今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「インターステラー」

投稿日:

「2時間49分もあったのか!?」

 と思うほど、あっという間だった。

 ハラハラドキドキであり、人生について考えさせられたり、哲学的な要素も多く、物理学的にも腕を組んで唸ってしまう。

 主役のマシュー・マコノヒーは格好よく、アン・ハサウエイは素敵だった。

 大抵、長い映画だと前置きが退屈だったり、盛り上がりが中折れしてしまったり、最後が中途半端だったりすることが多いが、これはなかなかの作品。

 途中でトイレに行くのも惜しいほど、集中して観られた。

 あらすじを一言で説明するのは難しいので、リンクを貼っておくのでこちらを読んでみてください。

インターステラー

 伏線は色々張られていて、ちゃんとそれも最後には回収してくれる。

 相対性理論とかの宇宙物理学の難しいところはよくわからないが、それがわからなくても大丈夫なようになっている。

 「ここでの1時間は地球での23年に相当する」なんてこともあったり、もう絶対に地球には帰れそうもないのに最後は・・・・。

 言いたいけど言えないことがいっぱいで何も書けなくなっちゃうが、とにかく面白かった。こういうの大好物です。

 ワープするときの映像もなかなかうまくできているし、視覚効果や脚本や演出など、どれも問題ないというか最高。

 長いけど、もう一度みたい映画でした。

 今回はAmazonプライムでの鑑賞。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「教誨師」

2018年2月に急逝した俳優・大杉漣の最後の主演作にして初プロデュース作で、6人の死刑囚と対話する教誨師の男を主人公に描いた人間ドラマ。受刑者の道徳心の育成や心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く …

映画「愚行録」

    直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。  ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材 …

映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、 …

映画「青空エール」

三木孝浩監督作品。土屋太鳳ちゃんと竹内涼真くん。  野球と吹奏楽の名門・白翔高校に入学した小野つばさは、野球部のトロフィーを眺めていた野球部員の山田大介と出会う。吹奏楽部に憧れるつばさは、「甲子園で戦 …

映画「響 -HIBIKI-」

これが映画初出演となる「欅坂46」の平手友梨奈主演で、文芸の世界を舞台に15歳の天才女子高生小説家を主人公にした柳本光晴の人気漫画「響 小説家になる方法」を映画化。出版不況が叫ばれる文芸界。文芸雑誌「 …