今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「インターステラー」

投稿日:

「2時間49分もあったのか!?」

 と思うほど、あっという間だった。

 ハラハラドキドキであり、人生について考えさせられたり、哲学的な要素も多く、物理学的にも腕を組んで唸ってしまう。

 主役のマシュー・マコノヒーは格好よく、アン・ハサウエイは素敵だった。

 大抵、長い映画だと前置きが退屈だったり、盛り上がりが中折れしてしまったり、最後が中途半端だったりすることが多いが、これはなかなかの作品。

 途中でトイレに行くのも惜しいほど、集中して観られた。

 あらすじを一言で説明するのは難しいので、リンクを貼っておくのでこちらを読んでみてください。

インターステラー

 伏線は色々張られていて、ちゃんとそれも最後には回収してくれる。

 相対性理論とかの宇宙物理学の難しいところはよくわからないが、それがわからなくても大丈夫なようになっている。

 「ここでの1時間は地球での23年に相当する」なんてこともあったり、もう絶対に地球には帰れそうもないのに最後は・・・・。

 言いたいけど言えないことがいっぱいで何も書けなくなっちゃうが、とにかく面白かった。こういうの大好物です。

 ワープするときの映像もなかなかうまくできているし、視覚効果や脚本や演出など、どれも問題ないというか最高。

 長いけど、もう一度みたい映画でした。

 今回はAmazonプライムでの鑑賞。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …

映画「RISE UP」

ライズアップは、「立ち上がる」という意味だろうか。   石川県「獅子吼高原(ししくこうげん)」でパラグライダーに励む高校生「航(わたる)」=林遣都くんは、今日も悪友のひろやと一緒だ。  ある時ふたりは …

映画「オケ老人!」

 連日の映画評。  今回は「オケ老人!』  梅ヶ岡高校に赴任した若い数学教師の千鶴(杏)は、地元のアマチュアオーケストラの演奏を聴きにいき、その演奏にとても感動する。自身もバイオリンをやっているのでぜ …

映画「カメラを止めるな!」

これも今更ですが、「まだ観ていなかったの?」って言われそう。  2018年に一世風靡した作品です。  正直、とっても面白かったです。もっと早く観ればよかった。  観終わった感想は、「三谷幸喜さんの作品 …