今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「コンティジョン」

投稿日:

「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら豪華キャストを迎え、地球規模で新種のウイルスが感染拡大していく恐怖を描いたサスペンス大作。接触感染により数日で命を落とすという強力な新種ウイルスが香港で発生。感染は瞬く間に世界中に拡大していく。見えないウイルスの脅威に人々はパニックに襲われ、その恐怖の中で生き残るための道を探っていく。

映画.com

  この映画って2011年なの?っていうほど、今回の新型コロナウイルスを彷彿させる映画だった。中国から始まり、あっという間に世界中に広がる。

 接触感染によって広がるウイルスは、「そんなちょっとしたことで?」という些細なことで感染が拡大していく。その感染ルートを映像でわかりやすく表現できているので、新型コロナの飛沫感染とは違う恐ろしさを感じる。そして、感染してから死亡するまでがやたらと早い。あれよあれよという間に熱が出てだるくなり、咳が出て、立っていられなくなって、呼吸が苦しくなり、気がついたら死んでいる。そのスピードに頭の思考が追いつかない。

 こういうパンデミックを想定すると、今回の日本でのコロナ対応も理解できる。そこまでやる必要があるのか?と思うときもあったが、初期段階においては最悪の事態を想定して対応しないといけないということだ。そして新しい情報が入る度に対策を変更していくという、柔軟さが大切だ。それに対して末端まで即座に対応できるシステムが理想的である。

 そう考えると、人間の体というのはよくできていると思う。ウイルスが体に侵入してきた時の対応は、お役所仕事のような瞬発力の無さはあり得ない。全ての機能が即座に対応して、必要なことは全てやる。行政機関も人間の体の免疫機能のようにうまく機能できたら良いのだが、なかなかそうは行かない。

 この映画が感じたことは、アメリカにおいてパニックになるとすぐに暴動が起こるということ。ウイルスに効果があるらしいという薬を手に入れようとドラッグストアの行列に並ぶが、「今日の販売は200個だけだから、行列のここまでの人しか買えません」となると、その後ろの人たちが暴動を起こして、店を破壊して薬を盗もうとする。そして、みんながみんなその行動を取る。

 日本の映画でも「そんなことを国民に公表したらパニックを起こして暴動が起こる!」というセリフにあまりピンと来なかったが、アメリカの暴動は即座にこういった行動が起こるのだなと実感した。日本とアメリカでは違うが、日本でもオイルショックの時の慌てぶりを見ればアメリカほどではないにしても、一度火がつくとそれを鎮火させるのは難しいことがわかる。

 この映画はこんな今だからこそ見るべき映画かと思った。平時に見ても「ふ〜ん」で終わってしまいがちだ。それにしてもよくできた映画だと感心してしまった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「教誨師」

2018年2月に急逝した俳優・大杉漣の最後の主演作にして初プロデュース作で、6人の死刑囚と対話する教誨師の男を主人公に描いた人間ドラマ。受刑者の道徳心の育成や心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く …

映画「好きだ、」

「ソラニン」に続いての宮崎あおいの作品。  もう宮崎あおいちゃん大好き。  高校時代のカップルを宮崎あおいと瑛太が演じていて、その17年後に再開した時は、永作博美と西島秀俊が演じる。  高校時代に河原 …

映画「何者」

「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を、佐藤健、有村 …

映画「青の炎」

家族の平和を守るために犯罪に走った少年の心理を描く青春サスペンス。監督は「魔性の夏 四谷怪談より」の蜷川幸雄。貴志祐介の同名小説を基に、蜷川監督と宮脇卓也が共同で脚色。撮影を「サトラレ」の藤石修が担当 …

映画「グッモーエビアン!」

吉川トリコの人気小説を大泉洋&麻生久美子の主演で映画化。未婚の母アキと中学生の娘ハツキ、アキが所属していたパンクバンドのメンバーだったヤグが織り成す、一風変わった家族の姿を描く。若い頃はパンクバンドの …