今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「コリーニ事件」

投稿日:

 ドイツの現役弁護士作家フェルディナント・フォン・シーラッハの世界的ベストセラー小説を映画化した社会派サスペンス。新米弁護士カスパー・ライネンは、ある殺人事件の国選弁護人を担当することに。それは、ドイツで30年以上にわたり模範的市民として働いてきた67歳のイタリア人コリーニが、ベルリンのホテルで経済界の大物実業家を殺害した事件で、被害者はライネンの少年時代の恩人だった。調査を続ける中で、ライネンは自身の過去やドイツ史上最大の司法スキャンダル、そして驚くべき真実と向き合うことになる。主人公ライネンを「ピエロがお前を嘲笑う」のエリアス・ムバレク、被告人コリーニを「続・荒野の用心棒」の名優フランコ・ネロが演じる。監督は「クラバート 闇の魔法学校」のマルコ・クロイツパイントナー。

映画.com

 最後までずっと目が離せず一気に観られた面白い映画。

 どうしてこんな真面目な67歳の男性「コリーニ」が、別の世界で生きているような大金持ちの社長を惨殺したのか?

 コリーニは、黙秘を続けており何も語ろうとしない。国選弁護人として初めて担当することになった新米弁護士カスパーが、途方にくれる。その上、この弁護を引き受けてからわかったことが、殺されたのは自分の大切な恩師「マイヤー」であったということだ。その犯人の弁護をしなければならないという苦悩から始まった。

 しかし、少しずつ状況がわかってくると、色々な疑問が出てきた。どうして犯人は「ワルサーP38」という手に入れることさえ難しく、扱いづらいピストルを使用したのか?カスパーが幼い頃に恩師マイヤー」との思い出を思い出しながら推理していく。

 この映画がどれだけ奥深く素晴らしいというのを書くと、それが全てネタバレになってしまうのがもどかしい。

 戦争というのは、どの時代においても人を狂わせる。平時では絶対にやらないことを、やらざるを得ない状況を作り出してしまう。なんとも悲しい結末であり、現在でも同じようなことがリアルに行われているという現実を考えると心が震える。

 映画としてはよく出来ていて、見せ方もうまく飽きさせない。台詞回しもよく、間も素晴らしい。犯人役の眼はどこかで見た気がしたと思ったが、フランコ・ネロ。「続・荒野の用心棒」のジャンゴだった。お元気そうで何より。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    フランコ・ネロ 名前は有名だし作品も多々見ているけどなぜか顔を覚えられない、スクリーンに溶け込んでいるのかな。

    • KURI より:

      Akiさん
       「続・荒野の用心棒」のフランコ・ネロもほぼ覚えていなくて、声優さんも誰だったかな? 荒野の用心棒のクリント・イストウッドはルパンの山田康雄さんでしたが、続・荒野の用心棒は、次元大介の小林清志さんだったようです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ホテルローヤル」

直木賞作家・桜木紫乃の書いた「ホテルローヤル」という短編集の映画化。 桜木紫乃の映画化は2作目で、前作は佐藤浩市と本田翼出演の「起終点駅 ターミナル」。    今回の「ホテルローヤル」は自伝的な小説で …

映画「ソロモンの偽証」前編・後編

 直木賞ほか多数の文学賞を受賞するベストセラー作家の宮部みゆきが、「小説新潮」で9年間にわたり連載したミステリー巨編「ソロモンの偽証」を、「八日目の蝉」の成島出監督が映画化した2部作の前編。バブル経済 …

ドラマ「ブラッディ・マンデイ シーズン1&2」

  天才ハッカーである高校生(三浦春馬)がハッキング能力をフルに駆使しながらサードアイという秘密治安機関と協力をして、無差別大量殺人を企てるテロ集団に立ち向かうハードボイルド作品。  もう三浦春馬の魅 …

映画「THIS IS IT」

2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンが、同年夏にロンドンで開催するはずだった幻のコンサート「THIS IS IT」のリハーサルとその舞台裏を収めたドキュメンタリー。100時間以上に及ぶ楽曲とパ …

映画「九月の恋と出会うまで」

 高橋一生くんと川口春奈ちゃんのちょっと切ないラブストーリー。  あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする …