今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「キャラクター」@ユナイテッド・シネマ

投稿日:

菅田将暉と本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演によるダークエンタテインメント。「20世紀少年」など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わってきた長崎尚志によるオリジナル脚本を、「世界から猫が消えたなら」「帝一の國」の永井聡監督のメガホンにより映画化。漫画家として売れることを夢見て、アシスタント生活を送る山城圭吾。ある日、一家殺人事件とその犯人を目撃してしまった山城は、警察の取り調べに「犯人の顔は見ていない」と嘘をつき、自分だけが知っている犯人をキャラクターにサスペンス漫画「34」を描き始める。お人好しな性格の山城に欠けていた本物の悪を描いた漫画は大ヒットし、山城は一躍売れっ子漫画家の道を歩んでいく。そんな中、「34」で描かれた物語を模した事件が次々と発生する。主人公・山城役を菅田、殺人鬼・両角役をFukaseがそれぞれ演じる。

映画.com

 期待して観に行ったが、その期待以上の作品だった。

 先が読めない。読めそうで読めない。犯人はわかっているのだが、ストーリーがどのように展開していくのかがわからない。それがドキドキする。

 そのドキドキを菅田将暉の絶妙な演技と共に、シンクロさせながら話が進む。

 犯人であるFukaseくんも独特の演技で絶妙。これは本人が上手いのと、キャスティングが上手いのと色々と融合して素晴らしい化学反応を起こした感じだ。

 小栗旬は好きな俳優なのだが、いつも「もうちょっとこうなんとか・・」っていうもどかしさを感じることが多かったのだが、この映画に関しては「うん、小栗旬らしい良さが出ている」って感じた。

 劇中の漫画も迫力満点だし、ラフデッサンも素晴らしい。

 菅田将暉がアナログで描くシーンも、デジタルで描くシーンもとてもリアルで、そういう細かいところまでこだわっていた気がする。

 そして、映画の中のさまざまな効果音。作画の時のペンを動かす音もそうだし、ナイフで人を切ったり刺したりする音、動くものの音など、印象に残るように作られているような気がした。

 グロテスクな映像は苦手で、その手の映画は極力観ないようにしているが、この映画は是非またもう一度観てみたい。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会い、恋をした佐倉七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースになる。念願かなって5年越しに再会すると、憧れの医師・天堂浬は思い描いていた人とは全くの別人 …

映画「たそがれ清兵衛」

 自分の別のブログを見たら、2009年に2回目の鑑賞をしていた。おそらく3回目の鑑賞。  観るごとに違った味わいがある。自分もいろいろなことを経験した蓄積を背負っての鑑賞だから違っても当然かもしれない …

映画「バケモノの子」

「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が同作以来3年ぶりに送り出すオリジナル長編アニメーション。渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、バケモノと少 …

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …

「とんび」とロースカツランチ

 いい映画だったなぁ。  みんな一生懸命生きていて、地域の人たちみんなで子供を育てていて、口は悪いが心はいつも温かい、そんな人たちの姿がイキイキと描かれていた映画だった。  直木賞作家・重松清のベスト …