今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「インディジョーンズ 最後の聖戦」

投稿日:

 スティーブン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス製作総指揮、ハリソン・フォード主演によるアドベンチャー映画の金字塔「インディ・ジョーンズ」のシリーズ第3作。1938年。考古学者インディは富豪ドノヴァンから、キリストの血を受けた聖杯の捜索を依頼される。最初は渋っていたインディだったが、行方不明になったという前任者が自分の父ヘンリーだと知り引き受けることに。ベネチアで父の同僚シュナイダー博士と合流したインディは、父から託された聖杯日誌を頼りに、聖杯の在り処を示す手掛かりをつかむが……。インディの父ヘンリーを名優ショーン・コネリー、少年時代のインディをリバー・フェニックスが演じた。第62回アカデミー賞で音響効果賞を受賞。

映画.com

 インディ・ジョーンズシリーズ第3作目。今回はインディのお父さんヘンリー(ショーン・コネリー)登場。この映画の見どころは、アクション格闘派のインディと、おっとりとした文系な父とのコミカルなやりとり。

 多くの父親と息子がそうであるように、お互いにある程度年齢を重ねると何を話していいのかわからなくなり、なかなか子供の頃一緒に遊んだ時のような関係には戻れない。まして、子供の頃に父親に遊んでもらった記憶があまりない関係であったならなおさらである。

 そんな二人が命懸けの大冒険をして、父が息子を心配し、息子が父を必死に守るというところにちょっとジーンとしてしまう。

 1作目2作目で出演していたパット・ローチやロナルド・レイシーも、また違うキャラで出演しているのがわかった時は、なんだかうれしい。

 若き日のインディを演じているのが、早逝したリバー・フェニックス。つくづく惜しいな思う。

同シリーズも3作目。好みもあるだろうが、どの作品もハズレなしなところがすごいと思う。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …

映画「マトリックスレボリューションズ」

人気SFアクション「マトリックス」シリーズ3部作の完結編。ソースに達して精神と身体が分離した状態になったネオは、メロビンジアンの忠実なしもべであるトレインマンが支配する空間に閉じ込められていたが、モー …

映画「たそがれ清兵衛」

 自分の別のブログを見たら、2009年に2回目の鑑賞をしていた。おそらく3回目の鑑賞。  観るごとに違った味わいがある。自分もいろいろなことを経験した蓄積を背負っての鑑賞だから違っても当然かもしれない …

ドラマ「カルテット」

 あらすじ  ある日、“偶然”出会った男女4人。夢が叶わないまま、人生のピークにたどり着くことなく緩やかな下り坂の前で立ち止まっている者たちだ。そんな4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を送ること …

映画「閉鎖病棟 それぞれの朝」

 山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生のベストセラー小説「閉鎖病棟」を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督・脚本で映画化。長野県のとある精神科病院にいる、それぞれの過去を背負った患者たち。母親や妻を殺害した罪で …

PREV
雨宿り
NEXT
お膳