今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」

投稿日:

ジェラルド・バトラーが製作・主演を務め、モーガン・フリーマン、アーロン・エッカート、メリッサ・レオら豪華キャスト共演で描くアクションサスペンス。アメリカ独立記念日の翌日となる7月5日、綿密に練られたテロ計画によりホワイトハウスが襲撃、占拠される前代未聞の事態が発生。大統領を人質にとったアジア人テロリストは、日本海域からの米軍第7艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求する。誰もが手をこまねくなか、かつて大統領専属のシークレットサービスとして活躍していたマイケルが、難攻不落の要塞と化したホワイトハウスへの潜入に成功。大統領救出に向けて動き出すが……。「トレーニング デイ」「ザ・シューター 極大射程」のアントワン・フークワ監督がメガホンをとった。

映画.com

 「エンド・オブ〜」シリーズの第1作目。

 ホワイトハウスが緻密なテロ計画によってほんの13分間で占拠されてしまう。そこへ大統領専属の警護官が一人でホワイトハウスに乗り込み、大勢のテロリストと対峙する。

 無双ゲームのようにバタバタと人が殺されていく。とにかくあっさりと銃で頭を打ち抜かれていく。そんなサバイバルゲームを楽しむかのような映画なのだが、ついつい引き込まれてしまう。

 主役のジェラルド・バトラーが圧倒的に強い。雨のように降る弾幕の中でも一発も当たらず、10人くらいのプロのテロリストに囲まれても、奇跡的に全員を倒してしまう。そんな爽快感というか、切り抜けられたことの気持ちよさというのが病みつきになる。

 こんなのあるわけない!と思いつつ、いや、あるかもしれない。この主人公がいたら大丈夫!というように感じさせられちゃうようになる。

 テンポも良くて、まったく飽きることなく、ずっと画面に釘付けの状態でラストまで突っ走る。

プロ急に上手なゲーマーの映像を見ているような、そんな気持ちよさと快感のある映画だった。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    過日亡くなったビル・パクストンほどじゃないけど、アーロン・エッカートもバットマンでの悪役から恋愛モノまで多々出てますね、共に変装が上手です。

    • KURI より:

      Akiさん
       ビル・パクストンを調べてみたら、確かにあれもこれもとたくさん出演していたのですねぇ。亡くなられたのですか。残念。
      アーロンエッカートもどこかで見たことある人だなぁと思っていましたが、見事なくらい色々なところで出ていますねぇ。洋画ではあまりそういう目で見たことなかったので、面白いです。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。  潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の …

映画「13デイズ」

 1962年10月16日、米軍の偵察機がキューバに建設中のミサイル基地を発見した。しかも、この基地には核弾頭が持ち込まれているという。もしそれが事実であれば、アメリカ本土が核の危機にさらされることにな …

映画「さよならまでの30分」

「ちはやふる」の新田真剣佑と、バンド「DISH//」でミュージシャンとしても活躍する「君の膵臓をたべたい」の北村匠海のダブル主演による、オリジナルの音楽青春映画。バンド「ECHOLL」がメジャーデビュ …

WOWOWドラマ「希望ヶ丘の人びと」

 全5話のうち4話までAmazonプライムにて見終わったところで、まさかの期限切れ。最終回は予告編だけという収まりの悪さだが、ここまでいい感じだった。予告編を見る限りでも、予想通りの展開で終わっていそ …

映画「イーディ、83歳 はじめての山登り」

夫や子どもに人生を捧げてきた83歳の主婦が、長年の自分の夢をかなえるべくスコットランドの山を目指す姿を描いたヒューマンドラマ。ロンドンで暮らすイーディは30年間にわたって夫の介護を続けてきたが、娘には …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲