今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「グッモーエビアン!」

投稿日:

吉川トリコの人気小説を大泉洋&麻生久美子の主演で映画化。未婚の母アキと中学生の娘ハツキ、アキが所属していたパンクバンドのメンバーだったヤグが織り成す、一風変わった家族の姿を描く。若い頃はパンクバンドのギタリストで、17歳の時にハツキを産んだアキと、しっかり者の娘ハツキ。性格こそ対照的だが親友のように仲良しな親子関係を築いていた2人のもとに、ある日、海外放浪の旅をしていた自由人ヤグが2年ぶりに戻ってくる。アキは昔からヤグのことが好きで、ヤグも自分の子どもではないハツキが生まれる前から、アキと暮らしていた。久々の3人の生活が始まったが、思春期のハツキはなぜかその状況にいらだってしまい……。物語の視点となるハツキ役は、「Seventeen」モデルや女優として活躍する三吉彩花。

映画.com

 朝から映画館で大泉洋の「騙し絵の牙」を鑑賞して、夜も大泉洋の「グッモーエビアン!」と一日中大泉洋漬け。

  三吉彩花が光り輝いていて、その友だち役の能年玲奈も天才的というくらいの目の離せない演技。もうこのふたりだけでも十分なところに、大泉洋が加わるのだからそりゃもうかぶりつきで観てしまった。麻生久美子の演技も好きだなぁ。ずっと見ていたくなる。

 一見、大泉洋と麻生久美子のバカップルって感じだが、それがそれが人生の素晴らしさを教えてくれる。そして、最後は誰も死なないのに涙必至の話になっていく。

 こういうのは邦画ならではってところがあるなぁ。ハズレも多いけど、当たるとなんだかうれしい。そんな映画。

 名古屋弁が心地いいと思ったのも、この映画のいいところ。ネイティブな名古屋弁を知っている訳ではないが、友人が話していた名古屋弁よりも優しく聞こえたのは気のせいだったか。

 ベタなギャグも、大泉洋がやるとどうしてスマートに聞こえるのだろう。不思議な俳優さんだ。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「フルメタル・ジャケット」

原作はグスタフ・ハスフォードの処女小説「短期応召兵(ザ・ショート・タイマーズ)」。米海兵隊3092小隊の新兵たちはいじめ、侮辱が横行する環境下、過酷な訓練を強いられる。人を殺すことを教え込まれ、人間性 …

映画「プール」

日本の家族から離れ、タイ・チェンマイ郊外にあるゲストハウスで働く母・京子を訪ねてきたさよだったが、そこで暮らすオーナーの菊子、従業員の市尾、タイ人の子供・ビーとうまく馴染めずにいた。しかし彼らと数日を …

映画「燃えよ剣」

 新選組副長・土方歳三の生涯を描き、過去に映画化、ドラマ化もされてきた司馬遼太郎の歴史小説を、「関ヶ原」の原田眞人監督&岡田准一主演の再タッグで新たに映画化。江戸時代末期。黒船の来航により、外国から日 …

映画「くれなずめ」@ユナイテッド・シネマ

「アズミ・ハルコは行方不明」「君が君で君だ」の松居大悟監督が、自身の体験を基に描いたオリジナルの舞台劇を映画化。高校時代に帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、友人の結婚披露宴で余興をするため5年ぶり …

映画「朝が来る」DVD

直木賞、本屋大賞受賞作家・辻村深月のヒューマンミステリー小説で、テレビドラマ化もされた「朝が来る」を、「あん」「光」の河瀬直美監督のメガホンで映画化。栗原清和と佐都子の夫婦は一度は子どもを持つことを諦 …