今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「イミテーション・ゲーム」

投稿日:

「SHERLOCK シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチ主演で、第2次世界大戦時、ドイツ軍が世界に誇った暗号機エニグマによる暗号の解読に成功し、連合国軍に勝機をもたらしたイギリスの数学者アラン・チューリングの人生を描いたドラマ。第87回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞など計8部門でノミネートされ、脚色賞を受賞した。1939年、第2次世界大戦が始まり、イギリスはドイツに宣戦を布告。ケンブリッジ大学の特別研究員で、27歳にして天才数学者と称えられるアラン・チューリングは英国政府の秘密作戦に参加し、ドイツ軍が誇る暗号エニグマの解読に挑むことになる。解読チームには6人の精鋭が集められるが、他人と協調することを嫌うチューリングとチームメンバーとの間には溝が深まっていく。チューリングを理解し、支える女性ジョーン・クラークにキーラ・ナイトレイ。監督は、「ヘッドハンター」で注目を集めたノルウェーのモルテン・ティルドゥム。

映画.com

 面白い映画だった。

 いつの時代もどこにでも天才と呼ばれる生まれつき頭脳明晰な人が生まれてくるもので、それが第二次世界大戦中のドイツと戦っているイギリスに生まれ、ドイツの高性能暗号機である「エニグマ」を解読する理論を解明しそのための演算機を作ってしまう。そして戦争が終わる。

 天才は周りから異端視され、妬まれ、虐められる。コミュニケーション能力にも劣り、誤解を招く傾向にある。それにもめげずに「謎を解明したい」という欲には勝てず、ひたすら研究を続ける。

 性的対象も男性であるところもその当時のイギリスでは禍した。研究ではあれだけの結果を出したにもかかわらず、当時の法律では同性愛は犯罪であったために、懲役か強制的なホルモン剤治療。

 そして最後は悲しい結果になるが、成果は成果として後に認められ、作り上げた演算機もその後進化して現在のコンピューターというものになっている。

 戦争は悲しい出来事である。しかし、その背景での技術の発展により恩恵を受ける部分もあるのも確かな事。だからと言って戦争が有意義だとは間違っても言えないが、どのような側面から見るかによって物事というのは様々な面を見せるということは間違いないようだ。

 そして、その一面だけを取り上げて語ることの危険性もはらんでいるということだ。

 この映画は、何回も観ることでもっともっとその真意を自分なりに突き詰められそうな映画のような気がする。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、 …

映画「解夏」

視力を失う難病に冒された青年と、彼に無償の愛を捧げる恋人の姿を描いたドラマ。監督は「船を降りたら彼女の島」の磯村一路で、さだまさしによる同名小説を基に磯村監督自ら脚色。撮影を「アンテナ」の柴主高秀が担 …

映画「好きだ、」

「ソラニン」に続いての宮崎あおいの作品。  もう宮崎あおいちゃん大好き。  高校時代のカップルを宮崎あおいと瑛太が演じていて、その17年後に再開した時は、永作博美と西島秀俊が演じる。  高校時代に河原 …

映画「ロボコップ」

殉職した警官が全身を機械化したロボコップとして甦り、犯罪組織と戦う姿を描いた大ヒットSFアクション。近未来のデトロイト。多発する犯罪に対処するため、警察の経営権は民間の巨大企業オムニ社にたくされ、オム …

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家 …