今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「キャラクター」@ユナイテッド・シネマ

投稿日:

菅田将暉と本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演によるダークエンタテインメント。「20世紀少年」など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わってきた長崎尚志によるオリジナル脚本を、「世界から猫が消えたなら」「帝一の國」の永井聡監督のメガホンにより映画化。漫画家として売れることを夢見て、アシスタント生活を送る山城圭吾。ある日、一家殺人事件とその犯人を目撃してしまった山城は、警察の取り調べに「犯人の顔は見ていない」と嘘をつき、自分だけが知っている犯人をキャラクターにサスペンス漫画「34」を描き始める。お人好しな性格の山城に欠けていた本物の悪を描いた漫画は大ヒットし、山城は一躍売れっ子漫画家の道を歩んでいく。そんな中、「34」で描かれた物語を模した事件が次々と発生する。主人公・山城役を菅田、殺人鬼・両角役をFukaseがそれぞれ演じる。

映画.com

 期待して観に行ったが、その期待以上の作品だった。

 先が読めない。読めそうで読めない。犯人はわかっているのだが、ストーリーがどのように展開していくのかがわからない。それがドキドキする。

 そのドキドキを菅田将暉の絶妙な演技と共に、シンクロさせながら話が進む。

 犯人であるFukaseくんも独特の演技で絶妙。これは本人が上手いのと、キャスティングが上手いのと色々と融合して素晴らしい化学反応を起こした感じだ。

 小栗旬は好きな俳優なのだが、いつも「もうちょっとこうなんとか・・」っていうもどかしさを感じることが多かったのだが、この映画に関しては「うん、小栗旬らしい良さが出ている」って感じた。

 劇中の漫画も迫力満点だし、ラフデッサンも素晴らしい。

 菅田将暉がアナログで描くシーンも、デジタルで描くシーンもとてもリアルで、そういう細かいところまでこだわっていた気がする。

 そして、映画の中のさまざまな効果音。作画の時のペンを動かす音もそうだし、ナイフで人を切ったり刺したりする音、動くものの音など、印象に残るように作られているような気がした。

 グロテスクな映像は苦手で、その手の映画は極力観ないようにしているが、この映画は是非またもう一度観てみたい。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ファーストラヴ」

第159回直木賞を受賞した島本理生の同名サスペンス小説を北川景子主演、堤幸彦監督のメガホンで映画化。父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女の「動機はそちらで見つけてください」という挑 …

映画「これが私の人生設計」

あらすじ  「天才建築家として国外で成功をおさめた女性セレーナは、故郷が恋しくなりイタリアに帰国する。しかし、イタリアにおける女性の就労状況は厳しく、仕方なくカフェでアルバイトして生計を立てることに。 …

映画「死ぬまでにしたい10のこと」

清掃の仕事をしている23歳のアン(サラ・ポーリー)は、夫のドン(スコット・スピードマン)と、二人の娘とトレーラーハウスで暮らす主婦。しかしある日、突然の腹痛に倒れ、トンプソン医師(ジュリアン・リチング …

映画「インターステラー」

「2時間49分もあったのか!?」  と思うほど、あっという間だった。  ハラハラドキドキであり、人生について考えさせられたり、哲学的な要素も多く、物理学的にも腕を組んで唸ってしまう。  主役のマシュー …

映画「おいしい給食 Final Battle」

市原隼人演じる給食マニアの中学教師が主人公のコメディドラマ「おいしい給食」の劇場版。1984年のとある中学校。給食を愛しすぎるゆえに、給食を愛せないヤツを許せない「給食絶対主義者」である給食マニアの教 …