今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「イエスタデイ」

投稿日:

2019年の作品。

 売れないシンガーソングライターのジャックは、もう長いことパブなどで歌ってきたがそろそろ限界を感じていた。学生時代からの幼なじみのエリーは彼の歌の大ファンでマネージャー兼運転手を買って出てずっと一緒に活動してきた。

 しかし、このままでは先も知れているし、そろそろ見切りをつけて周りにも歌は止めると宣言したその夜に、全世界的な大停電が起こる。ほんの12秒間だけの停電。

 急に暗くなったために、自転車に乗っていたジャックは車にぶつかり顔面を道路にぶつけて前歯も2本折れて笑える顔になった状態で、入院先の病院で目が覚める。

 退院祝いに友人が集まってくれて、その時に事故で壊れたギターの代わりに新しいギターをプレゼントしてくれた。「何か弾いてよ」というリクエストにオリジナル曲ではなくビートルズの「イエスタデイ」を弾き語る。

 「素晴らしい曲だわ! なんていう曲なの?」「え?」

 停電の後の世界には、ビートルズは存在していなかった。

 それから、ビートルズのヒットナンバーを歌うことによってジャックは一躍有名になっていく。あれよあれよという間に全米トップに躍り出る勢い。

 世界中の人が、ビートルズの曲を知らない。それを歌うジャックは次から次へと名曲を作り上げる天才となった。しかし、本人はずっと盗作で金を稼いでいるという後ろめたさを抱えることになる。そして、何よりずっと側で励ましてくれたエリーを失ったことが一番辛かった。

 後半、ジョンレノンと出逢うことになる。その世界でのジョンは歌手ではなく船乗りだった。本人は存在するがビートルズで歌っていない。そこでこの世界がパラレルワールドだとわかる。

 ジョンから素晴らしい言葉を受け取る。

「幸せになるためには、有名になる必要はない。
幸せに生きるには、愛するひとに愛を伝え、うそをつかないことだ。」

 この言葉に、ジョンは目が覚めた。ある大きなライブのラストに、全てを語る。

 いい映画でした。

 主人公がビートルズを歌うのだけど、当然その世界には楽譜も歌詞もない。自分の記憶だけで歌うから、コード進行も歌詞も微妙に違っている。そんなところも面白い。「歌詞はどうだったっけかなぁ?」と試行錯誤しているシーンも多い。

 ビートルズの曲を歌うシーンでは、歌詞も字幕で出てくるのでストーリーと合わせて選曲しているのがわかる。ここでその曲とはなかなかナイス!というのが多い。その点ではアバの曲が次から次へと流れる「マンマ・ミーア」という映画にも通じる。

 ジョンからのメッセージも、思い出したのは玉置浩二さんの曲「しあわせのランプ」という曲。

 「しあわせになるために、生まれてきたんだから、好きな人と一緒にいなさい。大切なことなんて、わかってくるんだから好きなことをやっていきなさい。」

 という大好きな歌詞。

幼なじみのエリーがかわいい。どこかで見たなぁって思ったら、ディズニー映画の「シンデレラ」のシンデレラ役に抜擢されたリリー・ジェームズだった。どうりで美しいはずだ。

 この世界では、ビートルズだけでなく、ハリーポッターも、コカコーラもなかった。ヒット商品というのが偶然から生まれたということ。人生何がどう転ぶかわからない。しあわせはいつも隣にあるけど、いつまでもそこにいてくれるとは限らない。

 やはりしあわせはそれに気づくかどうかということなのかもしれない。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「天使がくれた時間」

 ニコラス・ケイジって名前はよく知っているし、顔もすぐに出てくるのに、作品が思い浮かばない。  何に出ていた人だっけ?って出演作品を上からずっと眺めていると、ほとんど見たことなかった。なのにどうしてこ …

映画「青の炎」

家族の平和を守るために犯罪に走った少年の心理を描く青春サスペンス。監督は「魔性の夏 四谷怪談より」の蜷川幸雄。貴志祐介の同名小説を基に、蜷川監督と宮脇卓也が共同で脚色。撮影を「サトラレ」の藤石修が担当 …

映画「望み」

堤幸彦監督と堤真一が初タッグを組み、雫井脩介の同名ベストセラー小説を映画化したサスペンスドラマ。一級建築士の石川一登と校正者の妻・貴代美は、高校生の息子・規士や中学生の娘・雅とともに、スタイリッシュな …

映画「東京公園」

青山真治監督の「サッド ヴァケイション」以来4年ぶりとなる新作。「東京バンドワゴン」でブレイクした小路幸也の小説が原作で、主演の三浦春馬はカメラマン志望の大学生・光司を演じる。公園で家族写真を撮り続け …

映画「Fukushima50」

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46 …