今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「アメリカン スナイパー」

投稿日:

「ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、イラク戦争の際、その狙撃の腕前で多くの仲間を救い、「レジェンド」の異名をとる。しかし、同時にその存在は敵にも広く知られることとなり、クリスの首には懸賞金がかけられ、命を狙われる。数多くの敵兵の命を奪いながらも、遠く離れたアメリカにいる妻子に対して、良き夫であり良き父でありたいと願うクリスは、そのジレンマに苦しみながら、2003年から09年の間に4度にわたるイラク遠征を経験。過酷な戦場を生き延び妻子のもとへ帰還した後も、ぬぐえない心の傷に苦しむことになる。イーストウッド監督とは初タッグのブラッドリー・クーパーが、主演兼プロデューサーを務めた。

映画.com

 ある意味アメリカンヒーローの話なのだろう。

 アメリカ人として、国を守るため、国民を守るため、仲間を守るため、家族を守るため。そのために敵を殺し続ける。自分が敵を殺したことでたくさんのアメリカ兵が救われた。それを信念として頑張ってきたが、妻には「もう行かないで、そばにいて!」と言われる。それを振り切って4回に渡ってイラクへと赴きスナイパーとして、特殊部隊として働く。

 そして、敵のスナイパー(元オリンピック射撃選手)に仲間がたくさんやられたことで、その復讐にも燃える。しかし、やられた仲間も「もう復讐などいい」と言いつつも、主人公の「必ず仇はうつからな!」という意思に押されて「頼む」と言わざるを得なくなる。

 そんな強い父親であり続けること、アメリカは常に強くなくてはいけない。やられたらやり返す。目には目を。そんなことを自分に言い聞かせながら走り続ける。そんな悲哀が見え隠れする映画だった。

 かっこいい!というアメリカの男性像を描いたというより、それにこだわり抜いた悲哀を描いた作品に思えた。



-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    やり残したことを最後までってのがアメリカナイヅなんでしょうねぇ
    ご苦労様でしたと言いつつ5回以上は観てるかなw

    • KURI より:

      Akiさん
       「フューリー」の10回以上と、この5回以上、戦争映画はなんとも言えない気持ち良さがあるのでしょうね。私も戦争映画を1本見ると、また次も観たくなる傾向にありますが、どの部分が快感なのか自分でもよくわからないです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」

 昔、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」を読んだ。何度も何度も読み返した記憶がある。ヒトラーの狂気とその時代の空気とたくさんの不運な出来事があのような地獄を作り出してしまった。  実際のヒトラーを見たことは …

映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

イギリス史上初の女性首相で、その強硬な性格と政治方針から「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャーの半生をメリル・ストリープ主演で描いたドラマ。父の影響で政治家を志すようになったマーガレットは197 …

映画「1944 独ソ・エストニア戦線」

ドイツ武装親衛隊に属する、エストニア人のカール・タミクの両親と妹は、ソ連赤軍によって極寒のシベリアに追放された。1940年から始まったソ連による弾圧は、多くのエストニア人が悪評高きナチス・ドイツに身を …

映画「一度も撃ってません」

 「半世界」「エルネスト」の阪本順治監督、「野獣死すべし」「探偵物語」の丸山昇一脚本によるハードボイルドコメディ。18年ぶりの映画主演となる石橋蓮司が、冴えない小説家と伝説の殺し屋という2つの顔をもつ …

映画「大誘拐」

ある夏の日の朝、大阪刑務所に仲間の正義と平太を迎えに行った健次は、二人に誘拐の計画を話す。最初は反対する二人だったが、健次のねらいは紀州一の山林王・柳川とし子刀自。さっそく計画を実行する三人。ところが …