今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「キャラクター」@ユナイテッド・シネマ

投稿日:

菅田将暉と本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演によるダークエンタテインメント。「20世紀少年」など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わってきた長崎尚志によるオリジナル脚本を、「世界から猫が消えたなら」「帝一の國」の永井聡監督のメガホンにより映画化。漫画家として売れることを夢見て、アシスタント生活を送る山城圭吾。ある日、一家殺人事件とその犯人を目撃してしまった山城は、警察の取り調べに「犯人の顔は見ていない」と嘘をつき、自分だけが知っている犯人をキャラクターにサスペンス漫画「34」を描き始める。お人好しな性格の山城に欠けていた本物の悪を描いた漫画は大ヒットし、山城は一躍売れっ子漫画家の道を歩んでいく。そんな中、「34」で描かれた物語を模した事件が次々と発生する。主人公・山城役を菅田、殺人鬼・両角役をFukaseがそれぞれ演じる。

映画.com

 期待して観に行ったが、その期待以上の作品だった。

 先が読めない。読めそうで読めない。犯人はわかっているのだが、ストーリーがどのように展開していくのかがわからない。それがドキドキする。

 そのドキドキを菅田将暉の絶妙な演技と共に、シンクロさせながら話が進む。

 犯人であるFukaseくんも独特の演技で絶妙。これは本人が上手いのと、キャスティングが上手いのと色々と融合して素晴らしい化学反応を起こした感じだ。

 小栗旬は好きな俳優なのだが、いつも「もうちょっとこうなんとか・・」っていうもどかしさを感じることが多かったのだが、この映画に関しては「うん、小栗旬らしい良さが出ている」って感じた。

 劇中の漫画も迫力満点だし、ラフデッサンも素晴らしい。

 菅田将暉がアナログで描くシーンも、デジタルで描くシーンもとてもリアルで、そういう細かいところまでこだわっていた気がする。

 そして、映画の中のさまざまな効果音。作画の時のペンを動かす音もそうだし、ナイフで人を切ったり刺したりする音、動くものの音など、印象に残るように作られているような気がした。

 グロテスクな映像は苦手で、その手の映画は極力観ないようにしているが、この映画は是非またもう一度観てみたい。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「真夏の方程式」

東野圭吾原作、福山雅治が天才物理学者・湯川学を演じる人気シリーズの劇場版第2作。子ども嫌いで有名な湯川が、10歳の少年・恭平と海辺の町で夏を過ごすことになり、事件に巻き込まれていく姿を描く。手つかずの …

映画「インディジョーンズ 最後の聖戦」

 スティーブン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス製作総指揮、ハリソン・フォード主演によるアドベンチャー映画の金字塔「インディ・ジョーンズ」のシリーズ第3作。1938年。考古学者インディは富豪ドノヴ …

映画「mellow(メロウ)」

「パンとバスと2度目のハツコイ」「愛がなんだ」などで恋愛映画の旗手として注目される今泉力哉監督が、ドラマ「おっさんずラブ」「あなたの番です」などで勢いに乗る田中圭を主演に迎えた恋愛群像劇。独身・彼女な …

映画「ロッキー3」

 凄絶な死闘の末、アポロ・リード(カール・ウェザーズ)を倒しヘビー級の新チャンピオンとなったロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)は、底辺から這い上がったヒーローとして大衆、マスコミ界から熱烈 …

大泉洋さんの5本

 大泉洋さんの作品は好きでよく見る。  ここ最近だけでもこの5本。  どれもほぼハズレがない。  ここではそれぞれのレビューは書かないが、どれも面白い。  画像は貼らなかったが、「清洲会議」も楽しいし …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲