今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「グラウンドブレイク 都市壊滅」

投稿日:

 Amazonプライムで星が5つ付いていたので観てみた。

 アルメニアという黒海とカスピ海の間にある国で、1988年に実際に起こった大地震のことを描いた作品。

 石造りの家が多く、タイトルの通り都市壊滅状態になる。いくつかの家族に焦点を当てて描かれる話はわかりやすく、様々な救出劇を通して地獄のような世界の中でなんともいえない温もりさえ感じる事ができる。

 とにかく「これはドキュメンタリーじゃないのか?」というほどのリアルな廃墟感。どうやって撮影されたのだろう?と思うシーンが多い。

 映画がスタートして、古い東欧の街での話で、お金の掛かっていない映画のように見えたので、天災を描くためのCGやらには期待出来ないだろうなと思っていたが、なんのなんのそこが一番驚いたところだった。石造りの家が崩壊していく様のリアルさ、町全体が溶けるように崩れていく様は見事だった。

 1時間50分もない短い時間で、よくぞこれだけの天災と人間ドラマと描いたなと感心するばかり。日本人には理解が難しい文化の違いや考え方の違い、歴史の違いなどは仕方ないが、どんなところで育ったにせよ家族愛は共通であり、人間愛も共通なのだと感じる。

 日本やアメリカ映画とはまた違った雰囲気でとても興味深い作品であった。



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」

 昔、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」を読んだ。何度も何度も読み返した記憶がある。ヒトラーの狂気とその時代の空気とたくさんの不運な出来事があのような地獄を作り出してしまった。  実際のヒトラーを見たことは …

映画「カメラを止めるな!」

これも今更ですが、「まだ観ていなかったの?」って言われそう。  2018年に一世風靡した作品です。  正直、とっても面白かったです。もっと早く観ればよかった。  観終わった感想は、「三谷幸喜さんの作品 …

映画「ザ・ファブル」

 小さい頃から殺人マシーンとして育てられた主人公は、やや殺しすぎて育てた方が心配になってきた。そこで1年間殺人は禁止で普通に過ごすと言うことで大阪のヤクザに預けられた。  しかし、ややこしいことに巻き …

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。  潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の …

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …