今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「エンド・オブ・ステイツ」

投稿日:

「エンド・オブ・ホワイトハウス」「エンド・オブ・キングダム」に続き、ジェラルド・バトラーがアメリカ大統領専属シークレットサービスのマイク・バニングを演じる人気アクションシリーズ第3弾。世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレットサービスのマイク・バニングは英雄として名を馳せ、副大統領から大統領となったトランブルからの信頼も絶大だった。しかし、歴戦の負傷によって肉体がむしばまれ、近頃は引退も考えるようになっていた。そんなある日、休暇中のトランブル大統領が大量のドローンによって襲撃される事件が発生。マイクが容疑者としてFBIに拘束されてしまう。隙をついて逃げ出したマイクは、何者かが仕組んだ陰謀を暴くため奔走するが……。主人公マイク役のバトラーのほか、トランブル大統領役もシリーズおなじみのモーガン・フリーマンが演じる。

映画.com

「エンド・オブ・シリーズ」の3作目。1作目はホワイトハウスが占拠され、2作目はイギリスでの国葬でロンドンが舞台。この3作目は、大統領(モーガン・フリーマン)が郊外で釣りをやっている時に、大量のドローンによって攻撃を受け、多くの犠牲者が出る。

 その無人ドローンの攻撃の恐ろしいこと。たくさんのコウモリや鳥の群れのようなドローンが、爆弾を積んで攻撃してくる。これからの戦争はこんな感じなのか?と思わされる。先日、ジュラシックワールドを観て、翼竜プテラノドンが人間を襲うシーンがあったが、それに近い、いやそれ以上の恐怖を感じた。

 戦争において前線で戦う兵隊の半数は自国の人間ではなく、国を守ろうという気持ちではなく金で動いているという現実。その兵を養成する民間会社。戦争をすることで儲けようとする人たち。戦争とは一般の国民がイメージしているようなものではないのかもしれない。

 現在、リアルタイムで進行しているウクライナの戦闘も、もしかすると自分たちが想像している人ではない人たちが戦い、報道されている理由とは違う理由で物事が進行しているのかもしれない。もう何が何だかわからない。

 この映画のモーガン・フリーマンが妙に老けて見えたが、彼も今年で85歳。

 映画の最後にG20のシーンが映され、そこにアメリカ大統領としてモーガン・フリーマンが登場していたが、そのほかの各国首脳陣は実際の首脳たちで、メルケル、プーチンなどが並び、中央付近に安倍首相が映っていたのを見て、とても切ない気持ちになった。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    アーロン・エッカートが出ないのは大統領を引退したからなのね

    • KURI より:

      Akiさん
      >大統領を引退したからなのね
       私もそう認識しています。モーガン・フリーマンがやたらと老けて見えましたが、年齢考えたら年相応なんでしょうね。それにしてもあの歳でよく働くなぁと感心するばかり。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「Closed Note クローズド ノート」

人気ミステリー作家・雫井脩介による恋愛小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。教育大に通う香恵は、引越先のアパートで前の住人が忘れていったノートを発見する。それは小学校の女性教師・伊吹 …

映画「フルメタル・ジャケット」

原作はグスタフ・ハスフォードの処女小説「短期応召兵(ザ・ショート・タイマーズ)」。米海兵隊3092小隊の新兵たちはいじめ、侮辱が横行する環境下、過酷な訓練を強いられる。人を殺すことを教え込まれ、人間性 …

映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、 …

映画「幸せなひとりぼっち」

 孤独な老人が隣人一家との触れあいを通して再生していく姿を描いたスウェーデン発のヒューマンドラマ。世界的ベストセラーとなったフレドリック・バックマンの同名小説を映画化し、スウェーデンで大ヒットを記録し …

映画「空母いぶき」

 先に13巻の原作漫画を読んでから、期待して映画を観た。  映画館で1回目の鑑賞。Amazonプライムで2回目の鑑賞。  正直、原作はかなり面白くてのめり込んで読んでしまった。珍しく全13巻購入して数 …