖でさえある。

「外国人」ということであればさぞ不安なことだろう。

こうやって文章を書きながら、

そうか自分と重ねているのかと思い始めていた。

きっとまた観てしまうのだろうな。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「八日目の蝉」

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐し …

映画「マネーモンスター」

ジョディ・フォスターの4作目となる映画監督作で、ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが「オーシャンズ12」以来11年ぶりに共演を果たしたリアルタイムサスペンス。司会者リー・ゲイツの軽快なトークと財 …

映画「百円の恋」

松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督のメガホンで映画化。不器用で …

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …

映画「ハゲタカ」

2007年に放送され、企業買収という斬新なテーマを扱い話題となったNHKドラマの映画化。徹底した合理主義で多くの企業の買収を成功させてきた敏腕ファンドマネージャーの鷲津は、日本の閉鎖的なマーケットに絶 …