今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「イミテーション・ゲーム」

投稿日:

「SHERLOCK シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチ主演で、第2次世界大戦時、ドイツ軍が世界に誇った暗号機エニグマによる暗号の解読に成功し、連合国軍に勝機をもたらしたイギリスの数学者アラン・チューリングの人生を描いたドラマ。第87回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞など計8部門でノミネートされ、脚色賞を受賞した。1939年、第2次世界大戦が始まり、イギリスはドイツに宣戦を布告。ケンブリッジ大学の特別研究員で、27歳にして天才数学者と称えられるアラン・チューリングは英国政府の秘密作戦に参加し、ドイツ軍が誇る暗号エニグマの解読に挑むことになる。解読チームには6人の精鋭が集められるが、他人と協調することを嫌うチューリングとチームメンバーとの間には溝が深まっていく。チューリングを理解し、支える女性ジョーン・クラークにキーラ・ナイトレイ。監督は、「ヘッドハンター」で注目を集めたノルウェーのモルテン・ティルドゥム。

映画.com

 面白い映画だった。

 いつの時代もどこにでも天才と呼ばれる生まれつき頭脳明晰な人が生まれてくるもので、それが第二次世界大戦中のドイツと戦っているイギリスに生まれ、ドイツの高性能暗号機である「エニグマ」を解読する理論を解明しそのための演算機を作ってしまう。そして戦争が終わる。

 天才は周りから異端視され、妬まれ、虐められる。コミュニケーション能力にも劣り、誤解を招く傾向にある。それにもめげずに「謎を解明したい」という欲には勝てず、ひたすら研究を続ける。

 性的対象も男性であるところもその当時のイギリスでは禍した。研究ではあれだけの結果を出したにもかかわらず、当時の法律では同性愛は犯罪であったために、懲役か強制的なホルモン剤治療。

 そして最後は悲しい結果になるが、成果は成果として後に認められ、作り上げた演算機もその後進化して現在のコンピューターというものになっている。

 戦争は悲しい出来事である。しかし、その背景での技術の発展により恩恵を受ける部分もあるのも確かな事。だからと言って戦争が有意義だとは間違っても言えないが、どのような側面から見るかによって物事というのは様々な面を見せるということは間違いないようだ。

 そして、その一面だけを取り上げて語ることの危険性もはらんでいるということだ。

 この映画は、何回も観ることでもっともっとその真意を自分なりに突き詰められそうな映画のような気がする。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「バケモノの子」

「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が同作以来3年ぶりに送り出すオリジナル長編アニメーション。渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、バケモノと少 …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。  潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の …

映画「真夏の方程式」

東野圭吾原作、福山雅治が天才物理学者・湯川学を演じる人気シリーズの劇場版第2作。子ども嫌いで有名な湯川が、10歳の少年・恭平と海辺の町で夏を過ごすことになり、事件に巻き込まれていく姿を描く。手つかずの …

ドラマ「ハッピー・リタイアメント」

 原作は、あの浅田次郎氏。  ドタバタな楽しいドラマ。  2時間枠だが、映画とは明らかに違う雰囲気。  とにかくノリが軽くて気軽に見られて、飽きずに楽しい。 財務省。 イヤなキャリア公務員の上司(八嶋 …