今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」

投稿日:

89年のシリーズ第3作「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」以来19年ぶりの続編となる今回は、米ソ冷戦下の1957年を舞台に、南米アマゾンの山奥に眠る秘宝クリスタル・スカルを巡って、考古学者インディ(ハリソン・フォード)とソ連の精鋭部隊が争奪戦を繰り広げる。製作総指揮ジョージ・ルーカス、製作フランク・マーシャル、監督スピルバーグ、音楽ジョン・ウィリアムズはシリーズ前3作と同じ。脚本は「宇宙戦争」のデビッド・コープ。

映画.com

 インディジョーンズ4作目。3作目から19年経過しているので、さすがにハリソンフォードも老けてきた。それでもアクションは衰え見せず、体を張って頑張っている姿に勇気をもらえる。

 前作がショーン・コネリーとの父と子の話だったが、今回はインディの息子が登場。しかも、母親は1作目に登場したマリオン。そのマリオンもちょっとふっくらとして登場するのが懐かしい。

 話の展開はいつも通りであって、ここまで連作しているとその先はきっとこうなって最後はこうやって終わるだろうなって期待してしまう。そして、その期待通りの結果になって、あー最高だった、やっぱりインディジョーンズシリーズは面白いね、となるすごい映画に仕上がっている。

 それを相変わらずのワンパターンな展開と思われる人には辛いだろうが、ワンパターンの典型的な日本の時代劇のように、最後に勧善懲悪にならないパターンの時代劇はやっぱりスッキリしない。

 今回も例外でなく、スリル満点のハラハラドキドキを繰り返した息をもつかせぬジェットコースタームービの果てに、勧善懲悪のすっきりとしたエンディングが待っている。

 何回見ても最高です。今更ながら映像と音楽とのタイミングが素晴らしく、往年のディズニー映画のように音楽そのものが効果音にもなっているような見事なテンポの良さ。

 5作目もすでに完成しているとのこと。公開が今から楽しみで仕方ない。

 今回の4作目は、改めて見てみて、後半の遺跡でのシーンはゼルダの伝説と雰囲気が似ていて驚いた。どっちが先なんだろう?って調べたほどだった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「キャラクター」2回目

菅田将暉と本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演によるダークエンタテインメント。「20世紀少年」など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わっ …

映画「アイネクライネナハトムジーク」

 伊坂幸太郎原作の短編集の映画化とのこと。原作は読んでいないが、そう知って納得。  前半に幾つかの家族の話がそれぞれ進められて、その人脈が微妙に繋がっている。後半はその10年後ということだが、「あ〜、 …

映画「チームバチスタの栄光」

第4回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた現役医師・海堂尊のベストセラー小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化。難易度の高い心臓手術を連続26回成功させた医師集団“チーム・バチ …

映画「Love Letter 」

「Undo」「花とアリス」の岩井俊二監督の長編第1作。事故で婚約者の樹を亡くした博子は、国道になってしまったという彼が昔住んでいた住所に届くはずのない手紙を出した。しかしその手紙は、婚約者と同姓同名の …

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …