今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「エンド・オブ・キングダム」

投稿日:

 米大統領専属シークレットサービスとテロリストとの激しい攻防を、ジェラルド・バトラー主演で描いたアクションサスペンス「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。物語の舞台を前作の米ホワイトハウスから、イギリスの首都ロンドンへと移し、テロリズムとの新たな戦いが描かれる。ホワイトハウス陥落の悪夢から2年。イギリスの首相が不可解な死を遂げ、ロンドンで行われる葬儀に各国首脳が出席することに。しかし、史上まれにみる厳戒態勢の中でも各国首脳を狙った同時多発テロが起こってしまう。米大統領と身辺を警護するシークレットサービスは、命からがらに危機から脱するのだが……。

映画.com

「エンド・オブ〜」シリーズの2作目。1作目はホワイトハウスが舞台だったが、今回はイギリス。イギリス首相が不可解な死を遂げて、その国葬がロンドンで行われることになった。各国首脳が参列することになるが、急なことなのでなかなか警備体制が整わず、自分の国の首脳は自分の国でどうにか守ってくれみたいな状態。一度は参列を取りやめようということにもなったが、参列することになる。前回の主役もそこに同行する。

 国葬開始前に同時多発テロが起こってしまう。各国首脳が次々と糾弾にやられていく中で、アメリカ大統領と、大統領を警護するシークレットサービスがどうにか逃げ果せたもののしつこくしつこく終われる。

 テロリストの目標は、アメリカ大統領を処刑するところを全世界に生配信すること。どうにか主役のマイクは大統領を守り通すが、終盤は大統領を奪われてしまう。いざ、処刑する直前までになるが・・・。

 こういうシリーズものの2作目は失敗するケースが多いが、こちらは今回も十分楽しめた。今回もたくさんの人が殺され、死体の山を築いていく。見ている方もそれが麻痺してしまうくらい、銃で殺されていく。完全にプロの無双ゲームの見ているような感じ。それでもそれを面白いと思って見てしまうのが自分でも怖いくらい。

 さて、次は3作目をみようと思っている。そして、4作目も現在制作中とのことだ。

 こういう映画を見ると、今度我が国で行われる国葬もさぞ警備が大変だろうなと心配になってしまう。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    ェラルド・バトラー主演作品はそこそこ楽しめるのが多いよね。
    モーガン・フリーマンはそこいらじゅうに出てるので、怪しい作品も多いけど・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      ジェラルド・バトラーの作品は、潜水艦の「ハンターキラー」を観ましたが、面白かったです。他の作品も観てみます。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「散り椿」

 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保1 …

映画「ちょっと思い出しただけ」

 「バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画をつくったら」「くれなずめ」など意欲的な作品を手がけ続けている松居大悟監督のオリジナル脚本を、池松壮亮と伊藤沙莉の主演で映画化。ロックバンド「クリープ …

映画「世界でいちばん長い写真」

 内気でいつも自身のない男子校生(高杉真宇)が、改造された大版パノラマ写真機を手に入れたことから少しずつ前向きに積極的になっていく気持ちの良い青春ドラマ。  最初の数分間、結婚式の新婦控室で、新婦と主 …

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」で人気の漫画家・咲坂伊緒による人気青春恋愛コミックを浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二のキャストで実写映画化。恋愛には積極的で社交的だが不器用な性格の朱里。夢見 …

映画「教誨師」

2018年2月に急逝した俳優・大杉漣の最後の主演作にして初プロデュース作で、6人の死刑囚と対話する教誨師の男を主人公に描いた人間ドラマ。受刑者の道徳心の育成や心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲