今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「サリュート7」

投稿日:

ロシア宇宙計画の歴史に残るスペースミッションを、国営宇宙開発企業ROSCOSMOS全面協力のもと映画化。1985年、ロシアの宇宙ステーション、サリュート7号が突如として制御不能になった。このままでは地球に落下する恐れがあるため、宇宙飛行士をステーションに送り込んで直接修理することが決定。サリュート計画に当初から関わってきた技師ビクトルと退役パイロットのウラジミールが担当に選ばれ現地へと向かう。彼らは無事サリュート7号に到着するが、ステーション内部は氷漬けになっており、全機能が停止していた。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品。

映画.com

  潜水艦モノと宇宙モノは好んでよく観る。そして、ハズレが少ない気がする。

 今回のはロシアの作った宇宙ステーションモノ。 無人の宇宙ステーションでのトラブルで、宇宙飛行士ではなく技師のビクトルと、すでに退役しているパイロットのウラジーミルが選ばれて、壊れた無人宇宙ステーションへと送られた。その制御不能の宇宙ステーションは体勢を維持できず常に回転している状態であった。その回転している宇宙ステーションとドッキングしないといけないのだが、それが出来る宇宙飛行士がいない。何人もの現役宇宙飛行士がシミュレーションをやっても、みんなうまく行かない。そこで選ばれたのが退役パイロットのウラジーミルだった。

 そして、そのウラジーミルは地球からの指示に従わずに勝手に自分なりに行動して、無理だと思われていた宇宙ステーションへのドッキングを成功させる。結果は良かったのだが、地球の司令塔の方は不満。こういうところがアメリカ映画と違うところ。

 これだけの国家的なミッションなのにも関わらず、行き当たりばったりのことが多く、「まぁなんとかなるさ」とか「どうにでもなれ」みたいな感じなのが、キューバ危機の映画でも感じたロシアの印象。それでもしっかり切り抜けてしまうところがすごい。

 アメリカ映画に慣れ過ぎてしまった分、ロシアの宇宙モノも楽しく鑑賞できた。宇宙空間の無重力の表現も、宇宙の映像も何も違和感なく見られて、SFXもしっかり出来ていた気がする。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    早速観てみます♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「小さいおうち」

名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を映画化。昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働き …

映画「勝手にふるえてろ」

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告ら …

映画「遊星からの物体X」

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作の古典的名作「遊星よりの物体X」をリメイクしたSFホラー。極寒の南極観測基地という閉ざされた空間を …

ドラマ「翳りゆく夏」

20年前に起きた新生児誘拐犯の娘が、大手新聞社に内定したことから物語が始まるサスペンスドラマ。編集資料室勤務の元敏腕新聞記者が20年ぶりに誘拐事件の真相を追ううちに、新たな真実が次々と浮かび上がってい …

ドラマ「しんがり 山一証券 最後の聖戦」

WOWOWのドラマは好きでよく見ている。どれもハズレのない良質な作品が多い。  このドラマも期待以上の作品だった。 江口洋介主演 文句なしにかっこいい。  そして、今回特に目を引いたのが、いつも嫌な性 …